ウミヒルモ属 (Halophila) は、オモダカ目トチカガミ科の海草。1806年に属として記載された[1]。 学名の Halophila はラテン語で「塩分 (halo) を好む (phila)」ことを指す[2]

ウミヒルモ属
Johnsons seagrass bed.jpg
ジョンソン・シーグラス Johnson's seagrass (Halophila johnsonii)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: オモダカ目 Alismatales
: トチカガミ科 Hydrocharitaceae
: ウミヒルモ属 Halophila

本文参照

熱帯を中心に温帯の海域まで、主にインド洋、太平洋、地中海、カリブ海およびメキシコ湾に広く分布している[3]。日本における標準種であるウミヒルモ (Halophila ovalis (R. Br.) Hook) は、石川県以西の日本海沿岸、中部地方以西の太平洋沿岸、瀬戸内海沿岸および南西諸島沿岸に分布している。ジュゴンが好んで食べる海草として知られている[4]

他の海草に多く見られる葉の基底鞘が、本属のいくつかの種では見られない。すなわち、葉の基部が茎の周囲を包んでおらず、鞘を形成していない。

編集

キュー植物園で認められている種と分布域は以下の通りである[3]

  1. Halophila australis – 南オーストラリア
  2. Halophila baillonis – カリブ海、南北アメリカ
  3. Halophila beccarii – 南、東南、東アジア
  4. Halophila capricorniニューカレドニア、オーストラリア北東・珊瑚海の島嶼
  5. Halophila decipiens – インド洋と太平洋の海岸。カリブ海、メキシコ湾
  6. Halophila engelmannii – メキシコ、コスタリカ、バハマ、ケイマンズ、キューバ、アメリカ合衆国( プエルトリコフロリダルイジアナテキサス
  7. Halophila gaudichaudii – インド洋、西太平洋
  8. "Halophila hawaiiana – ハワイ
  9. Halophila major – 日本、台湾、東南アジア、 カロリン諸島
  10. Halophila mikii – 日本
  11. Halophila minor – インド洋、西太平洋
  12. "Halophila nipponica (syn. Halophila japonica ) – 韓国、日本
  13. Halophila okinawensis南西諸島
  14. Halophila ovalis – 紅海、インド洋、日本を含む西太平洋
  15. Halophila spinulosa – 東南アジア、北オーストラリア、ニューギニア
  16. Halophila stipulacea – 紅海、インド洋、カリブ海に侵入
  17. Halophila sulawesii – スラウェシ島
  18. Halophila tricostata – クイーンズランド

参考文献編集

  1. ^ Louis-Marie Aubert du Petit-Thouars 1806. Genera Nova Madagascariensia 2
  2. ^ Stearn, William (1972). A Gardenerer's Dictionary of Plant Names. London: Cassell. ISBN 0304937215 
  3. ^ a b World Checklist of Selected Plant Families: Royal Botanic Gardens, Kew” (英語). apps.kew.org. 2017年1月31日閲覧。
  4. ^ ウミヒルモ”. www.pref.kyoto.jp. 2020年8月17日閲覧。