ウメイロ (梅色、Paracaesio xanthura) は、スズキ目スズキ亜目フエダイ科の一種。海水魚

ウメイロ
Paxan u0.gif
ウメイロ Paracaesio xanthura
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: フエダイ科 Lutjanidae
亜科 : アメフエダイ亜科 Apsilinae
: アオダイ属 Paracaesio
: ウメイロ P. xanthura
学名
Paracaesio xanthura
(Bleeker, 1869)
和名
ウメイロ
ウメ
ウグイス
英名
Yellowtail blue snapper

分布編集

西太平洋からインド洋温暖域。日本では黒潮の流れる伊豆半島より西の太平洋側と長崎県南西諸島に多い。

形態編集

全長約45cm。が丸く、は整った楕円形で、尾鰭の後縁が深く切れ込んでいる。

胸鰭の上部辺りから尾鰭にかけてが明黄褐色。それ以外の部分は青灰色をしている。はやや淡い。

生態編集

水深100-200m程の深場の根に棲み、群れで遊泳することが多いが、漁獲量はさほど多くない。

食性編集

主に動物プランクトンを食べる。

利用編集

九州地方を中心に、食用に深海延縄漁や胴付き仕掛け針などを使った釣り漁が行われている。

産地では美味な総菜魚として親しまれ、肉質はやや柔らかいので種や蒸し物煮付けによい。鮮度の良いものは、刺身でも賞味され、食味はマダイに似る。

また、練り製品の原料にも利用される。

名称編集

上記の明黄褐色の部分が、の色に似ていることからこの名がある。

別名、地方名編集

地域によって、ウメ(梅)、ウグイス(鶯)などとも呼ばれる。どちらも背面の色からつけられた。
和歌山県では「沖タカベ」と呼ぶ地域がある。奄美群島では黄色いアオダイという意味でキーホタ、キーウンギャルと呼ぶ。沖縄本島ではシーヌクワーと呼ぶ。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集