ウラカ・デ・カスティーリャ (ポルトガル王妃)

ウラカ・デ・カスティーリャスペイン語:Urraca de Castilla、1186年/1187年5月28日 - 1220年11月3日)は、ポルトガルアフォンソ2世の妃。ウラカ・デ・ボルゴーニャ(Urraca de Borgoñade)、 ウラカ・デ・ポルトゥガル(Urraca de Portugal)ともいう。カスティーリャアルフォンソ8世と王妃レオノール・プランタヘネトの次女[1]ポルトガル語名はウラカ・デ・カステーラ(Urraca de Castela)。母方の祖父母はイングランド王ヘンリー2世アリエノール・ダキテーヌである。

ウラカ・デ・カステーラ
Urraca de Castela
ポルトガル王妃
D. Urraca de Castela, Rainha de Portugal - The Portuguese Genealogy (Genealogia dos Reis de Portugal).png
在位 1212年3月26日 - 1220年11月3日

出生 1186年/1187年5月28日
Flag of Castile.svg カスティーリャ王国
死去 1220年11月3日
PortugueseFlag1185.svg ポルトガル王国コインブラ
埋葬 PortugueseFlag1185.svg ポルトガル王国アルコバッサ修道院
結婚 1208年
配偶者 ポルトガル王アフォンソ2世
子女 サンシュ2世
アフォンソ3世
レオノール
フェルナンド
ヴィセンテ
家名 ボルゴーニャ家
父親 カスティーリャ王アルフォンソ8世
母親 レオノール・プランタヘネト
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

ウラカはもともとフランス王ルイ8世の妃にと考えられていたが、アリエノール・ダキテーヌがウラカの名前のためにこれに反対し(ウラカはカスティーリャ語でカササギの意)、ウラカの妹のブランカを選んだ[2]

1206年、21歳のポルトガル王子で王位継承者のアフォンソと結婚した[3]

1212年、夫アフォンソはポルトガル王位を継承し、ウラカは王妃となった。1214年にアフォンソ2世は、自身がウラカより先に死去した場合はウラカが継承者の摂政となることを遺書で取り決めた。しかし、1220年にウラカは夫より先に死去した[4]。ウラカはアルコバッサ修道院に埋葬された。

子女編集

2人は5子をもうけた。

脚注編集

  1. ^ Louda & Maclagan 1981, p. 96.
  2. ^ Seward 1978, p. 233.
  3. ^ Louda & Maclagan 1981, p. 230.
  4. ^ Shadis 2010, p. 4.

参考文献編集

  • Louda, Jiří; Maclagan, Michael (1981). Lines of Succession. Little, Brown & Company 
  • Martínez Diez, Gonzalo (2007) (スペイン語). Alfonso VIII, rey de Castilla y Toledo (1158-1214). TREA 
  • Seward, Desmond (1978). Eleanor of Aquitaine: The Mother Queen. New York: Dorset Press. ISBN 0-88029-055-2. https://archive.org/details/eleanorofaquitai00sewa/page/233/mode/2up 
  • Nez, H. Salvador Mart (11 April 2010). Alfonso X, the Learned: A Biography. BRILL. ISBN 978-9004181472. https://books.google.co.jp/books?id=j0U08htguPUC&dq=Urraca+Alfonso+II+of+Portugal&pg=PA29&redir_esc=y#v=onepage&q=Urraca%20Alfonso%20II%20of%20Portugal&f=false 
  • Shadis, Miriam (2010). Berenguela of Castile (1180–1246) and Political Women in the High Middle Ages. Palgrave Macmillan. ISBN 978-0-312-23473-7