ウラカ・デ・ポルトゥガル

ウラカ・デ・ポルトゥガル(ポルトガル語:Urraca de Portugal, 1148年 - 1211年)は、レオンフェルナンド2世の妃。ポルトガル王アフォンソ1世の娘でレオンアルフォンソ9世の母。フェルナンド2世との結婚が解消された後、修道女となった。

ウラカ・デ・ポルトゥガル
Urraca de Portugal
レオン王妃
UrracaPortugal.jpg
在位 1165年 - 1171/2年

出生 1148年
PortugueseFlag1143.svg ポルトガル王国コインブラ
死去 1211年
Banner of arms kingdom of Leon.svg レオン王国ワンバ英語版
埋葬 Banner of arms kingdom of Leon.svg レオン王国、ワンバ、サンタ・マリア教会英語版
結婚 1165年5月/6月
配偶者 レオンフェルナンド2世
子女 アルフォンソ9世
家名 ブルゴーニュ家
父親 ポルトガル王アフォンソ1世
母親 マファルダ・デ・サボイア
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

ウラカは初代ポルトガル王アフォンソ1世マファルダ・デ・サボイアの間の娘として1148年コインブラで生まれた[1]。ポルトガル王サンシュ1世は弟である。1165年5月もしくは6月に、ウラカはレオンフェルナンド2世と結婚した。1171年8月15日に唯一の子アルフォンソ9世サモラで産んだ[2]。しかし、フェルナンド2世とウラカはともにアルフォンソ6世の曽孫にあたり、互いにまたいとこの関係であったため、近親婚を理由に結婚は解消された。

結婚が解消された後、ウラカは修道女となり聖ヨハネ騎士団に加わり、フェルナンド2世から与えられていたサモラの領地に隠棲した。後にウラカは聖ヨハネ騎士団の所有であったワンバのサンタ・マリア教会英語版に移った[3]

1176年5月25日、ウラカは聖ヨハネ騎士団に土地とヴィラを寄進したが、恐らくこの時に騎士団に加わったと思われる。ウラカが寄進した領地にはレオンのカストリベルデ・デ・カンポスおよびマンシージャ、アストゥリアスのサラスおよびサン・アンドレスが含まれていた[4]。ウラカは1188年の息子アルフォンソ9世の戴冠式に出席し、同年5月4日に新王とウラカはサンティアゴ騎士団に前王が与えた特権を追認した[3]1165年に結婚の贈り物としてフェルナンド2世から与えられたカストロトラフェの村を、1211年にサモラ大聖堂に寄進するとした特許状がウラカに関する最後の記録である[5][6]

ウラカはワンバ英語版において1211年に死去し[6]、ワンバのサンタ・マリア修道院に埋葬された[3]。現在はサンタ・マリア教会英語版と、ウラカの礼拝所を含む修道院の一部が残されている。そこに設置された銘板が、ウラカがこの教会に埋葬されたことを示している[7]

脚注編集

  1. ^ Mattoso 2014, p. 226.
  2. ^ Arco y Garay 1954, p. 167.
  3. ^ a b c Arco y Garay 1954, p. 168.
  4. ^ García Tato 2004, pp. 133–134, doc. 31.
  5. ^ Gross 1998, pp. 1226–227.
  6. ^ a b Rodrigues Oliveira 2010, p. 79.
  7. ^ Elorza et al. 1990, p. 57.

参考文献編集

  • Arco y Garay, Ricardo del (1954). Sepulcros de la Casa Real de Castilla. Madrid: Instituto Jerónimo Zurita. Consejo Superior de Investigaciones Científicas. OCLC 11366237 
  • Elorza, Juan C.; Vaquero, Lourdes; Castillo, Belén; Negro, Marta (1990). Junta de Castilla y León. Consejería de Cultura y Bienestar Social. ed. El Panteón Real de las Huelgas de Burgos. Los enterramientos de los reyes de León y de Castilla. Publisher Evergráficas S.A.. ISBN 84-241-9999-5 
  • García Tato, Isidro (2004) (スペイン語). Las encomiendas gallegas de la Orden Militar de San Juan de Jerusalén: Estudio y edición documental. Vol. I. Santiago de Compostela: Instituto de Estudios Gallegos "Padre Sarmiento. hdl:10261/49926. ISBN 840008250-8 
  • Gross, Georg (1998). “El fuero de Castrotorafe (1129). Transición a la documentación romanizadora” (スペイン語). Boletín de la Real Academia de la Historia (Madrid) CXCV, Cuaderno II: 221–229. ISSN 0034-0626. https://books.google.com/books?id=8E93vd-etJMC&q=URRACA++catedral+zamora+1211&pg=PA226. 
  • Mattoso, José (2014) (ポルトガル語). D. Afonso Henriques. Lisbon: Temas e Debates. ISBN 978-972-759-911-0 
  • Rodrigues Oliveira, Ana (2010) (ポルトガル語). Rainhas medievais de Portugal. Dezassete mulheres, duas dinastias, quatro séculos de História. Lisbon: A esfera dos livros. ISBN 978-989-626-261-7