メインメニューを開く

   

ウラジミール・フセヴォロドヴィチ・クライネフ
ファイル:Могила В.В. Крайнева.jpg
基本情報
生誕 (1944-04-01) 1944年4月1日
出身地 ロシアの旗 ロシアクラスノヤルスク
死没 (2011-04-29) 2011年4月29日(67歳没)
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト・音楽教師
担当楽器 ピアノ
公式サイト 公式サイト

ウラジミール・フセヴォロドヴィチ・クライネフロシア語: Владимир Всеволодович Крайнев英語: Vladimir Vsevolodovich Krainev1944年4月1日 クラスノヤルスク2011年4月29日)は、ロシア出身のピアニスト・音楽教師。

目次

人物編集

1944年、クラスノヤルスク生まれ。5才でハリコフへ移ったのち、7歳でデビューし、オーケストラと共演してハイドンベートーヴェンの作品を演奏する。モスクワ中央音楽学校でアナイーダ・スンバチアンに、モスクワ音楽院ではゲンリフ・ネイガウススタニスラフ・ネイガウスに師事した。

リスボンリーズなどの国際的なコンクールを制した後、とりわけ1970年度の第4回モスクワ・チャイコフスキー国際コンクールで輝かしい勝利を収めて、ピアニストとしての活動に入る。著名なオーケストラや指揮者との共演や、ソリストとしての活動によって、世界中で現代の偉大な演奏家の一人として知られるようになった。ウクライナキルギスタンカザフスタンで人気のピアニストとして例年コンサートが行われていた。またシュニトケからはいくつかピアノ協奏曲を献呈された。

ハノーファー音楽演劇大学で教鞭を執り、ヨーロッパや東アジアからのピアニストの卵を指導した。1992年にウクライナのハルキウで第1回ヴラディーミル・クライネフ青少年国際ピアノコンクールを開催し、2008年3月には9回を数えるに至った。1994年には、ヴラディーミル・クライネフ青少年ピアニスト財団を設立した。リーズやリスボン、東京、モスクワなどで催される国際的な音楽コンクールで審査員を務めていた。

タチアナ・タラソワと結婚してハノーファーに在住していたが、2011年4月29日、肺動脈瘤により死去[1]。67歳没。

弟子には、イリヤ・ラシュコフスキーアレクサンダー・クリッヒェル河村尚子イム・ドンミンイム・ドンヒョクの兄)等がいる。

家族・親族編集

脚註編集

外部リンク編集

  • 公式サイト(ロシア語)(英語)(ドイツ語)(フランス語)