メインメニューを開く

ウラジミール・シドレンコVolodymyr Sydorenko、男性、1976年9月23日 - )は、ウクライナプロボクサー。元WBA世界バンタム級王者。エネーホダー出身。2000年シドニーオリンピックフライ級銅メダリスト。

ウラジミール・シドレンコ
基本情報
本名 ウラジミール・ペトロビッチ・シドレンコ
階級 バンタム級
身長 162cm
国籍  ウクライナ
誕生日 (1976-09-23) 1976年9月23日(42歳)
出身地 エネーホダー
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 22
KO勝ち 7
敗け 3
引き分け 2
テンプレートを表示
獲得メダル
 ウクライナ
男子 ボクシング
オリンピック
2000 シドニー フライ級
世界ボクシング選手権
2001 ベルファスト フライ級
ヨーロッパボクシング選手権
1998 ミンスク フライ級
2000 タンペレ フライ級

ボクサースタイル編集

2000年シドニーオリンピックではウクライナ代表としてフライ級で出場し、銅メダルを獲得した。アマチュアボクシングで培われた防御、攻撃の基本技術がしっかりとしており、手堅い試合をするボクサー。

ウクライナ人だが、プロ転向後は多くの東欧圏ボクサーがそうであるようにドイツを主戦場として活躍している。

来歴編集

アマチュア時代編集

ウクライナでボクシングを始め、2000年シドニーオリンピックにフライ級代表として出場する。オリンピックでは後に世界チャンピオンになるメキシコダニエル・ポンセ・デ・レオンアルゼンチンオマール・ナルバエス等の強豪を破って銅メダルを獲得した。2001年にはアマチュア世界選手権で銀メダルを獲得した。その後、ウクライナなど旧東欧社会主義圏ではプロボクシングの土壌がないため、シドレンコはドイツに移住しウニヴェルズムと契約を結んだ。

プロ時代編集

プロデビュー戦は2001年11月3日、ドイツで行われた。その後、多くのノンタイトル戦を勝利で飾っていった。

2004年2月17日、空位のWBAインターナショナルバンタム級タイトルを獲得した。

2004年5月18日、後のIBFバンタム級王者のジョゼフ・アグベコガーナ)と対戦し、2-0の判定でインターナショナル王座の初防衛を成功したと同時にアグベコはプロ入り初黒星となった。

2004年5月18日、元世界4階級制覇王者レオ・ガメスベネズエラ)と対戦し、12回3-0(2者が119-110、118-110) の大差判定勝ちを収めインターナショナル王座の2度目の防衛に成功した。

2005年2月26日に空位のWBA世界バンタム級王座決定戦でフリオ・サラテメキシコ)と対戦し、12回3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2005年6月4日、福島学日本)と対戦予定だったが、シドレンコが右手親指骨折した為延期となった。

2005年10月15日、延期となっていた福島と対戦する予定だったが、今度は福島の右ふくらはぎ筋断裂により中止になった。

2006年3月11日、リカルド・コルドバパナマ)と対戦し、12回1-0の判定で引き分けに終わったが2度目の防衛に成功した。

2006年7月15日、WBA世界バンタム級暫定王者プーンサワット・クラティンデーンジムタイ)と王座統一戦を行い12回3-0の判定勝ちを収め、王座統一および3度目の防衛に成功した。

2007年3月17日、リカルド・コルドバ(パナマ)と再戦。12回1-0の判定で引き分けに終わるも4度目の防衛に成功した。

2008年1月10日、大阪帝拳池原信遂(日本)と対戦し12回3-0の判定勝ちを収め、6度目の防衛に成功した。

2008年5月31日、デュッセルドルフで同級1位アンセルモ・モレノ(パナマ)と対戦し12回0-3(113-116、2者が112-116)の判定負けを喫し7度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

2009年5月2日、アンセルモ・モレノ(パナマ)と再戦し、12回1-2(115-113、2者が113-115)の僅差判定負けを喫し1年振りの王座返り咲きに失敗した。

2010年8月28日、階級を下げての1年3か月ぶりの復帰戦となったWBCインターナショナルスーパーフライ級シルバー王座決定戦でムブワナ・マトゥムラ(ガーナ)と対戦し、12回3-0の判定勝ちで王座を獲得した[1]

2010年12月4日、ホンダ・センターで元世界2階級制覇王者ノニト・ドネアフィリピン)と対戦し、序盤からドネアに圧倒されて1回・3回・4回にそれぞれ1度ずつ合計3度のダウンを奪われた末に4回に顔面が出血がひどくなったのを見たレフェリーがカウントを途中でストップ。キャリア初のKO負けとなる4回1分48秒TKO負けを喫し、この試合を最後に現役を引退した[2]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 前王者シドレンコ、再起戦は大差判定 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年8月29日
  2. ^ ドネア楽勝 激闘ソト、アンティロン下す ボクシングニュース「Box-on!」 2010年12月5日

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
ジョニー・ブレダル
WBA世界バンタム級王者

2005年2月26日 - 2008年5月31日

次王者
アンセルモ・モレノ