ウラジーミル・アレクセンコ

ウラジーミル・アヴラモヴィチ・アレクセンコロシア語: Владимир Аврамович Алексенко1923年1月27日 - 1995年6月16日)は、ソビエト連邦の軍人。二重ソ連邦英雄。最終階級は空軍中将。第二次世界大戦では、第277襲撃機航空師団ロシア語版第15親衛襲撃機航空連隊を指揮した。自身も107回の出撃を行った功績が評価され、ソ連邦英雄に列せられた。その上、さらに143回の出撃を行い、ソ連全体でもわずかに154人しかいない二重ソ連邦英雄となっている。大戦終結までに合計292回もの出撃を記録している。戦後も軍に残り、K・E・ヴォロシーロフ記念高等軍事学校ロシア語版を卒業して中将まで上り詰めた。1967年から1974年まで第5航空軍英語版の指揮を執った。

ウラジーミル・アレクセンコ
Vladimir Aleksenko in 1945.jpg
原語名
Владимир Аврамович Алексенко
生誕1923年1月27日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
クラスノダール地方
クリムスキー地区英語版
キエフスコエ村ロシア語版
死没1995年6月16日
 ウクライナ
オデッサ
所属組織ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
部門 ソ連空軍
軍歴1941年  – 1978年
最終階級中将
指揮第15親衛襲撃機航空連隊
第5航空軍英語版
戦闘第二次世界大戦
受賞Hero of the Soviet Union medal.png Hero of the Soviet Union medal.png
Order of Lenin ribbon bar.png Order of Red Banner ribbon bar.png Order of Red Banner ribbon bar.png Order of Red Banner ribbon bar.png Order of Red Banner ribbon bar.png アレクサンドル・ネフスキー勲章 1等祖国戦争勲章 1等祖国戦争勲章 2等祖国戦争勲章 Order redstar rib.png Order redstar rib.png 戦功記章 ウラジーミル・イリイチ・レーニン生誕100周年記念記章 SU Medal For the Defence of Leningrad ribbon.svg 1941年-1945年大祖国戦争における対ドイツ戦勝記章 1941年–1945年大祖国戦争勝利20年記念記章 1941年–1945年大祖国戦争勝利30年記念記章 1941年–1945年大祖国戦争勝利40年記念記章 1941年–1945年大祖国戦争勝利50年記念記章 ケーニヒスベルク占領記章 ソ連軍退役軍人記章 ソビエト陸海軍30年記念記章 ソ連軍40年記念記章 ソ連軍50年記念記章 ソ連軍60年記念記章 ソ連軍70年記念記章 レニングラード250周年記念記章 1等完全軍務記章 1944年9月9日勲章

前半生編集

アレクセンコは、1923年1月27日に、クラスノダール地方キエフスコエ村ロシア語版のロシア人農民の家に生まれた。1940年、彼は高等学校を卒業し、クラスノダール飛行クラブに加わった。1941年5月、赤軍に召集された[1][2]

第二次世界大戦編集

1942年、アレクセンコはクラスノダール軍事飛行学校を卒業した。翌年ソビエト連邦共産党に入党。同年2月、レニングラード戦線の第15親衛襲撃機航空連隊に配属されたアレクセンコは、イリューシン Il-2を受領し戦場を駆けた。1944年初旬、レニングラード=ノヴゴロド攻勢英語版で彼は幾度となく出撃を行い、レニングラードの包囲突破に至った。夏になると、彼はヴィボルグ=ペトロザヴォーツク攻勢に参戦し、フィンランドとの継続戦争終結に貢献した。6月12日、アレクセンコはドイツ空軍機と交戦し、2機を撃墜している。秋にはバルト海攻勢に参戦し、度々出撃を行った[3]

1945年1月にアレクセンコは飛行隊司令官に就任し[4]東プロイセン攻勢で指揮を執った。2月には連隊副司令官に任命され、2月22日赤旗勲章を受章[5]4月27日、ドイツ軍の部隊や設備に対する230回の攻撃任務遂行が評価され、レーニン勲章受章とともにソ連邦英雄に列せられた[6]。また、終戦後6月29日には2度目のソ連邦英雄に列せられたが、大戦終結までにアレクセンコは、ドイツ軍の要塞飛行場に対する292回の攻撃任務を果たしている。伝えられているところによれば、彼はその任務の中で多数の飛行場や33両の戦車、118両の車両、53両の鉄道車両、85両の客車、54門の対空砲、10個の弾薬庫、27門の大砲、12門の迫撃砲を破壊し、1,300人のドイツ兵を殺害したとされる[7][8]

戦後編集

1952年、アレクセンコはK・E・ヴォロシーロフ記念高等軍事学校ロシア語版を卒業し、次いで1954年にはY・A・ガガーリン記念空軍学校ロシア語版を卒業した。1959年から1963年にかけて、彼は第5期ウクライナ・ソビエト社会主義共和国最高会議ロシア語版の代議員を務めた。1967年からはオデッサ第5航空軍英語版司令官に在任し、翌年中将へ昇進。1971年から1975年まで第8期ウクライナ・ソビエト社会主義共和国最高会議の代議員を務めた。1978年に退役し、以降はオデッサで過ごしている。1995年6月16日に死去。遺体はオデッサ第二キリスト教墓地ロシア語版に埋葬された[9]

叙勲編集

出典編集

脚注編集

参考文献編集

  • Simonov, Andrey; Bodrikhin, Nikolai (2017). Боевые лётчики — дважды и трижды Герои Советского Союза. Moscow: Russian Knights Foundation and Vadim Zadorozhny Museum of Technology. ISBN 9785990960510. OCLC 1005741956 

外部リンク編集