ウラジーミル・イワシコ

ウラジーミル・アントーノヴィチ・イワシコロシア語: Влади́мир Анто́нович Ивашко́ウクライナ語発音は、ヴォルディミール・イワシコラテン文字表記:Vladimir Antonovich Ivashko1932年10月28日 - 1994年11月13日)は、ソビエト連邦政治家ミハイル・ゴルバチョフ時代末期のソ連共産党副書記長ウクライナ人

ウラジーミル・イワシコ
Влади́мир Ивашко
Plaque to Volodymyr Ivashko (Kharkiv, Lenina av., 14) (cropped).JPG
イワシコの記念プレート(キエフ
生年月日 (1932-10-28) 1932年10月28日
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の国旗 ウクライナ社会主義ソビエト共和国ポルタヴァ
没年月日 1994年11月13日(1994-11-13)(62歳)
死没地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
出身校 ハリコフ鉱山大学
所属政党 КПСС.svg ソビエト連邦共産党
サイン Volodymyr Ivashko Signature 1990.png

在任期間 1991年8月24日 - 1991年8月29日
中央委員会書記長 ミハイル・ゴルバチョフ

在任期間 1990年7月12日 - 1991年8月29日
中央委員会書記長 ミハイル・ゴルバチョフ

在任期間 1990年6月4日 - 1990年7月9日

在任期間 1989年9月28日 - 1990年6月22日

その他の職歴
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
第27期-第28期政治局員

1989年12月9日 - 1991年8月29日
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
第28期書記局員

1990年7月14日 - 1991年8月29日
テンプレートを表示

生涯編集

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国時代のポルタヴァに生まれる。ハリコフ鉱山大学を卒業し、ドニエプロペトロフスク州第一書記ウクライナ共産党英語版第一書記を歴任し、1990年6月、ウクライナ最高会議議長に選出された。ウクライナでのイワシコは、レオニード・ブレジネフの盟友でウクライナ党第一書記として長年ウクライナに君臨していたウラジーミル・シチェルビツキーのもとで累進し、地元では保守派と見なされていたが、党中央では、自己を左右に偏らない穏健改革派のように振る舞った。これがゴルバチョフに注目された。

1990年7月、第28回ソ連共産党大会でゴルバチョフは書記長制を廃止し、党議長・副議長制を導入しようとしたが、保守派の抵抗で頓挫した。結局、この党大会では、書記長の下に副書記長職が新設されることになり、ゴルバチョフは、イワシコを推薦し、ほかに保守派の領袖であったエゴール・リガチョフが立候補した。投票の結果、イワシコがリガチョフを大差で破って当選した。これは、代議員たちがリガチョフが副書記長に選出されることによって、改革派と保守派に共産党が分裂することを懸念したためである。

1991年8月のクーデターでは、副大統領ゲンナジー・ヤナーエフらの国家非常事態委員会への支持は薄く、8月24日から8月29日までイワシコはゴルバチョフに代わって書記長代行となるが、クーデターは失敗。ソ連共産党中央委員会は解散し、イワシコも政治権力を失った。

イワシコは、1994年11月13日モスクワで死去した。

公職
先代:
ヴァレンティーナ・シェフチェンコロシア語版
最高会議幹部会議長
  ウクライナ・ソビエト社会主義共和国
最高会議議長

1990年
次代:
イヴァン・プルーシェフロシア語版
最高会議議長代行
党職
先代:
ウラジーミル・シチェルビツキー
  ウクライナ共産党英語版第一書記
1989年 - 1990年
次代:
スタニスラフ・グレンコロシア語版
先代:
エゴール・リガチョフ
第二書記
  ソビエト連邦共産党副書記長
1990年 - 1991年
次代:
ソ連共産党解散により消滅
先代:
ミハイル・ゴルバチョフ
書記長
  ソビエト連邦共産党書記長代行
1991年
次代:
ソ連共産党解散により消滅