メインメニューを開く

ウラジーミル・ウスチノフ

ウラジーミル・ヴァシーリエヴィチ・ウスチノフロシア語: Влади́мир Васи́льевич Усти́нов[1], 1953年2月25日 - )は、ロシア官僚政治家ニコラエフスク・ナ・アムーレ出身。 1999年検事総長2006年司法大臣を経て、2008年南部連邦管区大統領全権代表に就任した。

ウラジーミル・ウスチノフ
Владимир Васильевич Устинов
Russia cropped G8 Justice and Home Affairs Ministers meeting member 20040511.jpg
生年月日 (1953-02-25) 1953年2月25日(66歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ニコラエフスク・ナ・アムーレ

在任期間 2006年6月24日 - 2008年5月12日
テンプレートを表示

夫人との間に一男一女がある。長男ドミトリーは、2003年11月22日イーゴリ・セーチンの娘インガ・セーチナと結婚している。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ラテン文字表記の例:Vladimir Vasilyevich Ustinov

著作編集

  • Vladimir Ustinov. Indictment of Terror. 192 pp. Olma-Press Publishers, Moscow, 2003. ISBN 5-224-04468-5

外部リンク編集