ウラジーミル・グレボヴィチ (ペレヤスラヴリ公)

ウラジーミル・グレボヴィチロシア語: Владимир Глебович、1157年 - 1187年4月18日)はペレヤスラヴリ公・キエフ大公グレプの子である。ペレヤスラヴリ公:1169年 - 1187年。

生涯編集

1169年ウラジーミル大公アンドレイ・ボゴリュブスキー(ru)(ウラジーミルのおじにあたる。)のキエフ占拠の後、ペレヤスラヴリ公位にあったウラジーミルの父グレプはキエフ大公位を得た。ウラジーミルは父の代わりにペレヤスラヴリ公位に据えられた。1173年、ウラジーミルは、スモレンスク公家(ロスチスラフの息子たち)の公らに対する、アンドレイの遠征軍に参加したが、この遠征は失敗に終わった。1177年のコロクシャの会戦(ru)では、リャザン大公グレプと対峙するおじのフセヴォロドを助け、勝利に導いた。

1183年より、ポロヴェツ族に対する戦い(ru)に参加した。この年、キエフ大公スヴャトスラフ(ru)はポロヴェツ族に対する遠征軍として、自身の従兄弟のイーゴリを派遣し、ウラジーミルはスヴャトスラフの共同統治者であるオーヴルチ公リューリクによって派遣された。しかし、ウラジーミルとイーゴリの間には戦利品を巡って争いが生じた。ウラジーミルは自身の軍勢をイーゴリの領有するノヴゴロド・セヴェルスキー公国へ向け、これを強奪した。ポロヴェツ族に対しては、ルーシ諸公軍が勝利した1183年オレリ川の戦い1185年のホロル川の戦い(ru)に参加している。

一方、1185年のイーゴリのステップへの遠征(いわゆる『イーゴリ軍記』の題材となった遠征)の失敗の後、ポロヴェツ族のハンコンチャークペレヤスラヴリ公国へ侵略した。ウラジーミルは都市の防壁の前に軍勢を配備して迎え撃ったが、傷を負って城塞内に退いた[1]。ポロヴェツ軍は包囲戦へと移行したが、それはキエフ大公スヴャトスラフ、オーヴルチ公リューリクに兵力の集中運用・攻勢を許すことになった。スヴャトスラフらがザルブからドニエプル川の強行渡河を行うと、コンチャークは包囲を解いて帰還した[1]

ウラジーミルは1187年に死亡した。ウラジーミルが死ぬと、ウラジーミルのおじのフセヴォロドによって、ヤロスラフがペレヤスラヴリ公位に据えられた。

妻子編集

妻はチェルニゴフ公ヤロスラフの娘(1180年結婚)。子に関する史料は残されていない。

出典編集

  1. ^ a b 木村彰一 「付録 イーゴリの遠征にかんする『イパーチイ年代記』の記事」 // 『イーゴリ遠征物語』p140 - 141

参考文献編集

  • 木村彰一 訳註 『イーゴリ遠征物語』 岩波書店、1983年