メインメニューを開く

ウラル経済地区(ロシア語:Ура́льский экономи́ческий райо́н/Uralsky ekonomichesky rayon)はロシアの12の経済地区の1つ。

ウラル経済地区

Ура́льский экономи́ческий райо́н
経済地区
ウラル経済地区の位置
ウラル経済地区の位置
ロシア

2010年の人口は約1891万人。(13.1%)2008年の国内総生産の10%を占める。

ウラル地方を中心に、東ヨーロッパ平原西シベリア平原の一部を含む。

行政区画編集

地理と天然資源編集

この地域でヴォルガ川流域(カマ川ヴィシェラ川チュソヴァヤ川サマーラ川)、オビ川流域(トボル川イセチ川トゥラ川タヴダ川)、ウラル川流域が交差する。これらの潜在的水力発電量は330万KWと推定される。しかし、2010年時点ではダムが2つと貯水池が有るだけだった。

気候は西部が典型的大陸性気候、東部が大陸性気候である。40%以上の面積がタイガに覆われており、木材の量は35億m3と推定される。南部はステップで、大規模に開拓されている。[1]

黄銅鉱酸化ニッケルクロム鉄鉱磁鉄鉱ボーキサイトカリウム塩、マンガンアルミニウム白金等の鉱石に恵まれる。石炭石油天然ガスも産出する。エメラルドアメシスト緑柱石碧玉薔薇輝石孔雀石金剛石等が有名である。[2]

 
1920年代のマグニトゴルスク鉄鋼工場

交通編集

 
ペルム近郊でカマ川に架かる橋

約1万kmの鉄道がこの地域で運行されている。

主要路線は

の6路線である。運行密度が高い為に殆どの鉄道が電化されている。

チュメニ州中央アジアからの天然ガスと、西シベリアからの石油の油送管がこの地域を通る。[1]

主要都市は国内空港を持っている。ウラル航空が支配的である。

社会・経済指標編集

ロシア最大の人口密集地帯の1つである。

全国平均より高い

  • 1人当たりGDP
  • ソ連時代からの企業の労働者の割合

全国平均と同等

全国平均より低い

  • 賃金満額支払率
  • 新民間企業の労働者の割合

[3]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b Ural (economic region)”. Great Soviet Encyclopedia. 2016年5月31日閲覧。
  2. ^ Ural (geographical)”. Great Soviet Encyclopedia. 2016年5月31日閲覧。
  3. ^ Urals, Centre for the Study of Public Policy, University of Aberdeen