ウルップソウ

ウルップソウ(得撫草[3]学名Lagotis glauca Gaertn.)は、オオバコ科[1]ウルップソウ属分類される多年草の1。北の浜に生育することから別名がハマレンゲ[1][4](浜蓮華[3][5]新エングラー体系およびクロンキスト体系では、ウルップソウ科 (Globulariaceae) に分類されている[6][7]

ウルップソウ
ウルップソウ(得撫草、学名:Lagotis glauca Gaertn. )、白馬岳の高山帯(長野県白馬村、2015年7月31日)にて
ウルップソウ (白馬岳の高山帯、2015年7月末)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: オオバコ科 Plantaginaceae
: クワガタソウ連 Veroniceae
: ウルップソウ属 Lagotis
: ウルップソウ L. glauca
学名
Lagotis glauca Gaertn.[1][2]
和名
ウルップソウ

目次

特徴編集

寒冷地や高山の斜面などの湿った砂礫地に生える[5]。花茎は高さ15–25 cm[4]は卵円形または広楕円形で、長さ幅とも4–10 cm の肉質で表面につやがある[4]。全体に無毛[5]。青紫色の花を穂状に多数付け、雄しべは花弁よりも短い[8]。花穂は円柱形で、各花にがある[9]。開花時期は6–8月[8]染色体数は2n=22(2倍体)[3]。和名の由来は千島列島得撫島で最初に発見されたことによる[4][5][10]。属名のLagotisは、ギリシャ語のlogos()とous(耳)からなり、葉の形状が兎の耳に似ていたことに由来する[9]

分布編集

アリューシャン列島カムチャツカ半島、千島列島、日本に分布する[5]

日本では北海道礼文島[4]空知)と本州飛騨山脈北部の白馬岳[11]雪倉岳[4])、八ヶ岳硫黄岳[12]横岳高山帯に隔離分布している[6]氷河期に日本に南下し、その後高山などの一部地域だけに生き残ったと考えられている[13]基準標本は得撫島のもの[6]

種の保全状況評価編集

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

環境省によりレッドリストの準絶滅危惧 (NT) の指定を受けている[7]。以前は絶滅危惧IB類 (EN) 指定であったが、絶滅危惧II類 (VU) に変更された。踏みつけが減少の主要因で、平均減少率は約30%、個体総数は約10,000と推定されている[7]。以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている[14]

近縁種編集

  • ホソバウルップソウ(細葉得撫草、Lagotis yesoensis) - 大雪山系に自生、環境省により絶滅危惧IB類(EN)の指定を受けている。
  • シロバナウルップソウ(白花得撫草、Lagotis yesoensis f. albiflora) - ウルップソウの白花のもの
  • ユウバリソウ(夕張草、Lagotis takedana) - 夕張岳に自生、、環境省により絶滅危惧IB類(EN)の指定を受けている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 北海道のカテゴリ「絶滅危機種(Cr)」は、環境省のカテゴリ絶滅危惧IA類相当。

出典編集

  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2013年4月28日). “ウルップソウ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2015年8月6日閲覧。
  2. ^ Lagotis glauca Gaertn.(ウルップソウ)” (英語). ITIS. 2011年9月9日閲覧。
  3. ^ a b c 清水 (2014)、330頁
  4. ^ a b c d e f 山崎 (1981)、122頁
  5. ^ a b c d e 牧野 (1982)、502頁
  6. ^ a b c 豊国 (1988)、164頁
  7. ^ a b c 植物絶滅危惧種情報検索(ウルップソウ)”. 生物多様性情報システム. 2011年9月9日閲覧。
  8. ^ a b 永田 (2006)、102頁
  9. ^ a b 林 (2009)、168頁
  10. ^ a b 北海道レッドデータブック・「ウルップソウ」”. 北海道 (2001年). 2015年8月6日閲覧。
  11. ^ 花の百名山地図帳 (2007)、154頁
  12. ^ 花の百名山地図帳 (2007)、177頁
  13. ^ 礼文花図鑑(ウルップソウ)”. 礼文町. 2011年9月9日閲覧。
  14. ^ 日本のレッドデータ検索システム「ウルップソウ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2015年8月6日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集