メインメニューを開く
ウルトラマンガイア > ウルトラマンガイア ガイアよ再び

ウルトラマンガイア ガイアよ再び』(ウルトラマンガイア ガイアよふたたび)は円谷プロダクション製作のオリジナルビデオ作品。特撮テレビ番組『ウルトラマンガイア』の最終回後のストーリーである。「ガイアよ再び」という文字はOPタイトルではなく、サブタイトルとして表記されている。2001年3月25日発売。

目次

概要編集

ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』とともに制作された平成ウルトラシリーズのオリジナルビデオ作品の1本。『ティガ外伝』の制作決定時に円谷プロダクション社長の円谷一夫から『ダイナ』と『ガイア』もオリジナルビデオを制作することが提案され、円谷の後押しにより八木毅が監督に起用された[1]。脚本はテレビシリーズでメインライターを務めた小中千昭が担当[2]

物語は番組終了からの時間経過と主人公である高山我夢・藤宮博也の成長をシンクロさせることを意図している[2]。小中はウルトラマンを再登場させることへの設定上の制約が少ないことや制作現場の雰囲気が継続していたことなどから、本作品が一番復活させやすい作品であったと述べている[2]

制作は3作品の中で最後発であったため、プロデューサーの小山信行はスケジュールが切迫していたことを証言している[1]

テレビシリーズでは1度しか出番のなかったチーム・マーリンが再登場する[2][3]

あらすじ編集

根源破滅天使ゾグを倒し、ウルトラマンとしての戦いを終えた我夢は学生生活に戻り、藤宮は地球怪獣を守るためにG.U.A.R.Dの攻撃作戦を妨害し追われる身となっていた。

ある日、我夢は海底調査のためにXIGに呼び戻され、逃亡中の藤宮の前には不思議な少女が現れるが、やがて海底から怪獣が再び出現する。2人は再びエスプレンダーとアグレイターを使いガイアとアグルに変身し、新たなる敵に立ち向かう。

登場怪獣編集

根源破滅海神 ガクゾム
リナールの世界から「光」を奪っていた、根源的破滅招来体の生き残り。実体化直前は闇の姿であり、その状態でもセイレーン7500のマーリン・ブラスト砲を無効化するほどの強さを誇る。地球全体を海底と同様闇の世界に塗り込めようと企む。
武器は頭部や両腕から発射する破壊光弾。バイアクヘーと合体することで背中の鰭を開き、両腕を鎌状に変形させ、ガクゾム(強化体)[6][4][注釈 1]となる。合体後は胸部で敵の光線を吸収し撃ち返す能力を持つ。
最後はガイアSVのフォトンエッジを吸収し撃ち返そうとする直前に、ガイアのフォトンストリームとアグルのフォトンスクリューの同時攻撃フォトンスクエアを受け、そのエネルギーを吸収しきれず爆散して滅びる。
根源破滅飛行魚 バイアクヘー
ワームホールより大群で現れたガクゾムの眷属とも言うべき小型の怪獣。飛魚のような姿だが、水中だけでなく空も飛行する事ができる。胸鰭を鎌状に変形させて武器としても用いる。梶尾によると鼻先が弱点らしい。大群で空中を飛行することでG.U.A.R.D戦闘機を全滅させるほどの力がある。
ウルトラマンアグルに取り付いてエネルギーを奪い取り、さらにその大多数がガクゾムと融合し、ガクゾムを強化させる。
  • 名前の由来はクトゥルフ神話に登場する怪物バイアクヘー(ビヤーキー)より。
深海生命体 リナール
  • 英字表記:RINAR[4]
  • 身長・体重:未詳[4]
  • 出身地:セレファス海溝[4][7]
水深8000メートルのセレファス海溝に海底都市を築いていたプランクトンに似た知的生命体。ガクゾムの襲来により滅びかけた為、人類に助けを求めた。藤宮の前にはメリッサという少女の姿で現れ、パワーを失ったアグレイターに光を注ぎ、藤宮を再びアグルに変身させた。またパワーを失ったエスプレンダーにも光を注ぎ、我夢を再びガイアへと変身させる。
彼らの住む海底都市は照明を点けていると視認できないが、照明を消すとはっきりとその全貌が見える。
甲殻怪地底獣 ゾンネル
  • 身長:89メートル[7]
  • 体重:10万トン[7]
以前出現したゾンネルと同個体と思われる怪獣。謎の怪現象の影響でアメリカのウェスト・コーストから再び姿を現す。G.U.A.R.D.地上部隊に攻撃されてしまうが、実はガクゾムやバイアクヘーの襲来を恐れての出現だった。
  • 映像はテレビシリーズからの流用[6]

キャスト編集

声の出演編集

スーツアクター編集

スタッフ編集

音楽編集

主題歌
オープニングテーマ「ウルトラマンガイア!」
作詞:康珍化 / 作曲:松原みき / 編曲:大門一也 / 歌:田中昌之&大門一也
エンディングテーマ「Beat on Dream on」
作詞:小室みつ子 / 作曲:井上大輔 / 編曲:須藤賢一 / 歌:菊田知彦

映像ソフト化編集

  • VHS(セル、レンタル共通)が2001年3月25日に発売。
  • DVDが2001年7月25発売。
  • 未公開シーンを追加した完全版DVDが2004年11月26日に発売。
  • 2007年11月26日発売の『ティガ ダイナ ガイア メモリアルボックス ザ・ファイナル』には完全版が収録。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 『ウルトラマン画報 下巻』では強化体の設定を「身長・体重:未詳、出身地:東京湾岸都市」と記述している[4]

出典編集

  1. ^ a b 平成ウルトラビデオ全集 2002, p. 84, 「平成3部作ビデオの立ち上げ」
  2. ^ a b c d 平成ウルトラビデオ全集 2002, p. 87, 「ウルトラマンガイア ガイアよ再び」
  3. ^ 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 272.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 画報 下巻 2003, p. 152
  5. ^ a b c 大辞典 2001, p. 84
  6. ^ a b c d e f g 平成ウルトラビデオ全集 2002, p. 49
  7. ^ a b c d e f g 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 273
  8. ^ a b c 大辞典 2001, p. 250

参考文献編集

  • 『ウルトラマン大辞典』監修 円谷プロダクション、中経出版、2001年12月21日。ISBN 4-8061-1556-8
  • 『平成ウルトラビデオ全集』講談社テレビマガジン特別編集〉、2002年6月25日。ISBN 978-4-06-178427-7
  • 『ウルトラマン画報』下巻、竹書房、2003年5月9日。ISBN 4-8124-0999-3
  • 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦『円谷プロ全怪獣図鑑』円谷プロダクション監修、小学館、2013年3月11日。ISBN 9784096820742

関連項目編集