メインメニューを開く

ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ

ウルトラマンメビウス > ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ

ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』は2006年 - 2007年にかけてインターネット配信された特撮ドラマ。全3話。日本初のインターネット配信による特撮ドラマである[1]

NTTグループのNTT東日本フレッツユーザー向けコンテンツサイト「フレッツ・スクウェア」及びNTTグループのインターネットポータルサイトgooにてインターネットテレビ配信が2006年6月30日 - 2007年3月31日に行われた。

目次

概要編集

ウルトラマンメビウス』の映像作品においての初の外伝。ウルトラマンヒカリを主人公としたスピンオフ作品で、TVシリーズと連動した内容となっている。

フレッツ・スクウェアでの配信はNTT東日本エリアのフレッツユーザーのみ利用可能で視聴料金は無料。gooではgooIDとgooらくらく決済に登録した上で料金を支払う必要がある。2007年5月15日から、goo独占で再配信される。

ATP賞テレビグランプリ2006にて、デジタルコンテンツ賞奨励賞を受賞[1]

製作編集

監督はTVシリーズの特技監督を務めた菊地雄一、脚本もTVシリーズを手掛けた小林雄次が担当。スタッフ編成はテレビシリーズとは別に組んでいる[2]

低予算だったためにホリゾントは使用せず、グリーンバックで撮影してCG背景を合わせる手法が中心となっている[2]。菊地は本作に先駆けてTVシリーズ第9話で惑星アープのシーンも撮影しているが、この時点では本作品との連動は考慮していなかったため、異なる描写となっている[2]

小林は本作のコンセプトについて、ウルトラ戦士をジェダイになぞらえたウルトラ版『スター・ウォーズ』と述べている[3]。SAGA3でのヒカリがウルトラの父らと対話するシーンは映画『スーパーマン』の裁判シーンをイメージしている[2]

声の出演編集

スタッフ編集

主題歌編集

『Radiance~ウルトラマンヒカリのテーマ~』

作品リスト編集

怪獣の詳細はリンク先参照。

話数 タイトル 登場怪獣・宇宙人 ゲスト
ウルトラマン
公開日 備考
SAGA1 アーブの悲劇 アーブの民
ボガール
ファントン星人(2体)
ウルトラマンキング(謎の老人) 2006年6月30日公開 TVシリーズ第5話「逆転のシュート」の前日譚[1]
SAGA2 勇者の試練 ベムスター(2体) ゾフィー
ウルトラマンキング
2006年8月7日公開 TVシリーズ第17話「誓いのフォーメーション」の後日譚[1]
SAGA3 光の帰還 ババルウ星人
ニセウルトラマンメビウス
ウルトラの父
ウルトラの母
ゾフィー
ウルトラマンキング
2006年11月20日公開 TVシリーズ第35話「群青の光と影」の前日譚[1]

映像ソフト編集

2007年10月26日に全3話を収録したDVDが発売。作品解説書「HIKARI FILE」と書き下ろしイラストノベル「ザ・ウルトラマンヒカリ」封入。

2012年12月21日に発売された『ウルトラマンメビウス TV&OV COMPLETE DVD-BOX』にも収録された。

脚注編集

  1. ^ a b c d e アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 93, 「Another Mebius World 新時代の先駆け『ヒカリサーガ』」
  2. ^ a b c d アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 73, 「ウルトラマンメビウス白書 菊地雄一
  3. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 80, 「メビウス世界の匠たち CHAPTER1 脚本 収穫だった『ヒカリサーガ』[小林雄次]」.

参考文献編集

  • ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクションNo.∞〉、2007年6月30日。ISBN 978-4-257-03745-3

関連項目編集

外部リンク編集