ウルドゥー文字

ウルドゥー文字(Urdu alphabet)とは、ウルドゥー語を表記する表記体系であり、アラビア文字から発展したペルシア文字を基本とした、38文字からなるアブジャドである。右から左へ書かれる。

ウルドゥー文字
類型: アブジャド
言語: ウルドゥー語
時期: 11世紀頃-現在
親の文字体系:
アラビア文字
Unicode範囲: U+0600 to U+06FF
U+0750 to U+077F
U+FB50 to U+FDFF
U+FE70 to U+FEFF
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。
UAEにある3言語の標識、下がウルドゥー文字。上のアラビア文字と字体が異なるのがわかる

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年

目次

概要編集

南アジアは、10世紀末のガズナ朝による侵攻に始まり、デリー・スルタン朝時代にイスラーム勢力の配下に置かれた。とくに、ムガル帝国では大々的にペルシア語文化が持ち込まれた。1648年にムガル帝国の首都はデリーに移り、デリー方言を基本にして、ペルシア語の影響下にウルドゥー語が成立した。このため、ウルドゥー文字もペルシア文字を元にしているが、ウルドゥー語の音韻体系に合わせ、いくつか字母・記号が追加されている。

また、基本書体も、ペルシアで発展したナスタアリーク体である。現在のペルシア語はナスフ体で印刷されることも多いが、ウルドゥー語ではいまでもナスタアリーク体を主に使用する。

字母編集

以下に、38字母とその名称を記す[1]。文字名称の baṛī は「大きい」、chōṭī は「小さい」という意味。33番目と38番目の文字は、それぞれ語末でのみ32番目・37番目の文字と区別される。

番号 独立形 文字名 末字形 中字形 頭字形
1 ا (母音) alif ـا
2 ب b ـب ـبـ بـ
3 پ p ـپ ـپـ پـ
4 ت t ـت ـتـ تـ
5 ٹ ʈ ṭē ـٹ ـٹـ ٹـ
6 ث s ـث ـثـ ثـ
7 ج jīm ـج ـجـ جـ
8 چ ـچ ـچـ چـ
9 ح h baṛī hē ـح ـحـ حـ
10 خ x ـخ ـخـ خـ
11 د d dāl ـد
12 ڈ ɖ ḍāl ـڈ
13 ذ z zāl ـذ
14 ر r ـر
15 ڑ ɽ ṛē ـڑ
16 ز z ـز
17 ژ ʒ žē ـژ
18 س s sīn ـس ـسـ سـ
19 ش ʃ šīn ـش ـشـ شـ
20 ص s svād ـص ـصـ صـ
21 ض z zvād ـض ـضـ ضـ
22 ط t tōē ـط ـطـ طـ
23 ظ z zōē ـظ ـظـ ظـ
24 ع ʔ ain ـع ـعـ عـ
25 غ ɣ γain ـغ ـغـ غـ
26 ف f ـف ـفـ فـ
27 ق q qāf ـق ـقـ قـ
28 ک k kāf ـک ـکـ کـ
29 گ ɡ gāf ـگ ـگـ گـ
30 ل l lām ـل ـلـ لـ
31 م m mīm ـم ـمـ مـ
32 ن n nūn ـن ـنـ نـ
33 ں (鼻母音化) nūn-e-γunna ـں
34 و v, oː, ɔː vāō ـو
35 ہ h chōṭī hē ـہ ـہـ ہـ
36 ھ 帯気音 dō cašmī hē ـھ ـھـ ھـ
37 ی j, iː chōṭī yē ـی ـیـ یـ
38 ے eː, ɛː baṛī yē ـے

ペルシア文字との違い編集

そり舌音を表すために、以下の3文字が追加されている。

文字 ٹ ڈ ڑ
音価 ʈ ɖ ɽ

35番目の ہ (chōṭī hē) は、字形が(とくに頭字形で)ペルシア文字のもの(ه)と異なっている。

36番目の ھ (dō cašmī hēdō cašmī は「めがね」を意味する) は、子音字と組み合わせて帯気音をあらわすために使用する。字形はペルシア文字の ه の頭字形に似ている。

文字 کھ گھ چھ جھ ٹھ ڈھ ڑھ تھ دھ پھ بھ
音価 ɡʱ tʃʰ dʒʱ ʈʰ ɖʱ ɽʱ

33番目の ں (nūn-e-γunna, 点のない ن)は、鼻母音を表すためにあるが、語末以外では通常の ن を使用する。

38番目の ے (baṛī yē) は、語末の母音 eː, ɛː を表すが、語末以外では通常の ی を使用する。

現代ペルシア語では غق が同音になっているが、ウルドゥー語では両者を区別する。ただし実際には ق は k (閉鎖音の前では x, ɣ)に合流していることが多い[2]

デーヴァナーガリーとの違い編集

ヒンディー語とウルドゥー語は日常語レベルでは同一言語といってよいが、ヒンディー語は左横書きのデーヴァナーガリーで書かれる。デーヴァナーガリーはアブギダであるため、母音の表記方法はまったく異なる。

ウルドゥー文字であらわされる子音のうち、[q x ɣ f z ʒ] は借用語にのみ現れる。デーヴァナーガリーの場合、これらの音をあらわすには、それぞれ k kh g ph j に点(ヌクター)を加えた क़ ख़ ग़ फ़ ज़ を使うが([ʒ] は通常 [z] と区別されない)、実際には点を打たず、k kh g ph j とつづりの上でも音の上でも区別しないことが多い[3]

デーヴァナーガリーにある鼻音字 अं ङ ञ ण (ṃ ṅ ñ ṇ) はウルドゥー文字には存在せず、すべて ن (n) と書く。サンスクリットからの借用語にあらわれる () () はそれぞれ ر (ri) ش (š) と区別せずに書く。例:کرشن (krišn = kr̥ṣṇ, クリシュナ)。デーヴァナーガリーのつづりも、元のサンスクリットの音の区別を保存しているだけで、発音上は区別されない[4]

補助記号編集

記号 名称
اٙ ɑː alif mad
ء ʔ hamza
ّ (重子音) tašdīd
َ ə zabar
ِ ɪ zēr
ُ ʊ pēš
ۡ - jazm
ً ən tanvīn

ハムザは、母音が2つ続くときに、後ろの母音字の上に置かれる。イザーファト(エザーフェ)を表すときに、読まない ہ で終わる語にはハムザを加える。また、アリフで終わる語にはハムザつきの ی を加える。子音で終わる語では zēr でイザーファトを表すことがある。

子音の後ろに母音が続かないことを示す jazm は、ペルシア文字のものと形が異なる。母音記号や jazm がつけられることは、辞書の中などを除くと、ほとんどない。tanvīn はアラビア語由来の副詞につけられる。

母音の表記編集

ウルドゥー語には a [ə], i [ɪ], u [ʊ] の3つの短母音と、ā [ɑː], ī [iː], ū [uː], ē [eː], ai [ɛː], ō [oː], au [ɔː] の7つの長母音がある。

語頭の短い母音(a i u)は、ا で表す。語頭の長母音は آ(ā) ای(ī, ē, ai) او(ū, ō, au) を表す。

語頭以外では短い母音は表記されず、長い母音は ا(ā) ی(ī) ے(ē, ai) و(ū, ō, au) と表記する。

数字編集

左から右へ書くインド数字を使用するが、アラビア語で使うものとは字形が異なり、ペルシア語で使うものとも少し異なる(特に 4, 6, 7)。

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
アラビア ٠ ١ ٢ ٣ ٤ ٥ ٦ ٧ ٨ ٩
ペルシア ۰ ۱ ۲ ۳ ۴ ۵ ۶ ۷ ۸ ۹
ウルドゥー                    

発音のずれ編集

アラビア語やペルシア語からの借用語は、基本的にもとのつづりのまま表記されるため、表記と実際の発音の間にずれが起きる場合がある。

借用語にのみ現れる音のうち、[q][k] (閉鎖音の前では [x, ɣ])、[ʒ][z] として発音されることが多い[2][ʔ] は通常発音されないが、母音のあとに ع が置かれると、かわりに母音が長くなる[5]

コンピュータ編集

キーボード編集

Windowsのウルドゥー語キーボード。

脚注編集

  1. ^ Schmidt (2007) p.344 による
  2. ^ a b Schmidt (2007) p.310
  3. ^ 町田 (1999) pp.67-68
  4. ^ 町田 (1999) p.14(), p.23(鼻音), p.42()
  5. ^ Schmidt (2007) p.343

参考文献編集

  • Schmidt, Ruth Lauila (2007) [2003]. “Urdu”. In Danesh Jain; George Cardona. Indo-Aryan Languages. Routledge. pp. 286-350. ISBN 020394531X. 
  • 町田和彦 『書いて覚えるヒンディー語の文字 デーヴァナーガリー文字入門』 白水社1999年ISBN 4560005419

関連項目編集