メインメニューを開く

ウルフ・シルマー(Ulf Schirmer, 1959年 - )は、ドイツ指揮者。現代を代表するカペルマイスターと言われる。

略歴編集

ドイツ、ニーダーザクセン州エッシェンハウゼンの生まれ。ブレーメンの高等学校と音楽学校で、ピアノ及び音楽理論を学ぶ。

ハンブルク音楽大学で、ホルスト・シュタインクリストフ・フォン・ドホナーニジェルジュ・リゲティなどに師事する。

1980年、マンハイム国民劇場で最初に仕事をしたのを皮切りに、その後、ウィーン国立歌劇場ロリン・マゼールのアシスタントを務める。

1988年から1991年まで、ヴィースバーデンで音楽監督の任に就き、ヘッセン州立歌劇場でオーケストラのコンサートを担当する芸術監督を務めた。

1991年、ウィーン国立歌劇場の常任指揮者に就任、その翌年からは同歌劇場のコンサルタントも兼任した。

1995年から1998年までの間、デンマーク放送交響楽団の首席指揮者を務めた。

2006/07シーズンからミュンヘン放送管弦楽団で芸術監督を務め、2009年8月にはライプツィヒ歌劇場の音楽監督に就任した。

ブレゲンツ音楽祭、ウィーン国立歌劇場、ザルツブルク音楽祭グラーツ歌劇場パリ・オペラ座ミラノ・スカラ座ベルリン・ドイツ・オペラドレスデン国立歌劇場などに頻繁に客演している。コンサートでは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン交響楽団バンベルク交響楽団ドレスデン・シュターツカペレスイス・ロマンド管弦楽団などを指揮。

レパートリー編集

クリスチャン・ティーレマンフランツ・ウェルザー=メストインゴ・メッツマッハー準・メルクルらと同世代で、戦後のドイツ系指揮者払底を解消して登場した一群に属する。ドイツ・イタリアオペラの名匠として知られるが、20世紀から21世紀の映画音楽、オペレッタ、宗教音楽に至るまで、豊富なレパートリーを誇る。特に、リヒャルト・シュトラウスのオペラは評価が高い(代表的な録音・録画として「カプリッチョ」がある)。また、ミュンヘン放送管弦楽団を指揮して、近年では激減してしまったオペラ(オペレッタ)全曲のスタジオ録音活動を継続して行っている。

日本の新国立劇場の常連指揮者でもある。「フィガロの結婚」(2003年)、「エレクトラ」(2004年)、「西部の娘」(2007年)、「アラベラ」(2010-11年シーズン開幕公演)などを指揮。

外部リンク編集