ヴォルフ転位(ヴォルフてんい、: Wolff rearrangement)は、有機化学における転位反応のひとつで、α-ジアゾケトンからケテンが生成する反応である。1912年にルートヴィヒ・ヴォルフにより報告された[1]

ウルフ転位

生成物であるケテンに水やアルコールが求核付加するとカルボン酸エステルが生成する。

反応機構編集

加熱[2]光照射[3]、または酸化銀などの遷移金属触媒によりα-ジアゾケトンから窒素が脱離することでカルベンが生成する。生成したカルベンが1,2転位を起こしケテンが生成する。

応用編集

ヴォルフ転位を鍵反応とし、カルボン酸ハロゲン化物ジアゾメタンから炭素が1個増えたカルボン酸誘導体を得る手法をアーント・アイシュタート合成と呼ぶ。増炭反応の一種である。

脚注編集

  1. ^ Wolff, L.; Krüche, R. (1912). “Über Diazoanhydride (1,2,3-Oxydiazole oder Diazoxyde) und Diazoketone”. Liebigs. Ann. Chem. 394 (1): 23–59. doi:10.1002/jlac.19123940104. 
  2. ^ Smith, L. I.; Hoehn, H. H. (1940). "Diphenylketene". Organic Syntheses (英語). 20: 47.; Collective Volume, 3, p. 356
  3. ^ Wheeler, T. N.; Meinwald, J. (1972). "Formation and photochemical Wolff rearrangement of cyclic α-diazo ketones: D-Norandrost-5-en-3β-ol-16-carboxylic acids". Organic Syntheses (英語). 52: 53.; Collective Volume, 6, p. 840