メインメニューを開く

ウルリッヒ・シュナウス

ウルリッヒ・シュナウス (Ulrich Schnauss1977年 - )は、ドイツキール出身のエレクトロニカミュージシャン。

ウルリッヒ・シュナウス
Ulrich Schnauss
Tangerine Dream - Elbphilharmonie Hamburg 2018 35 (cropped).jpg
タンジェリン・ドリーム - ドイツ・ハンブルク公演(2018年2月)
基本情報
生誕 1977年(41–42歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ キール
ジャンル エレクトロニカ
シューゲイザー
ドリーム・ポップ
アンビエント・テクノ
職業 ミュージシャン, ソングライター, 音楽プロデューサー, リミキサー
活動期間 1995年 - 現在
共同作業者 タンジェリン・ドリーム
ソルステン・クエーシニンク
Longview
Engineers
ほか
公式サイト www.ulrich-schnauss.com

概要編集

 
2005年

1977年ドイツ北部の都市キールに生まれる。幼い頃から両親の聴くフュージョンジャズのレコードを聴きながら育つ。10代の頃からマイ・ブラッディ・ヴァレンタインスロウダイヴチャプターハウスなどのシューゲイザーや初期のブレイクビーツに興味を持ち、熱心に聴くようになる。1990年代中盤より活動を開始し、より多くの音楽に触れるため1996年ベルリンに拠点を移した。

View to the FutureやEthereal 77など様々な名義で活動しながら、2001年にアルバムFar Away Trains Passing Byで本名名義でデビューした。

また過去にLongviewというバンドでキーボードを担当しており、現在はロンドンに拠点を移し、Engineersというバンドのメンバーとしての活動も行っている。

ミュージシャンとして作品を発表する傍ら、デペッシュ・モードデス・キャブ・フォー・キューティーアソビ・セクスなど多数のアーティストの楽曲のリミックスも行っている。

2013年来日時のインタビューにて、糖尿病を患ったことを告白した[1]

作品編集

以下はUlrich Schnaussとしての作品。

スタジオ・アルバム編集

  • Far Away Trains Passing By (2001年)
  • A Strangely Isolated Place (2003年)
  • Goodbye (2007年)
  • A Long Way to Fall (2012年)

コラボレーション・アルバム編集

  • Ulrich Schnauss and Jonas Munk (2011年)
  • Underrated Silence (2012年)
  • Tomorrow Is Another Day (2013年)

EP編集

  • Quicksand Memory EP (2007年)
  • Stars (2008年)

脚注編集

  1. ^ 特集:ウルリッヒ・シュナウス Special Interview”. CDJournal.com (21 Ferbruary 2013). 2015年1月3日閲覧。