メインメニューを開く

ウンキャル・スケレッシ条約

ウンキャル・スケレッシ条約(ウンキャル・スケレッシじょうやく、英語: Treaty of Hünkâr İskelesiヒュンキャール・イスケレスィ条約とも)は、1833年7月8日に締結された防御同盟である。

概要編集

1833年5月にイギリスフランスによりキュタヒャ協定英語版での講和を強いられたオスマン帝国ロシアが接近し、ウンキャル・スケレッシ(現ユスキュダル)において締結した相互援助条約。

ロシアはこの条約により近東問題で優位に立ったが、これによりイギリスやフランスと対立して東方問題の要因の一つとなり、その後、1840年ロンドン条約で拒否され、1841年ロンドン海峡協定英語版で廃棄された。

内容編集

ロシアがオスマン帝国への軍事支援を引き受け、オスマン帝国はロシアへの援助義務を免除する代償としてロシア艦隊にダーダネルス海峡およびボスポラス海峡の独占的航海権を与えさせた[1]

脚注編集

参考文献編集

  • 大江一道 「従属性を強める開国」 『新 物語世界史への旅』 山川出版社、2003年7月。ISBN 4-634-64880-6 

関連項目編集