メインメニューを開く

ウーディネ極東映画祭(ウーディネきょくとうえいがさい、イタリア語: Il Far East Film Festival)は、イタリアウーディネで開かれる極東東アジアおよび東南アジア)で製作された映画を対象とする映画祭である。日本の報道では、ウディネ・ファーイースト映画祭とも称される[1]

ウーディネ極東映画祭
会場 イタリアの旗 イタリア フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ウーディネ県ウーディネ
創設 1999年 ウーディネ
言語 イタリアの旗 イタリア語
イギリスの旗 英語
ウェブサイト http://www.fareastfilm.com/

略歴・概要編集

本映画祭は、1999年(平成11年)の第1回開催以来、毎年4月末に開催されている。東アジアおよび東南アジアの最新の映画作品をメインとし、毎年、対象各国の特集上映を行っている。

2002年(平成14年)に行われた第4回では、「ウーディネP-1グランプリUdine P-1 Grand Prix と題して、いわゆる「ピンク七福神」と呼ばれる日本のピンク映画の若手監督を中心に特集上映を行った[2]

2010年(平成22年)に行われた第12回では、香港の1960年代-1970年代の俳優であり映画作家の龍剛を特集するとともに、かつて存在した日本の映画会社・新東宝の15作品が「新東宝回顧Shin-Toho - Retrospective として特集上映された[3]

特集上映編集

  1. 1999年 : -
  2. 2000年 : 周星馳  香港
  3. 2001年 : -
  4. 2002年 : 「ウーディネP-1グランプリ」 (  日本ピンク映画)、梁柏堅  香港)、「中華アニメ」(  中国  香港  台湾
  5. 2003年 : 「韓国映画の60年代」(  韓国)、石井輝男  日本
  6. 2004年 : 楚原  香港)、市川準  日本
  7. 2005年 : 「日活アクション」 (  日本)、「アイ・オヴ・ザ・ビホルダー」(青山真治チェン・カイコー藤田敏八ポン・ジュノイ・チャンドンチャン・イーモウ
  8. 2006年 : 「アジアは歌う」(ミュージカル映画)、イノウエ・デイ!(井上梅次  日本
  9. 2007年 : 譚家明  香港
  10. 2008年 : 「地獄の花 - 申相玉初期作品」(  韓国)、ホラー・デイ(ホラー映画)、三木聡  日本
  11. 2009年 : 「アン・ホイのテレビ映画」 (  香港)、ホラー・デイ(ホラー映画)、ニュー・ムエタイ・フィルムズ (  タイ
  12. 2010年 : 龍剛  香港)、「新東宝回顧」 (新東宝特集、  日本

ウーディネP-1グランプリ編集

2002年の第4回に特集上映された作品の一覧である[2]

新東宝回顧編集

2010年の第12回に特集上映された作品の一覧である[3]

関連事項編集

編集

  1. ^ cinemacafe.net (2013年4月26日). “貫地谷しほり主演の“泣ける”映画『くちづけ』は、イタリア人に伝わるのか?”. cinemacafe.net. 2013年5月2日閲覧。
  2. ^ a b FEFF 4, 2002 (英語), ウーディネ極東映画祭、2010年10月12日閲覧。
  3. ^ a b FEF12, 2010, Area Stampa / Press Area (英語), ウーディネ極東映画祭、2010年10月12日閲覧。
  4. ^ Patrick Lung Kong - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年10月12日閲覧。

外部リンク編集