ウード1世 (ブルゴーニュ公)

ウード1世フランス語Eudes Ier, 1058年12月 - 1103年3月23日)は、ブルゴーニュ公(在位:1079年 - 1103年)。ブルゴーニュ公ロベール1世の息子アンリとその妻シビーユの次男。

ウード1世
Eudes Ier
ブルゴーニュ公
Odo I.jpg
ウード1世のシール
在位 1079年 - 1103年

出生 1058年12月
死去 (1103-03-23) 1103年3月23日(44歳没)
タルスス
埋葬 ブルゴーニュ公領、サン=ニコラ=レ=シトー、シトー修道院
配偶者 シビーユ・ド・ブルゴーニュ
子女 エレーヌ
フロリーヌ
ユーグ2世
アンリ
家名 ブルゴーニュ家
父親 アンリ・ド・ブルゴーニュ
母親 シビーユ・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示

生涯編集

1079年、ベネディクト会修道士となるため退位した兄ユーグ1世の後を嗣いで公位に即いた[1]。また、1101年の十字軍に参加し、その際に1101年に小アジアで死去した[2]

子女編集

ウード1世はブルゴーニュ伯ギヨーム1世の娘シビーユ(またはマオー、1065年 - 1101年)と結婚し[3]、以下の子女をもうけた。

脚注編集

  1. ^ Bouchard 1987, p. 129.
  2. ^ Cate 1969, p. 349.
  3. ^ Bouchard 1987, p. 275.
  4. ^ a b c d Bouchard 1987, p. 256.

参考文献編集

  • Bouchard, Constance Brittain (1987). Sword, Miter, and Cloister: Nobility and the Church in Burgundy, 980–1198. Cornell University Press 
  • Cate, James Lea (1969). “The Crusade of 1101”. In Kenneth Meyer Setton and M. W. Baldwin. A History of the Crusades: The First Hundred Years. The University of Wisconsin Press 
先代
ユーグ1世
ブルゴーニュ公
1079年 - 1103年
次代
ユーグ2世