エア・イタリー (2018-2020年)

エア・イタリー (Air Italy) は、イタリアに存在した航空会社。2020年に会社清算された。

エア・イタリー
Air Italy
AirItaly.png
IATA
IG
ICAO
ISS
コールサイン
AIR ITALY
設立 1963年
ハブ空港 ミラノ・マルペンサ空港
焦点空港 オルビア・コスタ=ズメラルダ空港
マイレージサービス Meridiana Club
親会社 AQAホールディングス
保有機材数 13機(19機発注中)
本拠地 イタリアオルビア
代表者 Aga Khan
外部リンク https://www.airitaly.com
テンプレートを表示

概要編集

1963年3月29日にアリサルダとして、エアタクシーおよびチャーター便航空会社としてサルデーニャの観光局の援助を得て設立された。1964年から定期便の運航を開始、その後1991年5月の臨時株主総会にてメリディアーナへ改名した。イタリア第2の航空会社である。

2006年12月にはミラノを本拠とするユーロフライの主要株主となって、2008年から同社を実質子会社化した。2010年に同社を統合し、メリディアーナ・フライとなった。また、2011年には初代のエア・イタリーを傘下に収めた。

サルデーニャ島を中心に、格安航空会社としての料金設定の定期便を運航しているが、サルデーニャの住民には特別料金が適用されるなど、地域公共サービスとしての性格も併せ持っている。

2018年2月19日、ミラノでの記者会見にて初代のエア・イタリーと合併し、ブランド変更に伴って新しい社名をエア・イタリーとすることを発表した。

2018年3月1日、エア・イタリーとして正式に操業を開始し、メリディアーナの公式ホームページも新生エア・イタリーへ移行した。

2020年2月11日株主総会でまた清算決断手続きに入ることが決まった。同日付で航空機の運航は停止され、予約客には払い戻しが行われた。株式の49%を保有するカタール航空は投資を続ける意欲を示していたが、残り51%を保有する持ち株会社アリサルダの同意が得られなかった[1]

就航都市編集

エア・イタリー 就航都市 (2018年3月現在)
都市 空港 備考
ヨーロッパ
  イタリア ミラノ ミラノ・マルペンサ空港 ハブ空港
ミラノ ミラノ・リナーテ空港
ナポリ ナポリ・カポディキーノ国際空港
ローマ フィウミチーノ空港
ヴェネツィア ヴェネツィア・テッセラ空港
トリノ トリノ空港
ボローニャ ボローニャ・ボルゴ・パニゴーレ空港
ラメーツィア・テルメ ラメツィア・テルメ空港
カターニア カターニア・フォンタナロッサ空港
ヴェローナ ヴェローナ・ヴィッラフランカ空港
  ロシア モスクワ ドモジェドヴォ空港
  イギリス ロンドン ロンドン・ガトウィック空港 2018年6月2日就航
北アメリカ
  アメリカ合衆国 ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港 2018年6月1日就航
マイアミ マイアミ国際空港 2018年6月8日就航
アフリカ
  エジプト カイロ カイロ国際空港
  ケニア モンバサ モイ国際空港
  セネガル ダカール レオポール・セダール・サンゴール国際空港
  ナイジェリア ラゴス ムルタラ・モハンマド国際空港
  ガーナ アクラ コトカ国際空港
東南アジア
  タイ バンコク スワンナプーム国際空港 2018年9月9日就航

保有機材編集

運航機材編集

2019年8月現在

Air Italy 運航機材一覧[2]
機材 運用機数 発注機数 座席数 エンジン 備考
C Y Total
エアバスA330-200 5 2 24 236 260 GE

CF6‐80E1A4

ボーイング767-300ERの代替機、

カタール航空から転籍

ボーイング737‐700 1 148 148 CFM

CFM56-7B22

ボーイング737MAXの運航停止

により、運航を継続中

ボーイング737‐800 4 189 189 CFM

CFM56-7B26

ボーイング737MAX8 3 17 12 174 186 CFM

LEAP-1B

ボーイング737NGの代替機、

現在、運航停止中

合計 13 19

退役済機材一覧編集

機材導入計画について編集

当初エア・イタリーは、ボーイング737MAX8を20機、カタール航空からリースされたボーイング787‐8を30機の計50機を導入し、2022年までに機材の一新を図る予定であった。また、その繋ぎとして、2018年から2019年にA330‐200を5機、カタール航空からリースした。しかし、カタール航空においてB787‐8の置き換えとなるはずだったB787‐9の納入遅延、B737MAXの運航停止により、計画は順調に進まなかった。そのため、A330‐200での長距離路線拡大を決定、さらにB737MAXの発注をエアバスA320シリーズへ切り替えることも検討している。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 伊エア・イタリー、清算決断で運航を停止”. CNN (2020年2月12日). 2020年2月15日閲覧。
  2. ^ Discover Air Italy Airlines fleet and take information about the new business class.”. www.airitaly.com. 2019年8月12日閲覧。
  3. ^ “カタール航空、伊メリディアーナ・フライの親会社の株式49%取得”. フライチーム. (2017年10月2日). http://flyteam.jp/news/article/84922 2017年10月2日閲覧。 

外部リンク編集