エア・カレドニア・インターナショナル

フランス領ニューカレドニアの国際線用航空会社

エア・カレドニア・インターナショナルフランス語: Air Calédonie International)またはエアカランAircalin)は、フランス海外領土ニューカレドニアの国際線用航空会社

エア・カレドニア・インターナショナル
Air Calédonie International
AirCalin, Airbus A330-200 F-OJSE NRT (20046678302).jpg
IATA
SB
ICAO
ACI
コールサイン
AIRCALIN
法人番号 6700150000376 ウィキデータを編集
設立 1983年
ハブ空港 ヌメア国際空港
マイレージサービス Flying Blue, Club 500
会員ラウンジ Salon Hibiscus Lounge
航空連合 Interline agreements
親会社 Caisse d'Epargne Group
保有機材数 6機(3機発注中)
就航地 11都市
本拠地 ニューカレドニアヌメア
代表者 Charles Lavoix (president), Jean-Michel Masson (managing director), Didier Tappero (second managing director)
外部リンク aircalin.jp/
テンプレートを表示

概要編集

ニューカレドニア政府が出資して1983年8月に設立。オセアニア地域と日本の11都市に就航している。マイレージプログラムエールフランスのフライングブルー。日本の営業総代理店業務もエールフランスへ委託。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

2014年8月より新塗装機での運航を開始。尾翼のハイビスカスが旧塗装より大きく描かれている。機体後部のブルーはニューカレドニアの海をイメージしている。

機内サービス編集

クラス編成はクラスハイビスカスとエコノミークラスの2クラス制。フランス産ワインも多く搭載。

就航都市編集

アジア編集

オーストラリア編集

メラネシア編集

ポリネシア編集

休止路線編集

コードシェア編集

保有機材編集

 
エアバスA320

2019年9月現在、エア・カレドニア・インターナショナルの機材は以下の通りである。

エア・カレドニア・インターナショナル 運航機材一覧[2]
機種 運用機数 発注機数 座席 備考
C Y+ Y Total
エアバスA320-200 2 8 138 146
8 150 158
エアバスA320neo 2 No Data 2020年から納入予定
エアバスA330-200 1 24 242 266
エアバスA330-900 1 1 26 21 244 291
デ・ハビラント・カナダDHC-6 2 16 16
6 3

引退した機材編集

出典・脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ The Fleet - Aircalin”. di.aircalin.com. 2019年9月27日閲覧。

外部リンク編集