エア・セイロン英語: Air Ceylon)は、セイロン(現スリランカ)にかつて存在した航空会社。同国のフラッグ・キャリアであった。1947年に設立され、1979年8月31日に全ての営業を後継のスリランカ航空へと譲った。

エア・セイロン
IATA
AE
ICAO
AE[1]
コールサイン
CEYLON
設立 1947年
運航開始 1947年
運航停止 1979年
ハブ空港 1947年 - 1967年:ラトゥマラナ空港
1967年 - 1979年:バンダラナイケ国際空港
保有機材数 2(1979年)
就航地 24
本拠地 セイロンコロンボ
テンプレートを表示

歴史編集

1947年セイロンの国営フラッグ・キャリアとして設立され、政府によって3機のダグラス DC-3が購入された。そして、同年12月10日には開業記念フライトが行われ、機長ピーター・フェルナンドと乗客16名を乗せた飛行機がコロンボラトゥマラナ空港からジャフナパラリ空港へと飛び立った。同機はその後マドラスへと向かい、そこからコロンボへと戻ってきた。

1949年にはオーストラリア国営航空英語版(ANA)が同社の株式を49%保有し、2機のダグラス DC-4がリースされた。エア・セイロンはこの飛行機を用いてマドラス、ジャフナ、ティルチラーパッリと経由してロンドンを結ぶ運用を開始した[2][3]。さらに翌年にはシンガポールダーウィン経由シドニー行きの運航が始まった[4]

しかし、長距離便の運行に耐えきれなかったエア・セイロンは、英国海外航空(BOAC)がロンドンーコロンボ便にデ・ハビランド DH.106 コメットを導入した後の1953年9月にANAとの協力関係を解消した[5][6]。その後、ANAが保有していた49%の株式は1955年KLMオランダ航空が引き継いだ[7]

1956年2月21日、KLMからリースされたロッキード コンステレーションを用いてロンドン便が再開された[8]。その後この航空機は2年後にはスーパーコンステレーションへと置き換えられ、その後さらにロッキード L-188に置き換えられた。そして、L-188のリースはKLMとの関係が解消する1961年11月まで続けられた[9]。1962年4月、BOACのコメットが再びロンドン便へと投入された。同機はその後1965年11月にビッカース VC10に置き換えられた[10]

1964年以降はマドラスボンベイへの短距離便にアブロ 748が投入された。また、1967年にはノール262も導入された。同年にはバンダラナイケ国際空港が開港し、エア・セイロンのハブ空港となった。また、1969年にはホーカー・シドレー トライデントを購入し、1979年8月までの10年間地域路線で使用された[11][12]

1972年UTAが協力企業となり、同社から1機のダグラス DC-8が売却された。また、技術的支援も行われた。しかし、1976年9月には協力関係が解消し、その後はヨーロッパからの支援を受けなくなった[13]1979年、エア・セイロンの財政難を理由に同社は政府から閉鎖され、後継としてエア・ランカ(現スリランカ航空)が設立された。

これらの期間中、エア・セイロンは主に3つのルートで経由便を運行していた。ヨーロッパ向け、オーストラリア向け、インド向けの3ルートである。

就航都市編集

エア・セイロン就航都市
都市 空港 備考
  セイロン
アンパーラ アンパーラ空港
バッティカロア バッティカロア空港
コロンボ ラトゥマラナ空港 ハブ空港
バンダラナイケ国際空港 ハブ空港
ジャフナ ジャフナ空港
トリンコマリー トリンコマリー空港
アジア
  インド
マドラス チェンナイ国際空港
ボンベイ チャトラパティ・シヴァージー国際空港
ティルチラーパッリ ティルチラーパッリ空港
  パキスタン カラチ ジンナー国際空港
  モルディブ マレ イブラヒム・ナシル国際空港
  インドネシア ジャカルタ ケマヨラン空港英語版
  シンガポール シンガポール パヤ・レバー空港英語版
  タイ バンコク ドンムアン国際空港
  マレーシア クアラルンプール スバン国際空港
  イスラエル テルアビブ ベン・グリオン国際空港
  バーレーン マナーマ バーレーン国際空港
オセアニア
  オーストラリア
シドニー シドニー国際空港
ダーウィン ダーウィン国際空港
ヨーロッパ
  イギリス ロンドン ヒースロー国際空港
  フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港
  イタリア ローマ レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港
アフリカ
  エジプト カイロ カイロ国際空港

保有機材編集

運行を停止した1979年時点で保有していたのは、ホーカー・シドレー HS748ホーカー・シドレー トライデントが1機ずつであった。

過去に保有していた機材は以下の通り。

エア・セイロンの保有機材
機材 導入年 退役年
ノール262 1967年 1969年
ボーイング707
ボーイング720 1976年 1977年
コンベア990 1974年 1975年
デ・ハビランド DH.106 コメット 1962年 1965年
ダグラス DC-3 1947年 1976年
ダグラス DC-4 1949年 1953年
ダグラス DC-8 1972年 1978年
ホーカー・シドレー HS748 1964年 1979年
ホーカー・シドレー トライデント 1969年 1979年
ロッキード コンステレーション 1956年 1958年
ロッキード スーパー・コンステレーション 1958年 1960年
ロッキード L-188 1960年 1961年
シュド・カラベル
ビッカース VC10 1965年/1977年 1971年/1978年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Klee, Ulrich; Bucher (1978). JP Airline-Fleets International (78 ed.). Switzerland: Editions JP. ISBN 3857581123 
  2. ^ Flight International, 23 June 1949
  3. ^ Flight International, 3- February 1949
  4. ^ Flight International, 25 January 1950
  5. ^ Flight International, 17 April 1953
  6. ^ Flight International, 19 June 1953
  7. ^ Staniland, Martin (2003). Government Birds, Air Transport and the State in Western Europe. Lanham: Rowman & Littlefield Publishers. ISBN 0-7425-0124-8 
  8. ^ Flight International, 16 March 1956
  9. ^ Flight International, 14 September 1961
  10. ^ Flight International, 3 June 1965
  11. ^ Flight International, 29 May 1969
  12. ^ Klee, Ulrich; Bucher (1979). JP Airline-Fleets International (79 ed.). Switzerland: Editions JP 
  13. ^ Flight International, 26 June 1976