メインメニューを開く

エア・バルティック airBalticリガを本拠とするラトビアの国営航空会社である。ラトビアの「フラッグ・キャリア」であり、同時に格安航空会社としての運営を行っている。

airBaltic
AirBaltic logo.svg
IATA
BT
ICAO
BTI
コールサイン
AIRBALTIC
設立 1995年
ハブ空港 リガ国際空港
焦点空港 ヴィリニュス国際空港
タリン空港
マイレージサービス PINS
会員ラウンジ Business Lounge[1]
保有機材数 39機(31機発注中)
就航地 70
親会社 SASグループ
本拠地 リガラトビア
代表者 Martin Gauss(CEO
外部リンク http://www.airbaltic.com/
テンプレートを表示

1995年8月にスカンジナビア航空(SAS)とラトビア国家の共同事業としてスタートし、同年10月1日より営業運航を開始。1997年には貨物輸送部門を開始、2004年に社名をAir Balticから現行のairBalticに変更した。かつてはSASグループの地域航空会社の一つであり、マイレージサービスもSASのEuroBonusに加盟していた。現在ではSASとの資本関係を解消しており、2009年10月21日より独自のマイレージサービスであるBalticMilesを開始している。[2]

2017年定時運航率は90.01%を記録。世界の航空会社の中でトップとなった[1]

就航地編集

保有機材編集

運航機材編集

2019年8月現在、エア・バルティックの機材は以下の通りである。

エア・バルティック 運航機材一覧[3]
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
エアバスA220-300 19 31 145 30機のオプション購入権あり

以下3機の後継機

ボンバルディアDHC-8-400 12 76 2022年までに段階的に退役する予定
ボーイング737‐300 6 142 うち4機はWL装着機

2019年秋までにエアバスA220-300に置換予定

144
ボーイング737‐500 2 120 2019年秋までにエアバスA220-300に置換予定
合計 39 31

将来的にエア・バルティックの機材はエアバスA220-300に統一される予定である。また、エア・バルティックの機材はすべてモノクラスとなっている。

退役済機材一覧編集

サービス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2017年の航空会社と空港別定時運航率、トップはエア・バルティック JAL、ANA、SKYもトップ20に”. トラベルメディア・トライシー. 2018年2月23日閲覧。
  2. ^ Timetable (PDF) - airBartic
  3. ^ Fleet | About Us - airBaltic”. www.airbaltic.com. 2019年9月8日閲覧。

外部リンク編集