メインメニューを開く

エイトメン・アウト』(原題: Eight Men Out)は1988年制作のアメリカ映画。日本では劇場未公開。ジョン・セイルズ監督。

エイトメン・アウト
Eight Men Out
監督 ジョン・セイルズ
脚本 ジョン・セイルズ
原作 エリオット・アシノフ
製作総指揮 ジェリー・オフセイ
ペギー・ラジスキー
出演者 ジョン・キューザック
チャーリー・シーン
音楽 メイソン・ダーリング
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 ジョン・ティントーリ
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年9月2日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $5,680,515[2]
テンプレートを表示

原作は1963年に出版され、ブラックソックス事件を本格的に取り扱った。その映画化作品である。「登板試合で全力を出せば妻に危害が及ぶ」と謎の匿名の人物から脅迫されてわざと失点する場面があるが、のちに作者のエリオット・アジノフはこの場面は創作である事を認めている[3]

概略編集

ホワイトソックスのオーナーはチームに対して緊縮した財政をとることで知られていた。そのことは当然、選手の間でも不満の種であり地域での優勝のシャンパンは空けてもあふれ出ないような気の抜けた物が届けられいた。洗濯すらまともにされずホワイトソックスならぬブラックソックスと揶揄されていたプレイヤーの間でくすぶっていた鬱積は給与に結び付き許されるはずのない八百長…ギャンブルとそれに関わる裏社会と繋がっていった。裏社会からの脅しによってもはや勝つことは許されずホワイトソックスはワールドシリーズを敗北するが、それが不可解なものとして大々的に扱われることになる。

裁判とコミッショナー制度。アメリカ野球界を揺さぶったブラックソックススキャンダルは終身という保障の上のコミッショナーという強大な権限を生み出し、そのコミッショナーによる永久追放という言葉、それによって野球から消えることを余儀なくされた八人の選手を残して終わった。

後年、独立リーグのフィールドに立つ優秀な選手を、哀愁と憧憬の目で見る観客がいた。

名前を変えてもなお野球をプレイすることを止めない選手と追放されたことを背負い野球を失った観客という対比をし作品は終わる。

キャスト編集

悲運の8人(アンラッキー・エイト)
シカゴ・ホワイトソックスの他の選手・監督
その他

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Eight Men Out (1988) - Box Office/business imdb.com
  2. ^ Eight Men Out”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月20日閲覧。
  3. ^ Lefty Williams - BR Bullpen” (英語). Baseball-reference.com. 2013年10月22日閲覧。
  4. ^ 実際の彼は左打ちだったが、映画では右打ちになっている。Eight Men Out IMDB
  5. ^ 実際の彼は左投げだったが、映画では右投げになっている。 Eight Men Out IMDB

外部リンク編集