エイドリアン・カンポス

エイドリアン・カンポス・スニェルAdrián Campos Suñer, 1960年6月17日 - 2021年1月28日)は、スペインバレンシア県アルジラ英語版出身の元レーシングドライバー。正式なスペイン語発音に近いアドリアン・カンポスと表記されることもある。

エイドリアン・カンポス
基本情報
フルネーム アドリアン・カンポス・スニェル
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・バレンシア州アルツィーラ
生年月日 (1960-06-17) 1960年6月17日
没年月日 (2021-01-28) 2021年1月28日(60歳没)
F1での経歴
活動時期 1987-1988
過去の所属チーム '87-'88 ミナルディ
出走回数 21 (17スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1987年ブラジルGP
最終戦 1988年カナダGP
テンプレートを表示

ドライバー時代 編集

初期の経歴 編集

ラジコンカーのスペインチャンピオンになった後にサーキットレースに転じる。1983年から1985年にはドイツF3などで走り、1985年にはドイツF3選手権の年間ランキング3位に入賞し、1986年に国際F3000選手権にステップアップした。同年にはティレルF1マシンをテストした。

フォーミュラ1 編集

1987年 編集

 
デビューマシン「ミナルディ・M186[1]

1987年にスペインのジーンズメーカー「ロイス (Lois)」のスポンサーマネーを持ち込み、ミナルディのF1シートを獲得する。同年のミナルディのマシン「ミナルディ・M186[1]」に搭載されるモトーリ・モデルニエンジンの信頼性が極めて低く、カンポスの完走は年16戦でわずか1回(地元のスペインGP)にとどまった。チームメイトのアレッサンドロ・ナニーニも同様の理由から3回の完走しか果たせなかったが、予選・決勝ともにカンポスはナニーニに対して遅れを取った。

F1デビュー戦のブラジルGPでは、フォーメーションラップのスタート時に出遅れて他車に追い抜かれた後、スタート時に自身の16番手グリッドにそのまま付けたためにこれが問題視され、3周目に黒旗を提示されて失格処分を受けた。

1988年 編集

ミナルディで2年目を迎え、チームメイトは同じスペイン人ドライバーで前年のF3000ステファノ・モデナとチャンピオン争いをした新人ルイス・ペレス=サラが加入、イタリアンチームながらスペイン人コンビで挑むシーズン開幕となった。カンポスは予選でペレス=サラに対して開幕戦から5戦全敗した上[2]、第3戦モナコGP、第4戦メキシコGP、第5戦カナダGPの3戦連続で予選落ちすると、ジャンカルロ・ミナルディはシーズンの途中でカンポスをピエルルイジ・マルティニと交代させることを決断する。ミナルディチームからの公式発表では「カンポスはレーサーを引退して母国スペインでの後進の育成に携わることとなった」と発表された[3]。後任となったマルティニはその初戦デトロイトGPで6位に入賞し、ミナルディにF1初ポイントをもたらすという快挙を達成、カンポスにとって皮肉な結果となった。

スポーツカーレース 編集

以後は散発的にツーリングカーおよびスポーツカーレースへ参戦したが、1994年にはスペイン・ツーリングカーレースで成功し、シリーズチャンピオンとなった[4]。1997年にフェラーリ・333SPル・マン24時間レースに参戦し、これを最後にレーサーから完全に引退する。

チーム運営 編集

ドライバーから引退後は自身のレーシングチーム「カンポス・レーシング」を設立し、ニッサン・オープン・フォーチュナ選手権(後に「ワールドシリーズ・バイ・ニッサン」と改称)に参戦を始めた。1998年にこのチームの最初のドライバーとなったマルク・ジェネは、同選手権においてタイトルを獲得。そして翌1999年にはF1へとステップアップし、カンポス自身にとっても古巣であるミナルディからF1デビューした。

1999年には、後にF1史上最年少のワールドチャンピオンとなるフェルナンド・アロンソ(当時18歳)を同シリーズにおいてデビューさせた[5]。アロンソもチャンピオンとなり、国際F3000へとステップアップしていき、後にやはりミナルディからF1にデビューした。

その後、カンポス・レーシングは同選手権が改組されたワールドシリーズ・バイ・ルノーには行かずにGP2へと参戦カテゴリーを鞍替えし、「カンポス・グランプリ」「バルワ・インターナショナル・カンポス・チーム」へとチーム名を変えて参戦していたが、2008年にGP2からは撤退。2009年にF1の参戦権を得て、『カンポス・グランプリ』として2010年のF1世界選手権から参戦予定であった。しかし、スポンサー獲得などによる運営資金調達に難航し、シャシー製造を依頼していたダラーラへ支払う資金や参戦費用などが滞ったため、経営責任を問われ代表を辞任。チーム経営権も筆頭株主であるホセ・ラモン・カラバンテに譲渡し、カンポス自身は同組織の副社長に就任することが発表された[6]。以後、このチームは『HRT F1』としてF1参戦することとなった。

「カンポス・レーシング」としてはレーシングチームを再組織し、若手育成のためアンダーカテゴリーへの参戦を再開[7]。2014年にはアレックス・パロウを見出し[8]ユーロフォーミュラ・オープン選手権英語版にカンポス・レーシングとして参戦[9]。2015年にパロウと共にGP3シリーズにステップアップ。2017年には「FIA F2」としてリニューアルされたF2への再参戦を果たし、同年のFIAヨーロピアンF3でチャンピオンとなったランド・ノリスをF2最終戦に起用しF2デビューさせた。同年シリーズ終盤戦には全日本F3を戦い終えたパロウもF2にデビューさせている[10]。このほか、日本の佐藤万璃音2019年のFIA F2選手権にカンポス・レーシングから参戦した。

死去 編集

2021年1月28日、大動脈解離で死去。60歳没[11][12][13]

レース成績 編集

イギリス・フォーミュラ3選手権 編集

チーム シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
1983年 Avidesa Automoviles Avidesa 383 アルファロメオ SIL THR SIL DON THR SIL THR BRH SIL SIL
18
CAD SNE SIL DON OUL SIL OUL THR SIL THR NC 0

ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 編集

チーム シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
1983年 Avidesa Automoviles Avidesa 383 アルファロメオ VLL NÜR
C
ZOL
22
MAG
11
ÖST
dns
LAC
DSQ
SIL
18
MNZ
9
MIS
11
ZAN
Ret
KNU
Ret
NOG
Ret
JAR
7
IMO
Ret
DON
Ret
CET NC 0
1984年 VW モータースポーツ ラルト RT3 フォルクスワーゲン DON ZOL MAG
11
LAC
Ret
ÖST
9
SIL
10
NÜR
5
MNZ
4
PER
Ret
MUG
Ret
KNU
Ret
NOG
JAR
Ret
13位 5

ドイツ・フォーミュラ3選手権 編集

エントラント シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
1985年 フォルクスワーゲン・モータースポーツ ラルト RT30 VW ZOL
2
NÜR
4
HOC
4
WUN
3
AVU
5
ÖST
3
ERD
Ret
NOR
3
HOC2
Ret
DIE
4
ZOL2
2
SAL
2
SIE
9
NÜR2
3
3位 128

フランス・フォーミュラ3選手権 編集

エントラント シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1985年 フォルティ・コルセ ダラーラ・F385 フォルクスワーゲン NOG MAG LED PAU LAC ROU DIJ LEC NOG2 ALB CET LEC
8
- [14] - [14]

マカオグランプリ 編集

チーム 車両 予選 LEG1 LEG2 総合順位
1985年  フォルティ・コルセ ダラーラ・F385 / VW 26位 15位 Ret NC

国際F3000選手権 編集

エントラント シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1986年 ピーター・ゲシン・レーシング マーチ・86B コスワース DFV SIL
16
VLL
DNQ
PAU
Ret
SPA
DNQ
IMO
Ret
MUG
DNS
PER
DNQ
22位 1
ローラ・レーシング・リミテッド ローラ T86/50 コスワース DFV ÖST BIR BUG
Ret
JAR
6

フォーミュラ1 編集

所属チーム シャーシ タイヤ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1987年 ミナルディ M186[1] G BRA
DSQ
SMR
Ret
BEL
Ret
MON
DNS
DET
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
AUT
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
14
MEX
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
NC
(28位)
0
1988年 M188 G BRA
Ret
SMR
16
MON
DNQ
MEX
DNQ
CAN
DNQ
DET FRA GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN AUS NC
(34位)
0

(key)

スペインツーリングカー選手権 編集

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
1994年 アルファコルセ アルファロメオ・155 JAR
2
ALB
1
CAL
4
ALB
Ret
BAR
1
JER
Ret
BAR
1
ALC
2
JAR
4
JER
5
1位 132
1995年 JER
1

6
JER
2

3
JAR
1

5
JAR
2

4
BAR
1

4
BAR
2

8
EST
1

Ret
EST
2

4
ALB
1

5
ALB
2

4
CAL
1

5
CAL
2

4
ALB
1

7
ALB
2

8
JER
1

1
JER
2

1
BAR
1

Ret
BAR
2

Ret
JAR
1

6
JAR
2

8
7位 142

脚注 編集

  1. ^ a b c Auto e Piloti del Minardi Team 1987 Modello M186 ミナルディ公式ウェブサイト
  2. ^ スパニッシュ・ファイター ルイス・ペレス-サラインタビュー グランプリエクスプレス '88スペインGP号 10-11頁 1988年10月21日発行
  3. ^ カンポスの新しい人生 グランプリ・エクスプレス '88カナダGP号 28頁 1988年7月2日発行
  4. ^ Adrián Campos” (英語). Super Touring Register. 2021年2月14日閲覧。
  5. ^ エイドリアン・カンポスの急死に、サインツ父子やアロンソ、ジャンカルロ・ミナルディらから悲しみの声 オートスポーツweb 2021年1月29日
  6. ^ カンポス、ホセ・ラモン・カラバンテへのチーム売却を発表 2010年2月20日 F1-Gate.com
  7. ^ カンポスが契約した猛烈速そうなF3ドライバー F1stinger 2018年12月28日
  8. ^ スペインとホンダの新たな可能性を担うアレックス・パロウ【スペイン人ライターのインディコラム】 オートスポーツ 2020年3月4日
  9. ^ David, Gruz (2014年4月22日). “Palou secures full-time drive with Campos Racing”. Paddock Scout. http://www.paddockscout.com/palou-secures-full-time-drive-with-campos-racing/ 2015年2月23日閲覧。 
  10. ^ 全日本F3選手権とフォーミュラ・ルノーV8 3.5で優勝を経験したアレックス・パロウは、今季のFIA F2選手権残り2ラウンドにカンポスから出場する motorsport.com 2017年10月4日
  11. ^ Adrian Campos obituary: Ex-F1 driver and F2 team boss dies aged 60”. Autosport.com (2021年1月28日). 2021年2月9日閲覧。
  12. ^ Adrián Campos Suñer, Campos Racing Chairman and Founder, passes away”. camposracing.com (2021年1月28日). 2021年2月9日閲覧。
  13. ^ 【訃報】元F1ドライバーでカンポス・レーシングのオーナー、エイドリアン・カンポスが死去”. オートスポーツ (2021年1月28日). 2021年4月1日閲覧。
  14. ^ a b フランス選手権ではゲストドライバーのため選手権ポイント対象外。

外部リンク 編集