エイドリアン・カンポス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカンポス第二姓(母方の)はスニェルです。(Template:スペイン語圏の姓名

エイドリアン・カンポス・スニェルAdrián Campos Suñer, 1960年6月17日 - 2021年1月28日)は、スペインバレンシア県アルジラ英語版出身の元レーシングドライバーである。正式なスペイン語発音に近いアドリアン・カンポスと表記されることもある。

エイドリアン・カンポス
基本情報
フルネーム アドリアン・カンポス・スニェル
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・バレンシア州アルツィーラ
生年月日 (1960-06-17) 1960年6月17日
没年月日 (2021-01-28) 2021年1月28日(60歳没)
F1での経歴
活動時期 1987-1988
過去の所属チーム '87-'88 ミナルディ
出走回数 21 (17スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1987年ブラジルGP
最終戦 1988年カナダGP
テンプレートを表示

ドライバー時代編集

F1以前の経歴編集

ラジコンカーのスペインチャンピオンになった後にサーキットレースに転じる。1983年から1985年にはドイツF3などで走り、1985年にはドイツF3選手権の年間ランキング3位に入賞し、1986年にはヨーロッパF3000選手権にステップアップした。同年にはティレルF1マシンをテストした。

F1時代編集

1987年編集

 
デビューマシン「ミナルディ・M187

1987年に下位チームのミナルディチームからデビューしたが、この年の同チームのマシン「ミナルディ・M187」に搭載されるモトーリ・モデルニエンジンの信頼性が極めて低く、カンポスの完走は年16戦でわずか1回(地元のスペインGP)にとどまり、つらいデビューとなった。チームメイトのアレッサンドロ・ナニーニも同様の理由から3回の完走しか果たせなかったが、予選・決勝ともに内容としてはカンポスはナニーニに対して遅れを取った。

またデビュー戦の1987年ブラジルGPでは、フォーメーションラップのスタート時に出遅れて他車に追い抜かれた後、スタート時に自身の16番手グリッドにそのまま付けたためにこれが問題視され、3周目に黒旗を提示されて失格となっている。

1988年編集

翌1988年はこの年デビューで、同じくスペイン人ドライバーのルイス・ペレス=サラがチームメイトとなったが、カンポスは予選で完敗した上、出走台数が多かったこともあり第3戦モナコGP、第4戦メキシコGP、第5戦カナダGPの3戦に連続で予選落ちすると、シーズンの途中でピエルルイジ・マルティニと交代させられた。カンポスはF1において全21戦にエントリーしたが、最後の3回の予選落ちにより、出走回数としては18戦を数えるにとどまった。

F1後の経歴編集

F1から去ってからはスペイン国内のツーリングカーレースで成功し、1994年にはスペインのツーリングカー選手権でチャンピオンとなった[1]。1997年にはフェラーリ・333SPでル・マン24時間レースにも参戦した。

2021年1月28日、大動脈解離で死去。60歳没[2][3][4]

チーム運営編集

ドライバーを引退してからは自身のレースチーム「カンポス・レーシング」を設立し、ニッサン・オープン・フォーチュナ選手権(後に「ワールドシリーズ・バイ・ニッサン」と改称)に参戦を始めた。1998年にこのチームの最初のドライバーとなったマルク・ジェネは、同選手権においてタイトルを獲得。そして翌1999年にはF1へとステップアップし、カンポス自身にとっても古巣であるミナルディからF1デビューした。

1999年には、後にF1史上最年少のワールドチャンピオンとなるフェルナンド・アロンソ(当時18歳)を同シリーズにおいてデビューさせた。アロンソも即座にチャンピオンとなり、国際F3000へとステップアップしていき、後にやはりミナルディからF1にデビューした。

その後、カンポス・レーシングは同選手権が改組されたワールドシリーズ・バイ・ルノーには行かずにGP2へと参戦カテゴリーを鞍替えし、「カンポス・グランプリ」「バルワ・インターナショナル・カンポス・チーム」へとチーム名を変えて参戦していたが、2008年にGP2からは撤退。2009年にF1の参戦権を得て、『カンポス・グランプリ』として2010年のF1世界選手権から参戦予定であった。しかし、スポンサー獲得などによる運営資金調達に難航し、シャシー製造を依頼していたダラーラへ支払う資金や参戦費用などが滞ったため、経営責任を問われ代表を辞任。チーム経営権も筆頭株主であるホセ・ラモン・カラバンテに譲渡し、カンポス自身は同組織の副社長に就任することが発表された[5]。以後、このチームは『HRT F1』としてF1参戦することとなった。

「カンポス・レーシング」としてはレーシングチームを再組織し、若手育成のためアンダーカテゴリーへの参戦を再開[6]。2014年にはアレックス・パロウを見出し[7]ユーロフォーミュラ・オープン選手権英語版にカンポス・レーシングとして参戦[8]。2015年にパロウと共にGP3シリーズにステップアップ。2017年には「FIA F2」としてリニューアルされたF2への再参戦を果たし、同年のFIAヨーロピアンF3でチャンピオンとなったランド・ノリスをF2最終戦に起用しF2デビューさせた。同年シリーズ終盤戦には全日本F3を戦い終えたパロウもF2にデビューさせている[9]。このほか、日本の佐藤万璃音2019年のFIA F2選手権にカンポス・レーシングから参戦した。

レース成績編集

マカオグランプリ編集

チーム エンジン 周回 合計タイム LEG1 LEG2 総合順位
1985年  フォルティ VW 15 15 Ret NC

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1987年 ミナルディ M187 BRA
DSQ
SMR
Ret
BEL
Ret
MON
DNS
DET
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
AUT
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
14
MEX
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
NC
(28位)
0
1988年 M188 BRA
Ret
SMR
16
MON
DNQ
MEX
DNQ
CAN
DNQ
DET FRA GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN AUS NC
(34位)
0

(key)

スペインツーリングカー選手権編集

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
1994年 アルファコルセ アルファロメオ・155 JAR
2
ALB
1
CAL
4
ALB
Ret
BAR
1
JER
Ret
BAR
1
ALC
2
JAR
4
JER
5
1位 132
1995年 JER
1

6
JER
2

3
JAR
1

5
JAR
2

4
BAR
1

4
BAR
2

8
EST
1

Ret
EST
2

4
ALB
1

5
ALB
2

4
CAL
1

5
CAL
2

4
ALB
1

7
ALB
2

8
JER
1

1
JER
2

1
BAR
1

Ret
BAR
2

Ret
JAR
1

6
JAR
2

8
7位 142

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集