メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアドリアンサ第二姓(母方の)はパルマです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • エイーレ・エイドリアンサ
  • エイーレ・エイドリアンザ
  • エイレイ・エイドリーアンザ
  • エイーレ・アドリアンザ
  • アーリー・アドリアンサ

エイーレ・エンリケ・アドリアンサ・パルマEhire Enrique Adrianza Palma , 1989年8月21日 - )は、ベネズエラミランダ州グアレナス出身のプロ野球選手内野手)。MLBミネソタ・ツインズ所属。

エイーレ・アドリアンサ
Ehíré Adríanza
ミネソタ・ツインズ #16
Ehíré Adríanza before the 2016 NL Wild Card Game (cropped).jpg
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ミランダ州グアレナス
生年月日 (1989-08-21) 1989年8月21日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2006年 アマチュア・フリーエージェントとしてサンフランシスコ・ジャイアンツと契約
初出場 2013年9月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

かつてシカゴ・ホワイトソックスの選手・監督だったオジー・ギーエン叔父にあたる。

なお、「Ehire Adrianza」は、英語では「エイレイ・エイドリーアンザ」 (発音:AY-ray A-dree-AHN-zah[注釈 1])[1]がより近い発音で、スペイン語では「エイーレ・アドリアンサ」が近い。また「Ehire」を「アーリー」と呼ぶ場合もある。愛称はガレネーロ[2]

目次

経歴編集

プロ入りとジャイアンツ時代編集

2006年4月26日サンフランシスコ・ジャイアンツと契約。傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・ジャイアンツでプロデビュー。44試合に出場して打率.156・7打点・3盗塁の成績を残した。

2007年もルーキー級ドミニカン・サマーリーグでプレーし、66試合に出場して打率.241、30打点、23盗塁の成績を残した。

2008年はまずルーキー級アリゾナリーグ・ジャイアンツでプレー。15試合に出場して打率.255・1本塁打・6打点の成績を残した。7月にはAAA級フレズノ・グリズリーズに昇格し、2試合に出場した。9月からA-級セイレムカイザー・ボルケーノズ英語版でプレーし、1試合に出場した。

2009年はA級オーガスタ・グリーンジャケッツ英語版でプレーし、117試合に出場して打率.258・2本塁打・46打点・7盗塁の成績を残した。

2010年はA+級サンノゼ・ジャイアンツ英語版でプレーし、124試合に出場して打率.256・3本塁打・35打点・33盗塁の成績を残した。

2011年はA級オーガスタでプレーし、38試合に出場して打率.231・3本塁打・17打点・3盗塁の成績を残した。6月下旬からA+級サンノゼでプレーし、56試合に出場。打率.300、3本塁打、27打点、5盗塁の成績を残した。

2012年3月10日40人枠入りを果たした[3]。AA級リッチモンド・フライングスクウォーレルズでプレーし、127試合に出場して打率.220・3本塁打・32打点・16盗塁の成績を残した。

2013年は開幕をAA級リッチモンドで迎え、73試合に出場して打率.240・2本塁打・23打点・11盗塁という成績で、7月にAAA級フレズノ・グリズリーズに昇格。45試合に出場し、打率.310、12打点、6盗塁だった。9月3日にメジャー初昇格を果たし、9月8日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビュー。2対2の延長11回裏にヘクター・サンチェス代走として起用された。アンヘル・パガンのサヨナラ安打で生還し、チームは3対2で勝利した[4]9月22日ニューヨーク・ヤンキース戦では6回表にアンディ・ペティットから初本塁打を記録した。この年メジャーでは9試合に出場して打率.222・1本塁打・3打点の成績を残した。

2014年は途中出場での起用が中心ながらも、開幕戦からベンチ入りするなど、前年から出番を大きく増やし、53試合に出場した。打率.237・5打点を記録したが、本塁打はなかった。守備面では、一塁手を除く内野の全ポジションを守り、二塁手の25試合が最多であった。7月25日に右ハムストリングの張りで故障者リストに入った後は復帰しないままシーズンを終えた[5]

2015年4月5日DFAとなり、4月11日にAAA級サクラメント・リバーキャッツに降格した[5]6月30日ケーシー・マギーのDFAに伴ってメジャー契約を結んで25人ロースター入りした[5]

2017年1月24日ニック・ハンドリーの獲得に伴ってDFAとなった[5][6]

ツインズ時代編集

2017年1月31日ウェイバー公示を経てミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[7][5]2月2日ヘスス・アギラルの獲得に伴ってDFAとなった[8]2月6日に再びウェイバー公示を経てミネソタ・ツインズへ移籍した[9]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2013 SF 9 20 18 3 4 1 0 1 8 3 0 0 1 0 1 0 0 5 1 .222 .263 .444 .708
2014 53 106 97 10 23 6 0 0 29 5 1 1 2 1 5 1 1 22 2 .237 .279 .299 .578
2015 52 134 113 11 21 7 1 0 30 11 3 2 2 0 15 0 4 20 2 .186 .303 .265 .569
2016 40 71 63 3 16 2 0 2 24 7 0 1 4 0 2 0 2 13 0 .254 .299 .381 .679
2017 MIN 70 186 162 30 43 9 2 2 62 24 8 1 1 6 16 1 1 25 0 .265 .324 .383 .707
2018 114 366 335 42 84 23 1 6 127 39 5 1 4 2 24 2 1 82 4 .251 .301 .379 .680
MLB:6年 338 883 788 99 191 48 4 11 280 89 17 6 14 9 63 4 9 167 9 .242 .303 .355 .658
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 53(2013年)
  • 6(2014年)
  • 1(2015年 - 2016年)
  • 16(2017年 - )

脚注編集

  1. ^ Ehire Adrianza Statistics and History - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年1月4日閲覧。
  2. ^ Twins Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月30日閲覧
  3. ^ Giants agree with 19 players ESPN MLB
  4. ^ Pagan drives in winning run in Giants 3-2 win Sports Illustrated
  5. ^ a b c d e MLB公式プロフィール参照。2017年2月7日閲覧。
  6. ^ Chris Haft (2017年1月24日). “Giants, Hundley agree on 1-year deal for '17” (英語). MLB.com. 2017年1月25日閲覧。
  7. ^ Cash Kruth (2017年1月31日). “Brewers claim infielder Adrianza from Giants” (英語). MLB.com. 2017年2月1日閲覧。
  8. ^ Brewers claim Triple-A homer champ Aguilar” (英語). MLB.com (2017年2月2日). 2017年2月3日閲覧。
  9. ^ Joe Trezza (2017年2月6日). “Twins claim versatile Adrianza from Brewers” (英語). MLB.com. 2017年2月7日閲覧。

注釈編集

  1. ^ 発音記号「A」「AY」は「エイ」、「AH」の場合「H」は長音記号ではなくローマ字読みを意味するため「ア」、「AA」は「アー」となる。

関連項目編集

外部リンク編集