メインメニューを開く

エガオヲミセテは、日本競走馬である。中央競馬マイラーズカップ阪神牝馬特別などを制した。命名は「オレハマッテルゼ」「モチ」などの珍名馬を所有している小田切有一で、日本中央競馬会 (JRA) 所属の競走馬として初めて、名前に「」の文字を使った馬である(1997年より競走馬名登録の際には条件付きで「ヲ」の使用を認めるようになった)。

エガオヲミセテ[1]
欧字表記 Egao o Misete[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栃栗毛[1]
生誕 1995年5月27日[1]
死没 2000年2月11日(6歳没・旧表記)
登録日 1997年8月7日
抹消日 2000年2月11日
サンデーサイレンス[1]
カーリーエンジェル[1]
母の父 ジャッジアンジェルーチ[1]
生国 日本の旗 日本北海道早来町[1]
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 小田切有一[1]
調教師 音無秀孝栗東[1]
競走成績
生涯成績 19戦4勝[1]
獲得賞金 2億3539万6000円[1]
 
勝ち鞍
GII 阪神牝馬特別 1998年
GII マイラーズC 1999年
テンプレートを表示

馬齢は旧表記で記載

戦績編集

3歳時編集

栗東音無秀孝厩舎へ入厩。1997年11月2日京都競馬場での芝1400mの新馬戦でデビュー。名牝ダイナカールの孫で叔母はエアグルーヴ、そして父はサンデーサイレンスという血統から1番人気に支持されるが、18頭中15着と期待を大きく裏切ってしまった。しかし3週間後の新馬戦で、後にフラワーカップを勝つスギノキューティーらを相手に1着となり、素質の片鱗を見せた。

4歳時編集

明けて1998年阪神の忘れな草賞では9着に敗れたが、続く東京スイートピーステークスに勝ち、優駿牝馬(オークス)の優先出走権を獲得した。

5月31日に行われた第59回優駿牝馬では、直前に負った外傷のため十分に調整ができず、馬体重は前走から18kg増えており、また、2400mという距離や、逃げたロンドンブリッジの1000m通過62秒8という超スローペースにも惑わされたのか、結果は15着と惨敗に終わった。続いて1ヶ月後、マーメイドステークスに4歳馬でただ1頭出走し古馬と対戦。0秒2差でランフォザドリームの3着と健闘した。その後は秋競馬に向けて休養に入ったが調整が思うようにいかず、トライアルを使わずに秋華賞へ直行することとなった。

10月25日第3回秋華賞に出走。スタートから前につけて積極策に出たが、直線でかわされてファレノプシスの4着に敗れた。そして第23回エリザベス女王杯にも出走したが、メジロドーベルの8着であった。

12月20日阪神牝馬特別では出走13頭中6番人気とあまり評価は高くなかったが、桜花賞優勝馬キョウエイマーチ、優駿牝馬(オークス)優勝馬エリモエクセルらを相手に直線で抜け出し、2馬身差で重賞初勝利を飾った。

5歳から6歳時編集

1999年、休養をはさまずに京都牝馬特別に出走し、8着に終わる。続いて3月7日マイラーズカップに出走すると、スタートから好位置につけ、逃げたキョウエイマーチを直線でかわして重賞2勝目。ファレノプシスやマチカネフクキタルアインブライドといったGI馬4頭を退けての勝利だった。

その後京王杯スプリングカップ安田記念に出走したが、それぞれ8着と6着。さらに前年に続いてマーメイドステークスに出走する。安田記念から中1週であったが、エリモエクセルの3着と善戦した。

秋は朝日チャレンジカップから始動して5着。続く府中牝馬ステークスでは1番人気に推され、道中2番手につけて重賞3勝目を狙うも、エリモエクセルにかわされ2着となった。その後エリザベス女王杯に出走すると、距離適性が疑問視されたが、メジロドーベルの3着に粘った。距離1600mの阪神牝馬特別では再び1番人気に推されたが、直線で次々とかわされ9着に終わった。そして年が明けて2000年1月30日に出走した東京新聞杯でも直線で伸びず、14着と大敗した。

その後復活を期して放牧に出されたが、放牧先での火災により死亡した(下記参照)。

山元トレーニングセンター火災編集

宮城県亘理郡山元町にある社台グループ山元トレーニングセンターで、2000年2月11日未明、厩舎1棟が全焼した。発見されたときにはすでに火が回っており初期消火ができる状態ではなく、中にいた30頭の馬のうち救出できたのは8頭だけで、22頭は焼死。放牧に出されたばかりのエガオヲミセテもその中の1頭であった。焼失したのは火元の厩舎1棟のみで、隣の厩舎にいた共同通信杯4歳ステークスを勝ったイーグルカフェや、4歳牝馬特別を勝ったフサイチエアデールなどは難を逃れた。原因は漏電と見られており、被害総額は数十億円規模のものという。

火災から3日後の2月14日、東京競馬場のダイヤモンドステークスに、エガオヲミセテと同じ音無厩舎のユーセイトップラン後藤浩輝を鞍上に出走した。長く惨敗が続いていたため、7番人気とあまり評価は高くなかった。いつもなら最後の直線で追い込む競馬をする馬だが、この日は後方から2番手あたりにつけていた3コーナー手前から一気にロングスパート。4コーナーで先頭に立ち、そのまま押し切ってゴール。1年3ヶ月ぶりに会心の勝利を挙げた。この勝利について音無は、「天国のエガオが後押ししてくれたんだと思う」と答えた。また同日、このレースの直後に京都で行われたきさらぎ賞では兄・スターシャンデリアが同じ火災で犠牲となった、武豊騎手騎乗のシルヴァコクピットが直線鋭く伸びて1着になるなど、東西ともに山元トレセン火災での追悼を思わせる、ドラマのような出来事となった(サンスポ紙佐藤洋一郎記者は深い哀悼の意を紙面コラムへ掲載、ユーセイトップラン、シルヴァコクピットを単勝予想した)。

火災直後も音無は小田切から所有馬を預託されており、その中の一頭に『ゲンキヲダシテ』がいる。

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ 人気 着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム(上り3F 着差 勝ち馬(2着馬)
1997 11 2 京都 3歳新馬 18 2 3 2.4 1 15着 武豊 53kg 芝1400m(良) 1.25.1 (35.9) 2.2 タヤスレイア
11 22 京都 3歳新馬 11 8 10 7.0 4 1着 武豊 53kg 芝1400m(稍) 1.23.4 (36.4) 0.2 (スギノキューティー)
1998 4 11 阪神 忘れな草賞 OP 14 5 7 32.2 8 9着 藤田伸二 54kg 芝2000m(良) 2.03.6 (35.6) 0.9 エリモエクセル
5 10 東京 スイートピーS OP 14 2 2 6.2 3 1着 柴田善臣 54kg 芝1800m(良) 1.48.3 (35.0) 0.2 (ダンツプリンセス)
5 31 東京 優駿牝馬(オークス) GI 18 5 9 24.4 9 15着 柴田善臣 55kg 芝2400m(良) 2.30.4 (37.4) 2.3 エリモエクセル
6 28 阪神 マーメイドS GIII 13 3 3 9.1 5 3着 高橋亮 51kg 芝2000m(良) 2.00.2 (35.1) 0.2 ランフォザドリーム
10 25 京都 秋華賞 GI 18 2 3 35.5 11 4着 四位洋文 55kg 芝2000m(良) 2.02.8 (36.6) 0.4 ファレノプシス
11 15 京都 エリザベス女王杯 GI 14 5 7 36.6 6 8着 四位洋文 54kg 芝2200m(良) 2.13.7 (34.0) 0.9 メジロドーベル
12 20 阪神 阪神牝馬特別 GII 13 5 7 19.9 6 1着 高橋亮 53kg 芝1600m(良) 1.34.7 (35.0) 0.3 アドマイヤサンデー
1999 1 30 京都 京都牝馬特別 GIII 16 6 11 3.6 2 8着 高橋亮 55kg 芝1600m(良) 1.36.0 (35.7) 0.8 マルカコマチ
3 7 阪神 マイラーズC GII 14 3 4 12.7 7 1着 河内洋 54kg 芝1600m(稍) 1.35.6 (36.5) 0.1 キョウエイマーチ
5 15 東京 京王杯SC GII 18 5 10 26.7 7 8着 河内洋 55kg 芝1400m(良) 1.21.0 (34.0) 0.5 グラスワンダー
6 13 東京 安田記念 GI 14 8 13 52.5 11 6着 河内洋 56kg 芝1600m(良) 1.34.0 (36.1) 0.7 エアジハード
6 27 阪神 マーメイドS GIII 15 6 11 5.0 3 3着 高橋亮 56kg 芝2000m(重) 2.04.0 (36.6) 0.1 エリモエクセル
9 12 阪神 朝日CC GIII 12 5 5 6.9 4 5着 武豊 56 芝2000m(良) 2.00.0 (36.1) 0.5 ツルマルツヨシ
10 17 東京 府中牝馬S GIII 14 5 7 2.7 1 2着 蛯名正義 55 芝1800m(良) 1.47.6 (34.8) 0.1 エリモエクセル
11 14 京都 エリザベス女王杯 GI 18 1 1 16.7 5 3着 蛯名正義 56 芝2200m(良) 2.13.7 (35.2) 0.2 メジロドーベル
12 19 阪神 阪神牝馬特別 GII 16 7 14 3.3 1 9着 M.デムーロ 55 芝1600m(良) 1.34.7 (36.2) 1.1 ハイフレンドコード
2000 1 30 東京 東京新聞杯 GIII 16 6 11 37.8 8 14着 吉田豊 57 芝1600m(良) 1.34.8 (36.3) 1.2 ダイワカーリアン

血統表編集

エガオヲミセテ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

カーリーエンジェル
1990 栗毛
*ジャッジアンジェルーチ
Judge Angelucci
1983 栗毛
Honest Pleasure What a Pleasure
Tularia
Victorian Queen Victoria Park
Willowfield
母の母
ダイナカール
1980 鹿毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
Northern Dancer
Lady Victoria
シャダイフェザー *ガーサント
*パロクサイド
母系(F-No.) パロクサイド系(FN:8-f)
5代内の近親交配 Victoria Park 4×5 = 9.38%
出典
  1. ^ 血統情報:5代血統表|エガオヲミセテ|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年5月15日閲覧。

全弟2006年高松宮記念などを制したオレハマッテルゼ、甥に2009年アンタレスステークスを制したウォータクティクスがいる。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o エガオヲミセテ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ エガオヲミセテの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月20日閲覧。
  3. ^ エガオヲミセテ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。

外部リンク編集