メインメニューを開く

エキサイティング競馬 (福島テレビ)

エキサイティング競馬(エキサイティングけいば)は、福島テレビ福島競馬の従場開催時に放送している競馬中継のテレビ番組

概要編集

2003年までは競馬中継(日曜)・土曜競馬中継(土曜)という番組名で放送されていたが、2004年より現在の番組名となった。

福島競馬の実況は自局のアナウンサーが担当。それ以外の競馬場のレース実況は、土曜はテレビ東京KBS京都、日曜はフジテレビ関西テレビの実況を使用している。主場開催となる7月の日曜日の実況も原則として福島テレビのアナウンサー(下記参照)が担当する。

福島競馬が主場開催の場合や、その他の開催(東京中山・夏季新潟競馬)は「ウイニング競馬」(土曜)・「みんなのKEIBA2007年12月まではスーパー競馬2009年12月まではみんなのケイバ)」(日曜)が放送される。(それらの場合、著作はキー局にあるがFTVも技術協力として制作に参加)

またFNSの日やゴルフ中継などの特別番組を放送するために当番組や「みんなのKEIBA」が休止される時は、替わりに「ウイニング競馬」が福島中央テレビNNS系列)または福島放送ANN系列)で放送される場合もある。

なお馬インフルエンザによる開催休止により、2007年秋の第3回福島競馬に代替開催として組み込まれた2日間(11月17日・18日)は「ウイニング競馬」(土曜)・「スーパー競馬」(日曜)が放送され、当番組の放送はなかった。

2008年第1回開催時から、HDでの中継を開始。HD大型中継車は仙台放送からレンタルして中継を行っている。

かつては、出馬表・オッズ・配当等の表示が番組独自のもの(東海テレビで使用したものと同じ)を使用していたが、2010年第1回開催時から2018年第3回開催時まで、「みんなのKEIBA」と同様のものになった。このためテレビ東京の競馬中継番組『ウイニング競馬』でもフジテレビ制作『みんなのKEIBA』のテロップ画面が放送されていた。2019年第1回開催から再び番組独自のものになった。

2011年東日本大震災により福島競馬場が被害を受けたため、第1〜3回開催が中止となった[1]。また、この震災の影響により福島テレビでは関連ニュースを伝えたため3月19日・20日・26日・27日の競馬中継のネット受けを中止した[2][3]。そのため番組自体の放送も無し(ただし実況アナウンサーは他の競馬場に応援出向する日があった)。

放送時間編集

  • 土曜・日曜 15:00-16:00(福島競馬の従場開催時)
    • 以前は福島競馬の開催初日や一部のGI級競走当日には放送時間が拡大された場合もあった。

出演者編集

2018年第3回福島競馬時点

司会・アシスタント編集

実況アナウンサー編集

解説者編集

(参考)福島主場開催時のみんなのKEIBAの解説

過去の出演者編集

司会
実況アナウンサー

脚注編集

関連記事編集