エキュメニカル審査員賞

カンヌ国際映画祭 エキュメニカル審査員賞(カンヌこくさいえいがさいエキュメニカルしんさいんしょう、Prix du jury œcuménique)は、カンヌ国際映画祭の独立部門のひとつ。1974年から授与されている。

目次

概要編集

エキュメニカルとはキリスト教の教会統一の意。キリスト教徒の映画製作者、映画批評家らにより、1974年にカンヌ国際映画祭の独立部門として創設された。カトリックとプロテスタントの審査員6名によって選ばれる。

受賞者の傾向編集

受賞者の国籍は欧州が多く、特にイタリアドイツポーランドの占める割合が高い。

キリスト教国でないアジア諸国からは、いままでに5人が選出されている。1994年のチャン・イーモウ(『活きる』)、2000年の青山真治(『EUREKA』)に加え、イランからは2001年のモフセン・マフマルバフ(『カンダハール』)、2003年のサミラ・マフマルバフAt Five in the Afternoon)、2013年のアスガル・ファルハーディー(『ある過去の行方』)の3人が選ばれている。またサミラ・マフマルバフは女性で唯一の受賞者である。

2009年にはラース・フォン・トリアーの『アンチクライスト』の内容が反キリスト教的だとして、皮肉の意味を込め「アンチ・アワード」を与えた。

関連項目編集

外部リンク編集