エクスプレッション (ジョン・コルトレーンのアルバム)

ジョン・コルトレーンのアルバム
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
Allmusic4/5stars [1]

エクスプレッション』(Expression)は、ジョン・コルトレーン遺作アルバム。制作はボブ・シール。タイトル曲はコルトレーン最後のスタジオ録音であった。アルバムの残りの曲は、『インターステラー・スペース(Interstellar Space)』とほぼ同時に録音された。2曲目「to be」ではコルトレーンがフルートを吹き、ファラオ・サンダースが加わった。コルトレーンは1967年7月17日に亡くなり、同年9月に本アルバムはインパルス・レコードから発売された。

曲目リスト編集

コルトレーン作曲。

  1. "Ogunde" – 3:38
  2. "To Be" – 16:22
  3. "Offering" – 8:27
  4. "Expression" – 10:53
  5. "Number One" – 11:55 1993年の再発CDのボーナス・トラック。 以前は『The Mastery of John Coltrane, Vol. 3: Jupiter Variation』に収録されていた。

録音:1967年2月15日(#2); 1967年3月7日(#1、3、5)、不明(#4)。

 担当者 編集

 
コルトレーンの肖像

参照編集