メインメニューを開く
エクセター事件の位置(ニューハンプシャー州内)
エクセター事件
ニュー・ハンプシャー州ケンジントンの位置

エクセター事件(エクセターじけん、英語:Exeter incident)は、1965年9月3日に、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ケンジントンの近くエクセターの南約5kmで起きた、大きく公表されたUFO目撃である。9月3日までの数週間でいくつかの目撃はそれぞれ無数の目撃者によってなされていたけれども、特定の事件が結局のところ、断然、有名になり、地元のティーンエージャーと2人の警察官が関わった。『Skeptical Inquirer』の2011年11月/12月版は、目撃者らによって報告された詳細に基づく事件の説明を提供した。

マスカレロ(Muscarello)の目撃編集

1965年9月3日午前2時ころ、ノーマン・マスカレロ(Norman Muscarello)は、ハイウェー150でエクセターの両親の家までヒッチハイクをしていた。マスカレロ(18歳)は、ハイ・スクールを最近、卒業して、アメリカ海軍にはいろうとしていた。彼は、マサチューセッツ州エームズベリー(Amesbury)の近くのガールフレンドの両親の家を訪ねていた。彼は車を所有していなかったから、ガールフレンドの家との往復に乗せてもらおうとしていた。しかしながら、夜のその時刻では、ハイウェーの交通はほとんど無く、彼は歩いているうちに、近くの森で5つの赤い閃光灯が光っているのに気づいた。光は森と近くの農場内住宅を照らしていた。(農場はダイニング(Dining)家のもので、一家はそのとき不在であった)光はまもなく彼の方へ移動し、するとマスカレロは恐ろしくなり、溝に跳び込んだ。光は動き去り、ダイニングの農場内住宅の近くで空中静止し、それから森の中に戻った。マスカレロは農場内住宅に走り、ドアをどんどんとたたき、わめいて助けを求めたが、しかしだれも応えなかった。道路を車が下ってくるのが見えたとき、彼は道路へ走り込み、むりやりそれを停めた。車のなかのカップルは、彼をエクセター警察署に乗せていった。

警察署で、マスカレロは、夜勤の警察官レジナルド・トーランド(Reginald Toland)に話をした。トーランドはマスカレロを知っていて、その恐怖と興奮状態に強く印象づけられた。トーランドは、警察官ユージーン バートランド, Jr.(Eugene Bertrand, Jr.)に無線連絡をしたが、彼はその晩もっと早くにハイウェー108で車内で座っている苦しんでいる女性の車とすれ違った。バートランドが止まって、問題があるのか訊ねると、その女性は彼に、「赤い閃光灯のある巨大な物体」("huge object with flashing red lights")に12マイル (19 km)にわたって後を付けられ、車の上方で止まってそれから飛び去ったと語った。バートランドは彼女を「変人」("kook")だと思ったが、しかし約15分間、彼女と居ると、やがて彼女は落ち着き、ふたたび運転を始める用意ができた。

バートランドは、警察署に着き、マスカレロの話を聞いたのち、マスカレロとともにダイニングの農場に戻ることに決め、彼がUFOを見た原を調査した。

警察官バートランドとハント編集

バートランドは、マスカレロを乗せて目撃地点に戻った。バートランドのパトロール・カーからは異常なものはなにも見えなかった。しかしながら彼らが車から出て、マスカレロが最初に物体を見た森のほうへ歩くと、近くの牧場の数頭のウマが厩を蹴ったり、大きなおびえた音を立てたりしはじめた。地域の複数のイヌもまた吠え始めた。バートランドとマスカレロは2人とも、牧場の向こうの森から物体が飛び立つのを見た。バートランドはUFOを「赤い閃光灯のある、この巨大な黒っぽい、あそこの納屋なみの大きさの物体」("this huge, dark object as big as a barn over there, with red flashing lights on it")と形容した。物体は前後に揺れながら彼らのほうへゆっくり移動した。おもわず警察訓練を思い出して、バートランドは片膝を着き、ピストルを抜き、物体を狙った。彼はそれからもし発砲すればそれは賢明ではないと決めたので、ピストルをホルスターに戻し、マスカレロをひっつかみ、そして男性はふたりともパトロール・カーに駆け戻った。バートランドはもう1人のエクセターの警察官デヴィッド・ハント(David Hunt)に無線で助けを求め、そしてハントの到着を待つ間、彼らは物体を見守り続けた。UFO歴史家ジェローム・クラーク(Jerome Clark)によれば、バートランドとハントは、「見た物体は100フィート先で高さ100フィートで空中静止していた。脈動している赤色灯は高速連続で、最初は右から左に、それから左から右に、閃光を発し、それぞれのサイクルは2秒間もかからなかった。[地元の]動物らは、興奮した動作を続けた。[1]ハントが着いたとき、彼も奇妙な物体を見守った。物体は最後には森の上を飛び去り、姿を消した。ハントはまもなく、B-47 爆撃機が頭上を飛ぶのを見て、そして彼はのちに、ジャーナリスト ジョン G. フラー(John G. Fuller)に、UFOと爆撃機の「見分けは付くだろう」("You could tell the difference")、「比べものにならない」("there was no comparison")と語った。[2]3人の男性全員はエクセター警察署に車で戻り、ただちに自分たちが見た内容の別々の報告をファイルした。バートランドはそれからマスカレロを家まで車に乗せ、彼の母親にいきさつを話した。

ほかのエクセターの目撃編集

マスカレロと2人の警察官による目撃は、国民的評判を受け取った。『Saturday Review』のジャーナリストでレギュラー・コラムニストのジョン G. フラーは、エクセターに行き、調査することに決めた。フラーは、エクセター地域の多くの人にインタヴューし、彼らは奇妙な光よ異例な物体を目撃したことがあると主張した。そのなかにはロン・スミス(Ron Smith)が居て、彼はエクセター・ハイ・スクール(Exeter High School)のシニアで、彼はフラーに、自分はマスカレロの目撃の2、3週間後の、ある夜11時30分に母親、おばとともに車に乗っていたと語った。スミスによれば、彼、彼の母親、そしておばの全員は、或る物体を見たが、それは「上に赤いライト、底は白く ていた。それは回転しているように見えた。それはいったん車の上を通過して正面にまわり、中空に停まった。それからそれはまた車の上を通って戻った」[3]フラーはまた、エクセターの警察署で警察官トーランドに話しかけた。トーランドはフラーに、UFO目撃に関してエクセター地域の住民から自分が受けた多くの電話のことを話した。トーランドが受けた電話のよい例は、ミセス・ラルフ・リンゼー(Mrs. Ralph Lindsay)からのものであった。トーランドによれば、「彼女は、夜明け直前に、早い時刻にここに電話をかけてきた。彼女は、電話をしながら、それが窓のすぐそとにあると言った。大きなオレンジ・ボールのようで、収穫満月(harvest Moon)なみの大きさで...そして満月でもなかった...ずっと彼女は私に話していて、彼女の子供らは窓際でそれを見守っていた。さてなぜ人々はこんな苦労をする - 地域中の人々がみんな - もし何か本当のものを見ていないならば?」[4]

空軍の調査と説明編集

エクセターの警察署長はバートランド、ハントおよびマスカレロの報告を読んで、近くのピース空軍基地(Pease Air Force Base)に電話をかけ、UFO目撃を報告した。空軍は、少佐デヴィッド・グリフィン(Major David Griffin)と 中尉アラン・ブラント(Lieutenant Alan Brandt)を、3人の男性に遣って男性3人にインタヴューした。空軍は、男性3人全員に目撃を報道に報告しないように頼んだが、しかし『New Hampshire Union Leader』の記者がすでに彼らにインタヴューしていて、遅すぎた。少佐グリフィンは、事象の報告をプロジェクト・ブルー・ブックのスタッフに送ったが、プロジェクト・ブルー・ブックはUFO報告を研究することを割り当てられた、公式の空軍調査グループである。グリフィンは書いた、「この時点でわたしはこの目撃の考えられる原因に達することができないでいる。3人の観測者は、堅固で、信頼できる人物であるようにおもわれる、とくに2人の警察官は。わたしは目撃の地域を調べ、考えられる原因になり得るものは地域に見つからなかった。ピース空軍基地は5機のB-47を地域で飛ばせているが、しかしわたしは、それらがこの目撃と関係があるとは信じていない。」[5]

しかしながら、プロジェクト・ブルー・ブックがペンタゴンにこの評価を送らないうちに、空軍はすでに、マスカレロの説明と警察官らの目撃を報道に出していた。ペンタゴンは記者らに、3人の男性は「温度の逆転のために...きらめいている星と惑星しか」("nothing more than stars and planets twinkling ... owing to a temperature inversion")見ていないことを知らせた。プロジェクト・ブルー・ブックはそれ自身の説明を出して、「オペレーション・ビッグ・ブラスト...戦略空軍/北米航空宇宙防衛司令部 訓練特殊任務」("Operation Big Blast ... SAC/NORAD training mission")は目撃の夜に活動中であったこと、それでUFOの説明がつくであろうことを述べた。プロジェクト・ブルー・ブックのスーパーヴァイザー、空軍少佐ヘクター・キンタニーヤ(Hector Quintanilla)は、警察官バートランドおよびハント宛てに書いた、「この作戦[ビッグ・ブラスト]からの航空機に加えて、この期間にまた5機のB-47航空機はあなたの地域を飛んでいます...この時刻、地域には多数の航空機があり、この作戦に関わる職員らから未確認物体の報告は無かったので、われわれは、深夜と午前2時との間に[あなたが]観測した物体はこの空軍作戦と関係があるかもしれないと推測してもよいだろう。しかしながら、キンタニーヤはまた付け加えた、「しかしながら、もし、これらの航空機があなたがたのどちらかによって注目されるならば、これはこの空軍作戦を、観測された物体の可能な説明として排除しがちであろう」[5]

論争と空軍の撤回編集

マスカレロ、バートランドおよびハントはみな、空軍の説明に強く意見を異にした。2人の警察官はプロジェクト・ブルー・ブックに手紙を送り、そのなかで次のように述べた「ご想像のとおり、われわれは、ペンタゴンが1965年9月3日の目撃の「最終評価」('final evaluation')を発表して以来、相当の嘲笑の的であった。言い換えれば、パトロール員ハントとわたし自身は2人とも、近距離でこの物体を見て、互いにそれを点検し、それが通常の航空機で無いことを確認し、再確認し、わざわざ天気は快晴であること、無風であること、天候逆転の可能性はないこと、そしてわれわれが見ている物は軍用機でも文民機でもないことを確認した。」[6]バートランドは、自分たちのUFO目撃は、オペレーションビッグ・ブラストが終わったと言われたほぼ1時間ののちに起きたが、これは目撃の考えられる原因として作戦を排除したことに注意した。プロジェクト・ブルー・ブックが彼らの手紙に反応せず、1965年12月29日に - 目撃のほぼ4ヶ月後 - 男性2人は別の手紙をブルー・ブック宛てに送り、彼らは書いた、彼らが見た物体は「静かで、ジェットやチョッパー・ブレードの突風もなかった。そしてそれには翼も尾もなかった...それは原ぜんたいを照らし、そして近くの複数の家は真っ赤になった。」[6]

マスカレロと警察官らにくわえて、ジョン G. フラーもまた、印刷物で空軍の説明を嘲笑した。彼は、自分自身でエクセターの近くで異例な物体を見たこと、それは空軍のジェット戦闘機に追尾されていたことを書いた。航空大気現象調査委員会(National Investigations Committee On Aerial Phenomena)のニュー・イングランド調査員 レーモンド・ファウラー(Raymond Fowler)もまた、エクセターの目撃の詳しい報告をファイルした。彼の意見では、空軍の説明もまた不正確であった。[7]いっとき、或る空軍士官は、人々が見てきたUFOはたんに近くのピース空軍基地からの光にすぎないと主張した。それを証明するために、彼は、大群衆が少し離れて集まる前にライトを点けた。ファウラーのよれば、「彼は基地職員にライトを点けるように命令した。だれもが見てそして待った - そして何も起こらなかった。欲求不満を起こして、彼は、マイクで、ライトを点けるようにわめいた。ライトは点いているぞと声があった。ばつがわるくなった士官は、スタッフ車のシートにこそこそと戻り、群衆の笑いとからかいの中を走り去った。」[8]

1966年1月に、空軍長官からの、2等空佐ジョン・スポルディング(John Spaulding)は、警察官の2通の手紙に応えた。スポールディングは、書いた「オハイオ州ライト=パターソン空軍基地のわれわれのUFO調査の士官に提出された追加的情報に基づいて、われわれは、あなたがたが1965年9月3日に目撃した物体を同定することができないでいる」[6]

余波編集

エクセターのUFOの目撃は - 特にノーマン・マスカレロと警察官ユージーン・バートランドおよびデーヴィッド・ハントに関わる事象 - UFO史上最も文書化され、最も周知されたもののひとつである。1966年にフラーは、自分の事例の調査記録を刊行した。『Incident at Exeter』と題して、それは『ニュー・ヨーク・タイムズ』ベストセラー一覧に入った。[9][10]ノーマン・マスカレロは2003年4月に短い病気ののちに死亡した。彼は死亡まで、自分が目撃したものは本物で、ありきたりの物体ではないと主張した。[11]ほかの目撃者とされる人たちのうち、バートランドは1998年に、そしてハントは2011年に、死亡した。[12][13]2010年に、エクセター・キワニス・クラブ(Exeter Kiwanis Club)は、エクセター地域の子どもらのチャリティーに利益を与える資金調達者として「エクセターUFOフェスティヴァル」("Exeter UFO Festival")を始めた。[14]

Skeptical Inquirer』の説明編集

2011年に、傑出した懐疑家ジョー・ニッケル(Joe Nickell)と空軍を退役した少佐ジェームズ・マクガハ(James McGaha)は、『Skeptical Inquirer』で事象の考えられる説明を提示した。パイロットとして、マクガハは、1965年にエクセターの近くのピース空軍基地でKC-97給油機によって飛行中給油されたことがあった。記事で、彼は、目撃者バートランドおよびマスカレロによって報告された赤い閃光灯のパターンがわかった:1、2、3、4、5、4、3、2、1。ニッケルとマクガハによれば、燃料補給の前に、KC-97給油機の下部は、同じパターンで5つのたいへん明るい赤色灯をフラッシュさせた。燃料補給管は60度で下がり、操縦官によって操作されないときは気流でふるえるものであった。したがって、目撃者マスカレロによって「木の葉のように浮いている」[15]

脚注編集

参照編集

  • Clark, Jerome. The UFO Book: Encyclopedia of the Extraterrestrial. Visible Ink Press, 1998.
  • Fowler, Raymond. Casebook of a UFO Investigator. Prentice-Hall Books, 1981.
  • Fuller, John G. Incident at Exeter, the Interrupted Journey: Two Landmark Investigations of UFO Encounters Together in One Volume. MJF, 1997. 1-56731-134-2.
  • Peebles, Curtis. Watch the Skies! A Chronicle of the Flying Saucer Myth. Berkley Books, 1995.

外部リンク編集