メインメニューを開く

エクセル展覧会センター (エクセルてんらんかいセンター、: ExCeL London) は、イギリスロンドンニューアム特別区にあるコンベンションセンター(展示場や会議場その他の催事などに使用される大規模施設)である。

エクセル展覧会センター
ExCel London
Excel London Summer 2011.jpg
エクセル展覧会センターの西側入口
情報
用途 コンベンションセンター
建築主 サー・ロバート ・マカルピン社(
管理運営 ADNEC
敷地面積 100,000 m²
開館開所 2000年11月
改築 2010年5月
所在地

One Western Gateway, Royal Victoria Dock, Newham, London, E16 1XL

ExCeLの位置(グレーター・ロンドン内)
ExCeL
ExCeL
エクセル展覧会センター(ExCeL London)
座標 北緯51度30分27秒 東経0度1分47秒 / 北緯51.50750度 東経0.02972度 / 51.50750; 0.02972座標: 北緯51度30分27秒 東経0度1分47秒 / 北緯51.50750度 東経0.02972度 / 51.50750; 0.02972
テンプレートを表示
北側上空から。中央の大きい四角い建物がエクセル展覧会センター。

ロンドンのウォーターフロント再開発地区であるドックランズ内にあり、ロイヤル・ビクトリア・ドックの北岸に建つ。ロンドン・シティ空港のドックを隔てた北西に位置する。

目次

概要編集

同センターはサー・ロバート・マカルピン社(Sir Robert McAlpine Ltd)によって建造され、2000年11月に開業した。2008年5月にはアブダビ・ナショナル・エキシビションズ・カンパニー(Abu Dhabi National Exhibitions Company)に運営が譲渡された。

2012年の五輪では柔道、卓球、ボクシング、フェンシング、テコンドー、レスリング、ウエイトリフティングの会場として供用された。

2014年12月14日、ミス・ワールド決勝が行われる[1]

アクセス編集

センターの西側正面玄関はドックランズ・ライト・レイルウェイ(DLR)のカスタム・ハウス駅と高架通路で連絡されており、東側玄関は隣駅のプリンス・リージェント駅が最寄となっている。

主なイベント編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Miss World Portugal is replaced”. Global Beauties (2014年11月7日). 2014年11月11日閲覧。

脚注編集