エコーズオブパンドラ

サードパーソン・シューティングゲーム

エコーズオブパンドラ』(英語Echoes of Pandora / 簡体字中文:潘多拉的回响)は、中華人民共和国に本社を置く成都金角網絡科技有限公司が開発し、2020年5月28日日本で先行リリースしたスマートフォン用3Dシューティングゲーム[1]

エコーズオブパンドラ
潘多拉的回响 Echoes of Pandora
ジャンル SFバトルシューティングゲーム
対応機種 iOS / Android
開発元 成都金角網絡科技有限公司
運営元 (中国大陸)Narwhal Studio
(日本)Eyedentity Games Japan
メディア ダウンロード
運営開始日 (日本)2020年5月28日[1]
(中国大陸)2020年予定
対象年齢 App Store:12+
Google Play:16歳以上
テンプレートを表示
エコーズオブパンドラ
各種表記
繁体字 潘多拉的回響
簡体字 潘多拉的回响
拼音 pānduōlā de huíxiǎng
発音: パンドゥォラーダッフィーシャン
英文 Echoes of Pandora
テンプレートを表示

キャッチコピーは「これは兵器と少女〈パンドラ〉の物語」

作品概要編集

ゲームジャンルは「SFバトルシューティング」とされており、3D形式で描かれたフリースクロール制のフィールド上に点在する敵をプレイヤーユニットで殲滅するのが目的。

2018年ChinaJoy中国語版で金角網絡が製作発表した当初の仮題は『鋼鉄幻想』だった。同年末に中国大陸でクローズドβテストを実施したのち2020年2月に日本での先行リリースが決定し、同年2月21日から28日Android限定でクローズドβテストを開催した[2]。その後4月28日から事前登録を開始し[3]、5月28日にリリース[1]。開発国の中国では、年内のリリースを目指している。

本作と同じ金角網絡が開発したリアルタイムストラテジーの『最終戦艦withラブリーガールズ』(原題『艦姫』、日本版は2017年8月 - 2019年3月)から一部の艦船擬人化キャラクターがスターシステムで再登場している。

世界観編集

プレイヤーは20世紀の歴史改竄を目論む時空犯罪組織「SPHINX」の野望を阻止するために組織された時系列安全司令部「TLSC」の指揮官として、戦車などの近代兵器を美少女擬人化した「パンドラ」と呼ばれるユニットを編成して敵勢力と戦う。

「パンドラ」にはTLSC直属の隊長機3名の他、各国の近代兵器(主に戦車や歩兵だが、軍用機艦船も一部存在する)を擬人化した約120種類(サービス開始時点)のユニットが存在し[3]、1部隊6名で編成される。

登場キャラクター編集

キャストは日本版。

隊長機編集

22世紀でSPHINXに対抗するため組織されたTLSC直属のパンドラたち。

ヴェロニカ
- 高橋李依
ライン
声 - 渕上舞
アリタ
声 - 大橋彩香

その他の人物編集

カノン
戦場カメラマン。日本版のTwitterアカウントに起用されている。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集