エコーecho)は、日本たばこ産業(JT)から製造・販売されている日本のたばこの銘柄の一つ。

echo
前から2列目がecho

概要編集

オレンジ色に茶色のストライプパッケージとなっている。ソフトパック。旧3級品と呼ばれた製品のひとつで、ゴールデンバットしんせいが2016年にフィルター付きに切り替わるまで、バイオレット(沖縄限定)と並んで日本で最も安価なフィルター付き銘柄だった。

その安価さからたばこの増税・値上げが相次ぐ近年、売り上げが伸びており、2010年10月たばこ税増税以降は顕著である。年度売上[1]ではそれまで上位20銘柄から圏外だったものが2010年度に19位、2011年度には8位(全体シェア1.8%)にまで躍り出ている。「旧3級品」に設けられているたばこ税の軽減措置が2016年4月以降、段階的に縮小・廃止されるために値上げされ、2018年4月1日より一箱350円となる。

2019年10月、「わかば」「ゴールデンバット」と共に紙巻き煙草の銘柄としては廃止された[2]

また、2019年9月中旬からはリトルシガー のエコー・シガーが販売されている。

製品一覧編集

現行販売製品編集

製品名 発売年月日 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考
エコー・シガー 2019年9月 500円 20本 [注 1] [注 1] 全国

販売終了製品編集

製品名 発売年月日 廃止年月 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考
エコー 1968年8月20日 2019年10月 440円 20本 15mg 1.0mg 全国

出典・脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b 葉巻の扱いとなりニコチン・タールの表示義務は無い。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集