エサ・ホロパイネン

エサ・ホロパイネン (Esa Holopainen1972年10月1日 - )は、フィンランドヘヴィメタルミュージシャン

エサ・ホロパイネン
Esa Holopainen
Amorphis Rockharz Open Air 2014 19.jpg
アモルフィス - ドイツ公演 (2015年)
基本情報
生誕 (1972-10-01) 1972年10月1日(45歳)
出身地  フィンランド
ジャンル メロディックデスメタル
プログレッシブ・メタル
ゴシックメタル
デスメタル
スラッシュメタル
職業 ギタリスト
作曲家
作詞家
担当楽器 ギター
活動期間 1989年 -
共同作業者 アモルフィス
カオスブリード
ヴァイオレント・ソリューション
著名使用楽器
ESP Esa Holopainen Signature Models

ヘヴィメタルバンドアモルフィス」のリードギタリストメインコンポーザーであり、創設メンバー[1]。またデスメタルバンド、カオスブリードでもギターを担当しており、こちらも創設メンバーの一人である[2]

目次

略歴編集

 
アモルフィス - ドイツ公演 (2016年)

1989年に、スラッシュメタルバンド、ヴァイオレント・ソリューションにギタリストとして加入。2本のデモテープに参加した。同バンドは1990年頃に解散。それから程なく、アモルフィスを結成。メンバーのうち、ヤン・レックベルガー (Ds)とトミ・コイヴサーリ (G、Vo)はヴァイオレント・ソリューションで同僚であった。以降、同バンドのリードギタリストとして活動している。

アモルフィスがメインバンドであるが、サイドプロジェクトでデスメタル・プロジェクトであるカオスブリードで活動していた。カオスブリードは、2003年に、エサに加えて、元アモルフィスのオーリ・ペッカ・ライネ (B)、センテンストのタネリ・ヤルヴァ (Vo)、ムーンソロウのマルコ・タルヴォネン (G)、ガンダルフのナッレ・エステルマン (Ds)の5人で結成されたデスメタルプロジェクトで、センチュリー・メディア・レコードからアルバム『Brutal』をリリースしている。しかし、現在では、カオスブリードは活動を停止しており、エサはアモルフィスに専念している。

その他編集

リッチー・ブラックモアデヴィッド・ギルモアジョン・マクラフリン、ペトリ・ワッリ(キングストン・ウォール英語版)らから影響を受けている[3]。使用機材としては、ESPのギターと、Kochのアンプを使用している。

ディスコグラフィ編集

アモルフィス編集

カオスブリード編集

  • Unleashed Carnage (EP, 2003)
  • Brutal (album, 2004)[4]

ヴァイオレント・ソリューション編集

  • Period of Depression (demo, 1990)
  • Paralysis / Individual Nightmare (EP, 1990)[5]

ゲスト参加編集

  • Mannhai - Hellroad Caravan (2006, ギターソロにゲスト参加)

脚注編集

  1. ^ Hill, Gary. “Biography-Amorphis”. Allmusic. 2010年2月20日閲覧。
  2. ^ Henderson, Alex. “Biography-Chaosbreed”. Allmusic. 2010年2月20日閲覧。
  3. ^ Esa Holopanien”. Amorphis. 2010年2月20日閲覧。
  4. ^ Esa Holopainen”. Active Bands. Encyclopedia Metallum. 2012年7月20日閲覧。
  5. ^ Esa Holopainen”. Past Bands. Encyclopedia Metallum. 2012年7月20日閲覧。

外部リンク編集