エジプト第19王朝の家系図

エジプト第19王朝の家系図(エジプトだいじゅうきゅうおうちょうのかけいず)は、第18王朝の最後のファラオであるホルエムヘブの後継者としてラムセス1世が任命される所から始まる[1]

セティ
Double crown.svg ラムセス1世シトレ英語版
ハットゥシリ3世プドゥヘパ
Double crown.svg セティ1世トィ
イシスネフェルト1世Double crown.svg ラムセス2世ネフェルタリマアトホルネフェルレ英語版
アメンヘルケブシェフメリトアメン
ラムセス英語版ビントアナトカエムワセトイシスネフェルト2世Double crown.svg メルエンプタハタカト英語版
Double crown.svg セティ2世Double crown.svg タウセルト英語版Double crown.svg アメンメセス
Double crown.svg サプタハ

出典編集

  1. ^ Joyce Tyldesley: Ramesses, Egypt's Greatest Pharaoh

参考文献編集

  • Aidan Dodson & Dyan Hilton (2004). The Complete Royal Families of Ancient Egypt. London: Thames & Hudson 

関連項目編集