エジプト航空 (えじぷとこうくう、アラビア語: مصر للطيران‎; miṣr liṭ-ṭayarān, 英語: EgyptAir)はエジプトの国営航空会社

エジプト航空
مصر للطيران
Egypt air logo.jpg
IATA
MS
ICAO
MSR
コールサイン
EGYPTAIR
法人番号 7700150005960 ウィキデータを編集
設立 1932年6月7日(Misr Airworkとして)
ハブ空港 カイロ国際空港
焦点空港

ボルグ・エル・アラブ空港
フルガダ国際空港
ルクソール国際空港

シャルム・エル・シェイク国際空港
マイレージサービス EgyptAir Plus
航空連合 スターアライアンス
親会社 EgyptAir Horlding Company
保有機材数 67機(26機発注中)
就航地 73都市
本拠地 エジプト・アラブ共和国カイロ市
代表者 Sherif Saad Eldin Galal(会長
外部リンク http://www.egyptair.com/
テンプレートを表示

概要編集

エジプト政府がオーナーのいわゆるフラッグ・キャリアである。アフリカで2番目に大きい航空会社でアラブ航空会社機構の加盟航空会社で創設メンバーである。2007年に75周年を迎えた。機体の垂直尾翼に描かれているのは古代エジプト天空の神ホルスで“安全な飛行を…”との願いが込められている。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1][2]

歴史編集

  • 1932年 - カイロを本拠地とする「ミスル・エアワーク」として設立、これは世界で7番目の長い歴史を持つ航空会社である。
  • 1958年 - エジプトとシリアの合併により「アラブ連合航空(ユナイテッド・アラブ航空)」に変更、1961年に両国が分裂したが社名は継続され、1971年現社名に変更した。
  • 1962年5月20日 - カイロからB707にて南廻りで羽田空港へ定期便の運航を開始、日本とアフリカ大陸が初めてダイレクトに結ばれた[3]
  • 1982年 - アラブ諸国で唯一(エジプトは現在イスラエルと国交を持っている)のイスラエル路線として、カイロ - テルアビブ線の運航を開始した。この路線は他のアラブ国家からの非難を避けるため、子会社のエアシナイを設立し、運航する形態をとっている。(現在は便名の付与と機材のみ残し、エジプト航空による運航)
  • 2003年 - カイロ航空の最大株主となって、同社を実質子会社化した。
  • 2004年 - 貨物航空会社エジプト航空カーゴを、2006年にはコミューター航空会社エジプト航空エクスプレスを子会社として設立した。
  • 2007年10月16日 - 航空連盟のスターアライアンスに加盟することを表明し、2008年7月11日に正式加盟。
  • 2008年5月 - エジプト航空は航空機の新塗装を発表。機体には天空の神ホルスが描かれる。
  • 2009年4月27日 - カイロ国際空港に第3ターミナルがオープンし、スターアライアンス加盟航空会社が集結することになった。
  • 2013年 - 成田国際空港関西国際空港の日本線を運休。
  • 2017年10月29日 - 成田国際空港へ定期便の運航再開[4]

サービス編集

エジプトは国教イスラム教と定めているため、機内食では豚肉は使われない。また、アルコール飲料も提供されないが、機内への持ち込みは可能である。国際線、国内線ともにはホルスクラス(ビジネスクラス)、エコノミークラスの2クラス制である。

就航都市編集

(2013年7月現在)

エジプト航空 就航都市
都市 空港 備考
北アフリカ
  エジプト カイロ カイロ国際空港 ハブ空港
アブ・シンベル アブ・シンベル空港
アレクサンドリア ボルグ・エル・アラブ空港 焦点空港
シャルム・エル・シェイク シャルム・エル・シェイク国際空港 焦点空港
アスワン アスワン国際空港
ルクソール ルクソール国際空港 焦点空港
アシュート アシュート空港
マルサ・マトルーフ マルサ・マトルーフ空港
マルサ・アラム マルサ・アラム空港
フルガダ フルガダ国際空港 焦点空港
ニューバーレ ニューバレー空港 エジプト航空エクスプレスによる運航
  アルジェリア アルジェ ウアリ・ブーメディアン空港
  リビア ベニナ ベニナ空港
トリポリ トリポリ国際空港
  モロッコ カサブランカ ムハンマド5世国際空港
  スーダン ハルツーム ハルツーム国際空港
  チュニジア チュニス カルタゴ国際空港
東アフリカ
  エリトリア アスマラ アスマラ国際空港
  エチオピア アディスアベバ ボレ国際空港
  ケニア ナイロビ ジョモ・ケニヤッタ国際空港
  タンザニア ダルエスサラーム ジュリウス・ニエレレ国際空港
  ウガンダ エンテベ エンテベ国際空港
  ルワンダ キガリ キガリ国際空港 2019年4月27日から運航開始
南アフリカ
  南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ ヨハネスブルグ国際空港
西アフリカ
  ガーナ アクラ コトカ国際空港
  ナイジェリア カノ カノ国際空港
ラゴス ムルタラ・モハンマド国際空港
  マリ バマコ バナコ・セヌー国際空港 チャーター便のみの運航
東アジア
  日本 東京 成田国際空港 2013年7月14日に運休したが、2017年10月29日より運航再開[5]
大阪 関西国際空港 2013年10月20日を最後に定期便を撤退。2018年現在はチャーター便のみの運航
  中国 北京 北京首都国際空港
広州 広州白雲国際空港
  香港 香港 香港国際空港
中央アジア
  カザフスタン アルマトイ アルマトイ国際空港
南アジア
  インド ムンバイ チャットラパティー・シヴァージー国際空港
東南アジア
  タイ バンコク スワンナプーム国際空港
西アジア
  バーレーン マナーマ バーレーン国際空港
  イスラエル テルアビブ ベン・グリオン国際空港 (以前はエアシナイによる運航)
  ヨルダン アンマン クィーンアリア国際空港
  クウェート クウェート クウェート国際空港
  レバノン ベイルート ベイルート国際空港
  オマーン マスカット マスカット国際空港
  サウジアラビア ダンマーム キング・ファハド国際空港
ジッダ キング・アブドゥルアズィーズ国際空港
マディーナ プリンス・ムハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ国際空港
リヤド キング・ハーリド国際空港
  シリア ダマスカス ダマスカス国際空港
アレッポ アレッポ国際空港
  UAE アブダビ アブダビ国際空港
ドバイ ドバイ国際空港
アルアイン アルアイン国際空港 季節運航(夏期のみ)
シャールジャ シャールジャ国際空港
ラアス・アル=ハイマ ラアス・アル=ハイマ国際空港
  アルメニア エレバン ズヴァルトノッツ国際空港 季節運航
ヨーロッパ
  オーストリア ウィーン ウィーン国際空港
  ベルギー ブリュッセル ブリュッセル国際空港
  キプロス ラルナカ ラルナカ国際空港
  フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港
  ドイツ ベルリン ベルリン・シェーネフェルト国際空港
フランクフルト フランクフルト空港
ミュンヘン ミュンヘン国際空港
  ギリシャ アテネ アテネ国際空港
ミコノス ミコノス空港 季節運航
  ハンガリー ブダペスト フェレンツ・リスト国際空港
  イタリア ミラノ ミラノ・マルペンサ国際空港
ローマ レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港
カターニア カターニア空港 エジプト航空エクスプレスによる運航
  マルタ バレッタ マルタ国際空港
  オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港
  ポルトガル リスボン ポルテラ空港
  ロシア モスクワ ドモジェドヴォ空港
  スペイン バルセロナ バルセロナ・エル・プラット国際空港
マドリード アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港
  スイス ジュネーヴ ジュネーヴ・コアントラン国際空港
  トルコ イスタンブール アタテュルク国際空港
  イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港
  デンマーク コペンハーゲン コペンハーゲン空港
北アメリカ
  カナダ トロント トロント・ピアソン国際空港
  アメリカ合衆国 ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港
ワシントンD.C. ワシントン・ダレス国際空港 2019年6月3日から運航開始
休・廃止路線
  日本 東京 東京国際空港 成田移転への1979年以前
  アメリカ合衆国 ロサンゼルス ロサンゼルス国際空港
  イギリス マンチェスター マンチェスター空港
  インドネシア ジャカルタ ジャカルタ
  マレーシア クアラルンプール クアラルンプール国際空港
  シンガポール シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港
  タイ バンコク ドンムアン空港
  UAE フジャイラ フジャイラ国際空港
  南アフリカ共和国 ケープタウン ケープタウン国際空港
ダーバン ダーバン国際空港
  ウクライナ キエフ ボルィースピリ国際空港
  ザンビア ルサカ ルサカ国際空港
  ジンバブエ ハラレ ハラレ国際空港
 フィンランド ヘルシンキ ヘルシンキ・ヴァンター国際空港
  ドイツ デュッセルドルフ デュッセルドルフ空港
ハンブルグ ハンブルグ空港
  ギリシャ テッサロニキ テッサロニキ・マケドニア国際空港
  キプロス ニコシア ニコシア国際空港
  チェコ プラハ ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港
  カナダ モントリオール モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港
  オーストラリア シドニー シドニー国際空港
  イスラエル ハイファ ハイファ空港
  カタール ドーハ ドーハ国際空港 2014年5月27日ハマド国際空港の完成により移転
ハマド国際空港 一時運休中
  イエメン アデン アデン・アッデ国際空港
サナア サヌア国際空港
  スイス チューリッヒ チューリッヒ空港
  スウェーデン ストックホルム ストックホルム・アーランダ空港
 パレスチナ 東エルサレム アタロット空港
ガザ ヤーセル・アラファト国際空港

保有機材編集

2021年9月現在、エジプト航空の機材は以下の通りである。

エジプト航空 運航機材一覧[6]
機材 発注機数 運用機数 座席数 備考
C PY Y Total
エアバスA220-300 8 -
エアバスA320-200 4 16 129 145 2019年をめどに退役予定

うち1機はアフリカネイションズカップ2019特別塗装機

エアバスA320neo 8 7 No Data 2020年度以降導入予定
エアバスA330-200 3 24 244 268 うち1機はスターアライアンス特別塗装機
エアバスA330-300 4 36 265 301
ボーイング 737-800 29 24 120 144 うち1機はスターアライアンス特別塗装機

うち6機はアフリカネイションズカップ2019特別塗装機

うち1機はサッカーエジプト代表特別塗装機

うち1機は設立85周年記念ロゴ特別塗装機

16 138 154
ボーイング 777-300ER 6 49 297 346 うち2機はアフリカネイションズカップ2019特別塗装機
ボーイング 787-9 6 30 279 309
エジプト航空エクスプレス
エアバスA220-300 2 10 15 125 140 中東・北アフリカ地域初のオペレーター
エンブラエル170 10 76 76
エジプト航空カーゴ
エアバスA330-200P2F 2 1 貨物
67 26

事件・事故編集

 
炎上したボーイングSU-GBPのコックピット

関連項目編集

エジプトの交通

脚注編集

  1. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)” (日本語). 2015年9月26日閲覧。
  2. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ 1932~1962 「こだわりのエアラインガイド 改訂版」イカロス出版
  4. ^ 成田国際空港では、再開ではなくて新規就航としている
  5. ^ エジプト航空、10月29日から成田/カイロ線の運航を再開 週1便でFlyTeam 2017年6月13日
  6. ^ EGYPTAIR - Fleet” (英語). www.egyptair.com. 2019年10月7日閲覧。
  7. ^ http://aviation-safety.net/photos/displayphoto.php?id=20110729-0&vnr=1&kind=C
  8. ^ エジプト航空のハイジャック犯を逮捕-キプロス外務省 - Bloomberg 2016年3月29日

外部リンク編集