メインメニューを開く

エスカレーション (河合奈保子の曲)

エスカレーション」は、河合奈保子1983年6月1日にリリースした13枚目のシングルである(EP: AH-333)。

エスカレーション
河合奈保子シングル
初出アルバム『ハーフ・シャドウ
B面 恋のハレーション
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 売野雅勇筒美京平
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン[1]
  • 1983年度年間25位(オリコン)[2][1]
  • 3位(ザ・ベストテン[1]
  • 1983年度年間23位(ザ・ベストテン)[1]
  • 3位(ザ・トップテン
  • 河合奈保子 シングル 年表
    ストロー・タッチの恋
    (1983年)
    エスカレーション
    (1983年)
    UNバランス
    (1983年)
    テンプレートを表示

    目次

    解説・エピソード編集

    オリコンチャート上においては、当シングル曲が河合自身最大となる35万枚近くのセールスを記録している。

    それまで竹内まりや来生えつこたかお姉弟と、ニューミュージック系アーティストの楽曲提供が続いていたが、本作より作詞・売野雅勇、作曲・筒美京平のコンビが初起用された。

    当曲を音楽番組で歌唱披露時の河合は、レコードジャケットの撮影写真時よりも短い、ショートカットの髪型でイメージチェンジを図った。

    同年公開の高倉健主演映画『居酒屋兆治』の劇中歌に使われている。

    この曲が1983年6月27日付の『ザ・トップテン』(日本テレビ系)で8位にランクインされた際に、河合がコンサートで訪れていた名古屋市ホテルにあるプールから中継出演した。この時は名古屋でダンスの世界大会が行われていたが、その大会へ出場するために同ホテルへ宿泊・プールで泳いでいた西ドイツ(当時)の男性が中継に気付くや否や、曲に乗って突然踊りだした。

    この男性は、翌週には日本テレビ側から打診され、同年7月4日付の『ザ・トップテン』で河合と共演した。この出来事は、2012年2月27日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』で取り上げられた。

    収録曲編集

    1. エスカレーション(3分17秒)
    2. 恋のハレーション(3分14秒)
      • 作詞:秋元康、作曲:筒美京平、編曲:大村雅朗

    収録アルバム編集

    • 「HALF SHADOW」(1983年)

    関連項目編集

    脚注編集

    1. ^ a b c d オリコンランキング情報サービス「you大樹」
    2. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.