メインメニューを開く

エスキバ・ファルカオ

ブラジルのボクサー
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はファルカオ第二姓(父方の)はフローレンチーノです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • エスキバ・ファルカオ・フローレンチーノ
  • エスキバ・ファルカン

エスキバ・ファルカオEsquiva Falcão1989年12月12日 - )は、ブラジルプロボクサーエスピリトサント州ヴィトーリア出身。2012年ロンドンオリンピックミドル級銀メダリスト。兄はロンドンオリンピックライトヘビー級銅メダリストのヤマグチ・ファルカオボブ・アラムトップランク所属。父母姓を合わせたフルネームはエスキバ・ファルカオ・フローレンチーノ (Esquiva Falcão Florentino)

エスキバ・ファルカオ
Esquiva Falcao.jpg
基本情報
本名 エスキバ・ファルカオ・フローレンチーノ
階級 ミドル級
身長 178cm
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
誕生日 (1989-12-12) 1989年12月12日(29歳)
出身地 エスピリトサント州ヴィトーリア
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 19
勝ち 19
KO勝ち 13
敗け 0
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 ボクシング
オリンピック
2012 ロンドン ミドル級
AIBA世界ボクシング選手権
2011 バクー ミドル級
南アメリカ競技大会
2010 メデリン ミドル級

来歴編集

アマチュア時代編集

2009年、バクーで開催されたAIBAプレジデントカップ国際トーナメントにウェルター級(69kg)で出場するが準々決勝で敗退[1]

2011年、ベネズエラクマナで開催されたパンアメリカン競技大会予選会にミドル級(75kg)で出場するが1回戦で敗退[2]バクーで開催されたAIBA世界ボクシング選手権にミドル級(75kg)で出場し準決勝で日本の村田諒太に敗れ銅メダルを獲得した[3]

2012年ロンドンオリンピックにミドル級(75kg)で出場し、決勝では村田に敗れたものの銀メダルを獲得した[4]

2013年、カザフスタンアルマトイで開催された2013年世界ボクシング選手権大会にミドル級(75kg)で出場するが2回戦で敗退した[5]

プロ転向後編集

プロに転向しボブ・アラムトップランクと契約を交わした。

2014年2月15日、ロサンゼルス郊外のハワイアン・ガーデン内のC.ロベルト・リー・センターでプロデビュー戦を行い、ダウンこそ奪えなかったが連打で一気に畳み掛け4回2分36秒TKO勝ちで白星でデビューを飾った。


脚注編集

  1. ^ 2.AIBA Presidents Cup - Baku, Azerbaijan - December 8-11 2009”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  2. ^ 1.Panamerican Games Qualifier - Cumana,Venezuela - March 25-30 2011”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  3. ^ 16.AIBA World Championships - Baku, Azerbaijan -September 26 - October 8 2011”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  4. ^ 30.Olympic Games - London, Great Britain - July 28 - August 12 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  5. ^ 17.World Championships Baluan Sholak Sports Palace, Almaty, Kazakhstan October 14-26, 2013”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集