メインメニューを開く

エスケリキア属(エシェリキア属)は別名大腸菌属とも呼ばれる細菌の属の一つ。属名は大腸菌の発見者であるテオドール・エシェリヒに因む。

エスケリキア属
EscherichiaColi NIAID.jpg
大腸菌の電子顕微鏡写真
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: γプロテオバクテリア綱
Gammaproteobacteria
: 腸内細菌目
Enterobacteriales
: 腸内細菌科
Enterobacteriaceae
: エスケリキア属
Escherichia
学名
Escherichia
Castellani & Chalmers 1919
下位分類(種)
  • 大腸菌
  • E. albertii
  • E. fergusonii
  • E. hermannii
  • E. marmotae

グラム陰性通性嫌気性芽胞を形成しない周毛性鞭毛を持つ桿菌で、運動性を示すものと示さないものに分かれる。恒温動物管に常在し、病原性を示すものもあるがビタミンを合成する有益な性質も持つ。 GC比は48から52でβガラクトース、インドールムコン酸酒石酸を代謝し、混合酸醗酵を行う。この属の中では大腸菌が特に詳しく調べられ、生命工学に利用されている。サルモネラ属とは遺伝的に近縁関係であるが、代謝の違いによって判別することが出来る。また、シゲラ属(赤痢菌)とはDNA-DNA分子交雑法による判別が不可能なほど近い関係にある。

 参考文献編集

  • Brock 『微生物学』 (2003年)