エストレリータ (宝塚歌劇)

エストレリータ』は宝塚歌劇団ミュージカル作品。花組[1]公演。

宝塚・東京公演の併演作品は『ジュエリー・メルヘン[2]』、倉吉・米子・松江・出雲・益田・山口・田川・久留米・小倉・長崎・佐賀・都城・鹿児島・熊本・岡山・豊田・豊橋・伊勢は『ファースト・ラブ[3]』。

あらすじ編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[4]を参照

1950年代ブラジルリオデジャネイロの実業家を牛耳るサルバトール家の若き当主アントーニオには、宝石商を経営するアレンカールの娘シェイラという婚約者がいた。しかし、アレンカールは殺人事件の疑惑で逮捕され自殺し、シェイラは失踪してしまう。忙しいアントーニオに代わり、彼女を必死に探すのはアントーニオの親友のジュリアーノであった。彼は密かにシェイラを愛していた。

公演期間と公演場所編集

  • 1981年10月2日 - 11月10日[4](第一回・新人公演:10月13日[5]、第二回・新人公演:10月30日[5]) 宝塚大劇場
  • 1981年12月4日 - 12月27日[6](新人公演:12月16日[5]) 東京宝塚劇場
  • 1982年6月12日 - 7月4日[3] 倉吉、米子、松江、出雲、益田、山口、田川、久留米、小倉、長崎、佐賀、都城、鹿児島、熊本、岡山、豊田、豊橋、伊勢

主な配役(宝塚・東京)編集

※「()」の人物は新人公演・配役

宝塚大劇場公演のデータ編集

形式名は「ミュージカル・ロマン[4]」。15場[4]。副題は「愛の星くず[4]」。

スタッフ(宝塚大劇場)編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 151、216、260.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 151、216.
  3. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 260.
  4. ^ a b c d e f 100年史(舞台) 2014, p. 151.
  5. ^ a b c d e f 100年史(舞台) 2014, p. 298.
  6. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 216.
  7. ^ a b c d e 100年史(人物) 2014, p. 200.
  8. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 201.

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0