メインメニューを開く

エストレーラ山脈ポルトガル語: Serra da Estrela)は、イベリア半島セントラル山系を構成する山脈。名称のエストレーラは星をあらわすので、日本語では星の山脈といった意味となる[1]

エストレーラ山脈
エストレーラ山脈
所在地 ポルトガルの旗 ポルトガル
上位山系 セントラル山系
最高峰 トーレ英語版 (1993m)

Estrella mapa.jpg

エストレーラ山脈の位置(ポルトガル内)
エストレーラ山脈
エストレーラ山脈 (ポルトガル)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

目次

地理編集

ポルトガルで最も標高の高い山脈であり、セントラル山系でも最も標高が高いもののひとつである。ポルトガル本土の最高地点(1993m)を含んでいる[2]。この地点は明確な山頂ではないが、高原全体では最高地点であり、トーレ英語版(「塔」の意)として知られている。トーレは山頂にしては通常にはない特徴を持っており、舗装された道路でアクセスできる。地勢上の最高地点は1204mであり、元の頂はスペインアルマンソール峰である[3]

頂上にはスキー場があり、ヴォダフォネ・スキー場と名付けられている。

山脈はセイアマンテイガシュゴーヴェイアグアルダクヴィリャンのムニシピオの間に存在し、およそ100kmの長さと最大で30kmの幅である。巨大な花崗岩の尾根で形成されており、かつては国土の南部辺境を形成していた。奇妙なことから絶壁と山峡が、山の小川と湖が、美しい森と壮観な眺望が形成されており、この地域はポルトガルの顕著な景勝の魅力を占めている。

河川編集

エストレーラ山脈からは三つの河川が流れる。ポルトガル領域内で最大の河川であるモンデゴ川テージョ川の支流のゼゼレ川、モンデゴ川の支流であるアルヴァ川もまたこの山脈に源流がある。標高は1,691mである。

自然公園編集

現在山脈はエストレーラ山脈自然公園の一部であり、セイア・ムニシピオロリガスキー場で多くのスキーの機会を提供している。

文化編集

セーラ・ダ・エストレーラ犬編集

エストレラ・マウンテン・ドッグは家畜防衛犬としてブリードされ、この地域の名前に由来している。

エストレーラ山脈チーズ編集

ケイジョ・セラ・ダ・エストレーラ(エストレーラ山脈チーズ )はエストレーラ山脈で生産されるソフトチーズである。レシピは2000年以上続いている。カードンアザミと生の羊乳、塩から作られる。

伝説と神話の歴史編集

 
エストレーラ・スキー場が位置する、エストレーラ山脈最高地点(トーレ)の雪。

アメリカ文学の古典、『白鯨』の41章でこの山脈に関わる伝説が言及されている。

"... the prodigies related in old times of the inland Strello mountain in Portugal (near whose top there was said to be a lake in which the wrecks of ships floated up to the surface)..."

脚注編集

  1. ^ ポルトガルの山のチーズを訪ねて”. チーズプロフェッショナル協会. 2019年1月12日閲覧。
  2. ^ ポルトガルの最高地点はアソーレス諸島ピコ山である。
  3. ^ Prominence ladder from Serra da Estrela, site:Peakbagger.com

関連項目編集

外部リンク編集