メインメニューを開く
エスパル仙台店
(2016年3月撮影)

エスパルS-PAL)は、仙台ターミナルビル株式会社が運営するショッピング施設。「S-PAL」の由来は、英語で「S」(STATION=駅)と「PAL」(友達)を合わせた造語で、「駅の友達」という意味。

目次

概要編集

東北新幹線開業(1982年)に合わせた仙台駅の新駅舎完成(1977年)の翌1978年に開店した仙台店が最初の店舗である。周辺には百貨店の仙台十字屋(現在はLABI仙台)および、丸光(のちエマルシェ運営のさくら野百貨店仙台店となり、2017年2月に経営破綻)、GMS(大型スーパー)のエンドーチェーン仙台駅前店(現在はEBeanS)とダイエー仙台店(現在はイオン仙台店)、1982年には専門店ビルのams西武(現在は仙台ロフト)が開店するなど、仙台駅前での大型店集積が進んだ。

2003年から2004年に南東北の代表駅の駅ビル運営会社各社を仙台ターミナルビルが吸収合併したことに伴い、ブランド名が統一され、当初運営していた仙台駅に加え山形駅福島駅郡山駅の駅ビルをS-PALブランドとして運営している。

その後、仙台パルコなどの進出および仙台・宮城デスティネーションキャンペーンに備えて、S-PAL II(エスパル・ツー)が2008年6月18日に開業。さらにエスパル仙台東館が2016年3月18日に開業し、現在は6店舗となっている。

運営店舗編集

  • S-PAL仙台本館
  • S-PAL II
  • S-PAL 仙台東館

沿革編集

  • 1978年3月18日 - S-PAL仙台(旧・ショッピング部門エスパル、現・S-PAL仙台本館)営業開始。
  • 1982年7月15日 - サンシティ郡山(現・S-PAL郡山)営業開始。
  • 1988年6月10日 - 福島ルミネ(現・S-PAL福島)営業開始。
  • 1993年11月27日 - メトロプラザ山形(現・S-PAL山形)営業開始。
  • 2004年
    • 3月6日 - サンシティ郡山がS-PAL郡山に改称。
    • 3月20日 - 福島ルミネがS-PAL福島に改称。
    • 10月1日 - メトロプラザ山形がS-PAL山形に改称。
  • 2008年6月18日 - S-PAL II営業開始。
  • 2016年3月18日 - S-PAL仙台東館営業開始[1]。これに伴い、従来のS-PAL仙台は、S-PAL仙台本館を呼称する。東館開業と同時に現ロゴの使用を開始。
  • 2017年
    • 2月16日 - JREポイントの導入を開始。
    • 6月1日 - エスパル仙台東館が増床オープン[2][3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ <仙台駅>東西自由通路と「東館」オープン”. 河北新報 (2016年3月18日). 2016年3月21日閲覧。
  2. ^ “エスパル仙台東館がもっと便利に! 2017年6月1日(木)12:00 増床OPEN” (プレスリリース), 仙台ターミナルビル株式会社, (2017年3月22日), http://www.s-pal.jp/wp-content/uploads/2017/03/seo201703press.pdf 2017年6月3日閲覧。 
  3. ^ “<エスパル>成城石井など17店オープン”. 河北新報. (2017年6月2日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170602_12004.html 2017年6月3日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集