エセイサ国際空港

エセイサ国際空港スペイン語: Aeropuerto Internacional de Ezeiza, 英語: Ezeiza International Airport)は、アルゼンチン共和国の首都ブエノスアイレスの20km南にあるエセイサに位置する国際空港

エセイサ国際空港
(ミニストロ・ピスタリーニ国際空港)
Aeropuerto Internacional Ministro Pistarini
Ministro Pistarini International Airport
199 - Buenos Aires - Aéroport international Ezeiza - Janvier 2010.jpg
IATA: EZE - ICAO: SAEZ
概要
国・地域 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
所在地 ブエノスアイレス州エセイサ
種類 公共
運営者 Aeropuertos Argentina 2000
標高 20 m (67 ft)
座標 南緯34度48分51秒 西経58度32分21秒 / 南緯34.81417度 西経58.53917度 / -34.81417; -58.53917座標: 南緯34度48分51秒 西経58度32分21秒 / 南緯34.81417度 西経58.53917度 / -34.81417; -58.53917
公式サイト 公式サイト
地図
空港の位置(アルゼンチン)
空港の位置(アルゼンチン)
EZE/SAEZ
空港の位置(アルゼンチン)
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
11/29 YES 3,300×60 舗装
17/35 YES 3,105×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

概要編集

所在地のエセイサからエセイサ空港と呼ばれることが多い。敷地面積は1342haである。ブエノスアイレスの国際線のほとんどを処理しており、国内線が発着するニューベリー空港と輸送を分担している。2018年の旅客数は1120万人だった[1]

正式名称の「ミニストロ・ピスタリーニ国際空港」はアグスティン・ペドロ・フスト・ロロン大統領時代(1932年 - 1938年)に建設大臣だったファン・ピスタリーニにちなんで名付けられた。1935年にピスタリーニが国会に提出した計画が上下両議院で可決されたものの、1945年に本人がエデルミロ・フリアン・ファーレル英語版大統領の副大統領に任命されるまで工事は開始されなかった。

空港に連絡する鉄道はなく、付近にはロカ線エル・ハグエル駅スペイン語版があるものの、ターミナルビルと滑走路を挟んだ反対側に位置しており、駅と空港の間の移動には路線バス(コレクティーボ)の利用が必要となるため、市街地との間はバス(マイクロ)や自動車で直接移動することが一般的である。

就航路線編集

航空会社就航地
 アルゼンチン航空 国内 : エル・カラファテ英語版バリローチェウシュアイア
南アメリカ : ボゴタリマモンテビデオサンタ・クルス・デ・ラ・シエラサンティアゴサンパウロ/グアルーリョス
北アメリカ : カンクンマイアミニューヨーク/JFK
ヨーロッパ : バルセロナマドリッドローマ/フィウミチーノ
オセアニア : シドニー
季節運航 : プンタカナ
 フライボンダイ アスンシオンリオデジャネイロ/アントニオ・カルロス・ジョビンサンパウロ/グアルーリョス
季節運航 : フロリアノーポリス、マルドナド
 LATAM ブラジル サンパウロ/グアルーリョス
 LATAM チリ サンティアゴ
 スカイ航空 サンティアゴ
 LATAM ペルー リマ
 アビアンカ航空 ボゴタ
 ボリビアーナ航空 サンタ・クルス・デ・ラ・シエラ
 LATAM エクアドルキト
 コンビアサ航空 カラカス
 コパ航空 パナマシティ
 アビアンカ・エルサルバドルサンサルバドル
 クバーナ航空ハバナカヨココ英語版
 アエロメヒコ航空 メキシコシティ
 アメリカン航空 ダラス/フォートワースマイアミニューヨーク/JFK
 デルタ航空 アトランタ
 ユナイテッド航空 ヒューストンニューアーク
 エア・カナダ トロントモントリオール
 イベリア航空 マドリード
 エア・ヨーロッパ マドリード
 レベル (航空会社)バルセロナ
 ブリティッシュ・エアウェイズロンドン/ヒースロー
 エールフランス パリ/シャルル・ド・ゴール
 ITAエアウェイズ ローマ/フィウミチーノ
 KLMオランダ航空 アムステルダム
 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト
 スイス国際航空チューリッヒ
 南アフリカ航空 ヨハネスブルグ
 エチオピア航空アディスアベバ
 ターキッシュ エアラインズ イスタンブール(サンパウロ経由)
 エミレーツ航空 ドバイ(リオデジャネイロ経由)
 カタール航空 ドーハ(サンパウロ経由)

貨物編集

航空会社就航地
  VIP航空カーゴ英語版 モンテビデオ、プンタ・デル・エステ英語版
  クラス航空英語版 モンテビデオ
  シエロス航空英語版 リマ
  フェデックス・エクスプレス カンピーナス/ヴィラコッポス、サンディアゴ・デ・チレ
  UPS航空 マイアミ、カンピーナス/ヴィラコッポス
  センチュリオン航空カーゴ マイアミ
  LANカーゴ英語版 アスンシオン、ボゴタ、カンピーナス/ヴィラコッポス、フランクフルト、マイアミ、サンディアゴ・デ・チレ
  ルフトハンザ・カーゴ カンピーナス/ヴィラコッポス、ダカール、フランクフルト
  マス航空英語版 メキシコ・シティ
  マーティンエアー・カーゴ アグアディヤ英語版、アムステルダム、ボゴタ、ロンドン/スタンステッド

就航都市編集

国内線編集

国際線 編集

脚注編集

  1. ^ Tablero 2018 Aeropuerto Internacional Ministro Pistarini”. Empresa Argentina de Navegación Aérea (EANA). 2022年3月12日閲覧。

外部リンク編集