メインメニューを開く

エゾヒナノウスツボ

ゴマノハグサ科の種

エゾヒナノウスツボ(蝦夷雛の臼壺、学名:Scrophularia alata )は、ゴマノハグサ科ゴマノハグサ属多年草[4][5][6]

エゾヒナノウスツボ
Scrophularia alata 1.JPG
青森県尻屋崎 2017年7月上旬
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: シソ目 Lamiales
: ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
: ゴマノハグサ属 Scrophularia
: エゾヒナノウスツボ
S. alata
学名
Scrophularia alata A.Gray[1]
シノニム
和名
エゾヒナノウスツボ(蝦夷雛の臼壺)[4]

目次

特徴編集

地下にゴボウ状に肥大したがある。は太くやや柔らかく、4稜があって稜に幅の狭い翼状のひれがあり、直立して高さ90-150cmになる。は対生して大きく肉質で、長さ1.5-3cmになる翼のある葉柄がやや茎を抱き、葉身は広卵形で、長さ8-15cm、幅6-9cmになる。葉の先端はとがり、縁には先の鈍い鋸歯がある[4][5][6]

花期は6-7月。茎の先によく分枝する円錐花序をつけ、多くのをまばらにつける。花序軸は四角のまま太く、腺毛が生え、花柄は太く、長さ6-20mmになり細かい腺毛がまばらに生える。は鐘形で、萼裂片は5つに深く裂け、緑色で縁の色はうすく、裂片は卵円形で先は円い。花冠は淡黄緑紫色で長さ8-10mmになり、壺形で先は唇形になり、上唇はやや紫褐色が濃く2裂し、下唇の色はやや薄く3裂し、下唇の中央裂片は反り返る。花冠全体が紫褐色に見えるものもある。雄蕊は4個あって花冠下唇側につき、横に広い楕円形の葯の縁が裂けて花粉を出す。仮雄蕊が1個あり、花冠上唇の中央基部につき、先が円いへら形となる。雌蕊は1個で花柱は花外に伸び出す。果実は、長さ7-10mmの三角状卵形の蒴果になり、胞間裂開する。種子は楕円形でごく小さい[4][5][6]

雌蕊先熟編集

雌蕊先熟で、花が開くと花柱が花の外に伸び、受粉して下垂する。この時、自花の葯から花粉は出ていない。その後雄蕊が伸びて葯の縁が裂け、花粉を出す。これによって同一の花からの受粉が避けられる[6][7]

分布と生育環境編集

日本では、南千島(歯舞諸島色丹島)、北海道、本州(太平洋側では岩手県以北、青森県、日本海側では石川県以北)に分布し、海岸の岩礫地に生育する[4][5][6]。国外では、千島列島南部、サハリン南部に分布する[6]

名前の由来編集

和名のエゾヒナノウスツボは「蝦夷雛の臼壺」の意で、小さな壺形の花をに見立てたヒナノウスツボに似て、蝦夷地に多いのでいう[5]同属に、似た花をつけるオオヒナノウスツボサツキヒナノウスツボハマヒナノウスツボなどがある。

また、種小名 alata は、「翼のある」のこと[5]で、茎に4稜があり、稜に翼状のひれがある[4][5][6]

下位分類編集

  • ハマヒナノウスツボ Scrophularia grayanoides M.Kikuchi[8]シノニム: Scrophularia grayana Maxim. ex Kom. var. grayanoides (M.Kikuchi) T.Yamaz. [9] - かつて、エゾヒナノウスツボの変種とされていたが、現在は独立種とされる。

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ エゾヒナノウスツボ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ エゾヒナノウスツボ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ エゾヒナノウスツボ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  4. ^ a b c d e f 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.412
  5. ^ a b c d e f g 『新牧野日本植物圖鑑』p.671, p.1316
  6. ^ a b c d e f g 『改訂新版 日本の野生植物 5』p.94
  7. ^ 『写真で見る植物用語』p.110
  8. ^ ハマヒナノウスツボ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  9. ^ ハマヒナノウスツボ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献編集

  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 岩瀬徹・大野啓一著『写真で見る植物用語』第2版、2008年、全国農村教育協会
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 5』、2017年、平凡社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)