メインメニューを開く

エゾミカサリュウ、蝦夷三笠竜 (Taniwhasaurus mikasaensis) は、中生代白亜紀後期に生息した海棲肉食爬虫類絶滅種。トカゲ亜目 - モササウルス科 - タニファサウルス属に分類される。北海道空知管内三笠市桂沢湖周辺で頭部の化石が発見された。

エゾミカサリュウ
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Lacertilia
下目 : オオトカゲ下目 Anguimorpha
: モササウルス科 Mosasauridae
亜科 : ティロサウルス亜科 Tylosaurinae
: タニファサウルス
Taniwhasaurus
: エゾミカサリュウ
T. mikasaensis
学名
Taniwhasaurs mikasaensis
Caldwell et al.2008
和名
エゾミカサリュウ
(蝦夷三笠竜)
英名
Yezosaurus

目次

分類と生態編集

エゾミカサリュウの学術的調査についてはやや紆余曲折があり(後述)、一時滞ったものの、後に三笠市教育委員会の学芸員の手で研究された結果、それまでゴンドワナ南部でしか発見されていなかったタニファサウルスの一種であることが判明し、同類がローラシア沿海にも生息していたことを証明する発見となり、2008年に『タニファサウルス・ミカサエンシス』として記載された。[1]エゾミカサリュウの化石が発見された付近一帯はアンモナイトの化石の宝庫で、これらを食糧としていたと考えられている。

国の天然記念物編集

エゾミカサリュウの化石は1976年6月21日発見され、当時国立科学博物館の研究員であった小畠郁生によってティラノサウルス科肉食恐竜である可能性が指摘された。当時、肉食恐竜の化石としては日本で初めての発見とされ、翌1977年には国の天然記念物に指定された(「エゾミカサリュウ化石」)。1979年には三笠市立博物館が完成し、エゾミカサリュウの化石の展示が行われた。エゾミカサリュウの化石は、後頭部との先端を欠いた状態で発見された(後節外部リンクの文化庁のページに実際の画像あり)。そのため、頭部を短く復元すればティラノサウルス型の恐竜の頭部にも見え、長い口吻を復元すれば、モササウルス類のような海棲爬虫類にも見えた。化石のクリーニングが進むにつれ、陸上肉食恐竜の歯に特有のセレーション(ステーキナイフにあるような刃部分のギザギザ)がないことなどが明らかになり、研究者の中では、エゾミカサリュウが海棲の爬虫類であり、恐竜ではない可能性が高いこと(恐竜は陸棲爬虫類)が認識され、1985年に国立科学博物館で開催された恐竜展でも、エゾミカサリュウは日本で発見された恐竜のリストから外された。エゾミカサリュウの化石は当初、特に貴重な岩石、鉱物及び化石の標本として天然記念物に指定されたが、後になりモササウルス類の化石は旧穂別町などでより完全なものが発掘され、エゾミカサリュウだけが特に貴重と言える状況ではなくなった。しかし2014年現在、天然記念物指定についての変更点はない。 

幻の「恐竜」編集

エゾミカサリュウは上述のとおり恐竜ではない可能性が高まったものの、地元の三笠市ではティラノサウルス型肉食恐竜の復元イメージ[2]が強く残り、町おこしの目玉として観光振興に利用された。三笠市立博物館前と桂沢湖畔の道立自然公園入口には、高さ3m近くの復元像が飾られただけでなく、毎年夏には三笠恐竜まつりが開催され、エゾミカサリュウをかたどった恐竜みこしが町を練り歩いた。さらに、マスコットの『リュウちゃん』のイラストが市内の観光地各所に飾られ、恐竜ではないという訂正はしづらい状況となった。[3]しかし、最初の鑑定者である小畠も含め、学界がエゾミカサリュウを恐竜として認識していないことは、地元新聞にも次第に報じられるようになり[4]、地元の落胆が広がった。以後、エゾミカサリュウがどのような生物だったのかに言及される機会は減少し、また海棲生物であることを伏せられたかたちで大型肉食爬虫類と紹介されることもある。[5]その後、三笠市立博物館前の復元予想は撤去され、リュウちゃんのイラストも次々と取り外された。桂沢湖畔の像は『これはティラノサウルスの模型である』の注意書きで残されていたが、2009年に撤去された。

ゆるキャラとして編集

2009年頃にゆるキャラブームに乗じてマスコット「リュウちゃん」も復活し、着ぐるみも作成された。プロフィールには水泳が得意で好物がアンモナイトであるとPRされている[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Caldwell MW, Konishi T, Obata I, Muramoto K. 2008. New species of Taniwhasaurus (Mosasauridae, Tylosaurinae) from the upper Santonian-lower Campanian (Upper Cretaceous) of Hokkaido, Japan. Journal of Vertebrate Paleontology 28 (2): 339-348.
  2. ^ 化石発見から1年足らずの1977年3月当時、円谷プロが制作した特撮テレビ番組『恐竜探険隊ボーンフリー』第24話の劇中、「日本で最初に発見された肉食恐竜」という解説でティラノサウルスによく似た姿のエゾミカサリュウが登場したが、これも発見当初に流布したイメージそのままに造型されたものであり、現在では「間違った復元像」といえる。
  3. ^ ただし、当時は研究者以外、海棲爬虫類も翼竜も含め中生代の大型爬虫類はすべて『恐竜』と呼んでいた時代でもあった。
  4. ^ 1989年3月14日北海道新聞 「恐竜、実は『トカゲ』」「鑑定ミスが判明」「シンボル『リュウちゃん』困ったナ」
  5. ^ 講談社 『日本の天然記念物』
  6. ^ 自治体ドットコム紹介ページよりhttp://www.jichitai.com/ouendan/character/ViewCharactor.asp?id=47

関連項目編集

外部リンク編集