エダッパカト・アハメド

エダッパカト・アハメド[1](ヒンディー語: श्री एडपपकथ अहमद英語:Edappakath Ahamed、1938年4月29日 - 2017年2月1日)は、インド政治家E・アハメドと略される。2004年から2014年までマンモハン・シン政権で外務担当国務大臣を務めた。ケーララ州マラップラム地区、ロークサバーの代表であり、インド連合ムスリム連盟(IUML)の全国会長でもあったが、2017年に心停止により死去した。

エダッパカト・アハメド
The portrait of the Minister of State for Railways, Shri E. Ahammed.jpg
2014年
ローク・サバー議員
任期
2009年5月16日 – 2017年2月1日
前任者office established
後任者P・K・クンハリクッティ
選挙区マラップラム(ローク・サバー)
任期
2004年 – 2009年
前任者G・M・バナトワラ
後任者E・T・モハマド・バシール
選挙区ポンナニ (ローク・サバー)
外務担当国務大臣(インド)
任期
2004年5月23日 – 2014年3月26日
後任者ビジャイ・クマール・シン
個人情報
生誕 (1938-04-29) 1938年4月29日
イギリス領インド帝国の旗 英領インドマドラス管区カンヌール (現在のインドケーララ州カンヌール)
死没2017年2月1日(2017-02-01)(78歳)
インドデリー
死因心停止
政党Flag of the Indian Union Muslim League.svg インド連合ムスリム連盟
配偶者Zuhara Ahamed
子供3人(息子2人、娘1人)
住居カンヌール
出身校Government Brennen College, Thalassery

経歴編集

E. アハメドは、1938年4月29日、カヌールの商人の家に、アブドゥル・カーダー・ハジとエダパカス・ナフィーザの息子として生まれた。ケララ州タラッセリーのGovernment Brennen College,Thalasseryを卒業し、その後、ケララ州ティルヴァナンタプラムのGovernment Law Collegeで法律の学位を取得した。英語とマラヤーラム語で4冊の本を執筆している。

妻は1999年に交通事故で死去した。2人の息子と1人の娘がいる。[2] 息子のアハメド・レイエスは教育者であり、インド連合ムスリム連盟の前面組織であるマスカット・ケララ・ムスリム文化センターの会長とオマーンのIndian School Al Ghubraの学長を務めている[3]

政治家としての経歴編集

死去編集

2017年1月31日、国会の合同会議の最中に心停止を起こし搬送され、デリーのラム・マノハー・ローヒア病院に入院した。ICUに移され、人工呼吸器が装着されたが、2017年2月1日未明、同病院で死去した。遺体はカヌール市のジュマ・マスジド・カバルスタンに埋葬された。議員であった選挙区で行われた選挙では、2017年4月に行われた選挙でP・K・クンハリクッティが当選した。[4]

脚注編集

関連リンク編集