メインメニューを開く

エチドロン酸(Etidronic acid,INN)、1-ヒドロキシエタン-1 1-ジホスホン酸 (HEDP)はビスホスホネート構造を持つ有機リン化合物で、洗剤、水処理剤、化粧品、医薬品として使用されている。

エチドロン酸
Etidronic acid Formula V1.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
  • US: C
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 経口、静脈点滴
薬物動態データ
生物学的利用能 3%
代謝 なし
半減期 1-6時間
排泄 尿、糞便中
識別
CAS番号
2809-21-4 チェック
ATCコード M05BA01 (WHO) M05BB01 (WHO)
PubChem CID: 3305
DrugBank APRD00964 ×
ChemSpider 3189 チェック
UNII M2F465ROXU チェック
KEGG D02373  チェック
ChEBI CHEBI:4907 チェック
ChEMBL CHEMBL871 チェック
化学的データ
化学式 C2H8O7P2
分子量 206.028 g/mol
テンプレートを表示

エチドロン酸塩はエチドロネートと呼ばれ、MnHEDP(M:陽イオン, n:Mの価数、最大4)と略される。

目次

キレート剤 、抗酸化物質編集

エチドロン酸はキレート剤で、CaFe等の陽イオンをキレートする金属封鎖剤として用いられる。だが、生活排水に混入することで地下水汚染の原因ともなっている。ホスホン酸として、非合金腐食を抑制する。[1]また、脂肪酸の酸化、酸敗を抑制する。

硬水の影響を防止するため洗剤に添加される。遷移金属による過酸化物の分解を防ぐため、漂白剤にも添加される。

乳化剤粘度調整、ラジカル抑制等の目的で化粧品にも添加される。特に法規制を受けている物質ではないが、使用後はよく洗い流すことが推奨される。

また、水泳プールの薬品としても用いられ、水垢を防止する効果がある。

用途編集

医薬品編集

エチドロネート(ダイドロネル)はビスホスホネート製剤で、骨粗鬆症骨ページェット病の治療、骨の強化に用いられる。

ビスホスホネートは破骨細胞活性を抑えることで骨吸収を阻害し、骨を強化する。だがエチドロネートは他のビスホスホネートと違い、骨の石灰化も阻害する。このため骨粗鬆症の治療には、アレンドロネートのような他のビスホスホネートが使用される。エチドロネートをこの目的で用いる場合、石灰化への影響を最小限にするため短期間の投与に留めなければならない。

エチドロネートの継続的な投与は石灰化を完全に阻害するので、異所性骨化の治療に用いられる。[2]しかし、長期的な使用は骨軟化症を引き起こす。

化学編集

HEDPは様々な分野で、冷却水、低圧ボイラー、油田などの配管の腐食、スケールを抑制するために使われる。繊維業界では金属、非金属双方に対する洗剤として。染色業界では過酸化物安定化剤、染色固着剤として。鍍金業界では非シアン系キレート剤として使われる。スケールの防止には1–10mg/L、腐食防止には10–50mg/L、洗剤としては1000–2000mg/Lの濃度で用いる。ポリカルボン酸と共に用いることが多い。

食品分野編集

エチドロン酸は過酢酸製剤とも呼ばれており、食品添加物としてはすでに米国、カナダ、オーストラリアにおいて、野菜、果物、食肉等の幅広い食品に対して使用されている。過酢酸製剤を含む食品は日本にも多く輸入されて流通されているという指摘も多い。

食品添加物ならびにこれを含む製剤および食品については、食品衛生法第10条に基づき、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、人の健康を損なうおそれのない場合として定める場合を除いては、日本に輸入および販売流通することは原則できないとされている。

過酢酸製剤は、国際的な専門家会議(FAO/WHO合同食品添加物専門家会議 JECFA)および欧州食品安全機関(European Food Safety Authority EFSA)等で評価を受けており、国際的にも食中毒の原因となる微生物への有効性および安全性が確認され、国外で広く使用されている。

日本では、過酢酸製剤を使用された食品を輸入することは、形式的には食品衛生法により制限されることとなるが、安全性の懸念はないと考えられることから市場への影響も踏まえ、食品安全委員会における評価がなされるまでの間、過酢酸製剤を使用した食品の輸入・販売等の規制は行わないこととしている。厚生省は食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼およびその評価を踏まえた添加物の指定手続きを速やかに行うこととしている。

出典編集

  1. ^ K. Airey; R.D. Armstrong; T. Handyside (1988), “The use of molybdates combined with etidronic acid as corrosion inhibitors for iron”, Corrosion Science 28: 449-460, doi:10.1016/0010-938X(88)90067-4 
  2. ^ 有吉, 毅子男 (2006), Effect of etidronic acid on arterial calcification in dialysis patients, http://hdl.handle.net/10069/7200